日本国憲法の二〇〇日 [Kindle]

  • 13人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 半藤一利
  • 文藝春秋 (2008年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (236ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
カイザー・ ファ...
岸見 一郎
ロバート A ハ...
小林 秀雄
有効な右矢印 無効な右矢印

日本国憲法の二〇〇日の感想・レビュー・書評

  •  『日本のいちばん長い日』で玉音放送までの24時間に繰り広げられた緊迫のドキュメントを描いた著者が、それから約200日かけて日本国憲法が作られるまでの紆余曲折を描いている。

     日本国憲法が誰のどんな思惑に従って作られたのかはすでに数多くの検証がなされているが、本書は当時中学生だった著者の思い出話を交えつつ、著名人の日記や新聞報道を多数引用してその時代の世相を浮かび上がらせており、政治家だけでなく一般市民がどのように新憲法を受け止めていたか(あるいは受け止めていなかったか)が生き生きと伝わってくる。

     GHQや政治家たちがそれぞれ憲法について考えていた頃、一般市民はとにかく食っていくだけで精一杯だった。それでも慧眼な大学生の日記には実に鋭い考察が記されていたり、世相を揶揄したり嘆いたりする芸能人や新聞投稿の言葉には活力が感じられる。

     ちょうど現在も憲法論議が盛んだが、国民がどれだけ主体的に取り組めるかが問われるだろう。今の私たちはもう食っていくだけで精一杯ではないし、占領下にあるわけでもない。これから憲法が改正されてもされなくても、後世の人々に対して「政治家が勝手にやった」という言い訳はできないのだ。

  • 正確な評価は3.5だけど、四捨五入して星4つ。

    老人口調で、無駄に難しい表現が多いのに閉口したけど、天皇陛下を守るために、この憲法が(GHQ主導で)制定に至った、という点は、改めて我々に問いかけるものがあると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

日本国憲法の二〇〇日を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本国憲法の二〇〇日を本棚に「積読」で登録しているひと

日本国憲法の二〇〇日はこんな電子書籍です

日本国憲法の二〇〇日の単行本

日本国憲法の二〇〇日の文庫

ツイートする