ジ、エクストリーム、スキヤキ(DVD版)

  • 135人登録
  • 3.25評価
    • (4)
    • (20)
    • (30)
    • (8)
    • (2)
  • 24レビュー
監督 : 前田司郎 
出演 : 井浦新、窪塚洋介、市川実日子、倉科カナ、高良健吾 
  • キングレコード (2014年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003826451

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジ、エクストリーム、スキヤキ(DVD版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 観ていて眠くなるのは、いい映画だと思う。
    そういった意味ではいい映画でした。(途中で寝た)
    でも、もう一度観ようとは思わなかったので、僕にとってはそれほど必要としない作品だったのかもしれない。

    「井浦新」の表記がどうにも馴染めない。

  • 窪塚くんと井浦新っていうだけで熱くなるのが邦画ファンだとおもう。。

  • ゆるり、ゆるり
    なんかひとつ、いいこと言ってた気がしたけど
    ゆるぅりと、見終わったら忘れてしまうような、、
    晴れた日の夕方18時前に
    缶ビール片手に観るのがちょうどよい

  • ハマらなかった。
    「えっ?」「えっ?」という聞き返す台詞が多すぎて耳障り。
    井浦新の役が気味が悪い。
    最初の事故でちょっとおかしくなっちゃった?と思ったし、それが何かの伏線なのかなと思ったけれど、途中で急にマトモになったりして…その変わりっぷりに何の意味があるのかわからなかった。
    (私はそもそもあれが自殺だと気付かなかったけれど)自殺の時系列はどういう捉え方でも良い、というようなハナシをチラっとネット上で見たけれど、そこをもうちょっとチラ見せでもいいから表現するのが重要なんじゃない??と思う私には合わなかった。

    でも窪塚洋介って良いな。好きだな。

  • 私も全然デボン紀にいるな〜と思った。
    ゆるい大人の青春

  • 仏像くだりの会話に笑った。なんかいい 好きな感じ。

  • ポスターはゴーストワールドイメージ?また見たい

  • スケボーにのらない登場から井浦新のキャラにはまって、序盤はなんども笑ってしまった。

    2人の会話とってもいい。

    自殺未遂後に会ったに違いないが、会った後だったのかととても気になったのではまった証拠。

  • なかなかのだるくて、ゆるいストーリー。

    冒頭のARATAが死んだ??みたいなシーンから先は裏切られたような展開でした。

    とりとめのない会話シーンが続くので夜中に、ほろ酔いでみる映画かな。

    ただ、窪塚洋介×ARATAのピンポンからの時間の経過を感じました。

  • 原作小説を読んだあとに、さっそく観てみました。

    基本、原作小説と同じ感じなんですが、台詞を言う場面が違ったり、すき焼きを食べる場所が違ったり、登場人物たちの関係性が違いましたね。

    映画のほうが、洞口が頼りないというか、ヌけてるというか、先輩としてあまり尊敬されてなかったり(洞口がボケで、大川がツッコミといった感じ)、楓が京子の会社の同僚ではなくて、大川の彼女だったりと。

    あと、映画だと、洞口が自殺未遂をしたエピソードが出てくるんですけど、このエピソード、なくてもいい気がしました。

    このエピソードがあることで、変に意味深な部分が出てきてしまうというか・・・(ゆるい雰囲気と、シリアスな部分とを対比して見せていく、意図した演出ではあるとは思いますが・・・)。

    そして、なぜ自殺未遂をしたかも明らかにされないので、自殺未遂のエピソードがなくて、久しぶりに大学時代の友人たちに会って、楽しい時間を過ごして、でも、大学時代のあのころはもう二度と戻ってこないことを知り、未来に向けて生きていく、みたいな映画でもよかった気がしました(自殺未遂をした理由とかもちゃんと描いていれば、このエピソードがある意味があったかもしれませんが・・・)。

    あと、映画のほうが、雰囲気がゆるい気がしました(洞口の自殺未遂のエピソード以外)。

全24件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ジ、エクストリーム、スキヤキ(DVD版)を本棚に登録しているひと

ジ、エクストリーム、スキヤキ(DVD版)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ジ、エクストリーム、スキヤキ(DVD版)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする