アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]

  • 164人登録
  • 3.51評価
    • (11)
    • (18)
    • (33)
    • (4)
    • (1)
  • 26レビュー
監督 : デヴィッド・O・ラッセル 
出演 : クリスチャン・ベイル  ブラッドリー・クーパー  ジェレミー・レナー  エイミー・アダムス  ジェニファー・ローレンス 
  • Happinet(SB)(D) (2014年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953041882

アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • FBIが詐欺師の主人公を見逃す代わりに、力を借り、他の詐欺師を捕まえるという一見他にもありそうなストーリー。しかしながら実話を元にしていると。
    初めは4人の詐欺師を捕まえるという契約だったのに、もっともっととFBIが手を広げ、しかも無計画…というところに見ていてイラつく。結果悪いんだか悪くないんだかギリギリの政治家達が検挙されて終了。なんか微妙な気持ちになるよね?この人達捕まえる必要あったか?というか…。

  • ジェニファー・ローレンスの、人を苛立たせる演技が最高。夫の不倫相手にキスするところなんて狂気じみててゾッとした。

  • 見ました。
    アメリカン・ハッスル

    私にはストーリーが難しすぎて正直全然ついていけなかった。笑
    実話が元になっている話らしくて、有名な詐欺師がFBIに協力することで減刑してもらえるということで警察と詐欺師が手を取り合いながら囮捜査に出るお話。でも、誰が誰を騙しているのか?どこまでが本当でどこからがウソなのか?が全く見抜けなくて、一回見ただけだと誰が結局勝ったのかもわからなかった笑(頭の悪さがバレル。)
    演技はみなさん心がこもっていてそこだけは見応えあったから耐えられたかな。
    誰か頭のいい人と一緒にみて解説して欲しいです。笑

  • 私の理解力が足りないせいか、内容が難しくて「?」となる部分もあったのですが、詐欺のカラクリよりも登場人物たちの人間関係が面白いので、楽しく観れました。
    特にハゲでデブのクリスチャン・ベールを奪い合う愛人と本妻の女の闘いは、本作一番の見所ではないでしょうか。
    エイミー・アダムスもジェニファー・ローレンスもどちらもすごく魅力的で、この女優二人を観ているだけでも楽しいし、この美女ふたりの板挟みになっているクリスチャン・ベールがこれまた面白い(笑)。

    それにしてもクリスチャン・ベールの変貌ぶりは今回も凄いです。
    冒頭のハゲを必死で隠そうとしている姿が忘れられないです。
    切なくて(笑)。

    (2013年 アメリカ)

  • ( ^o^) David O. Russell監督。
    Christian Bale他主演のドラマ、めっちゃ面白い。実在の詐欺師・政治家の収賄スキャンダル等の実話を基にしたストーリーで、脚本も良くできている。登場人物も皆個性的でいい。主演のChristian Baleもデ・ニーロアプローチでスゴいが、Jennifer Lawrenceが凄い演技、この娘は天才かも。あのヒトも出演しています(引き締まる)。 音楽もいい。またすぐ観たくなる傑作。

  • これは面白い!エイミー・アダムスとジェニファー・ローレンスの女優対決も見応えがありました。特に、エイミー・アダムスに女優魂を感じました。70年代の雰囲気と選曲、演技者がかぶせるように歌うのも洒落ていました。市長がいい奴なのに嵌められ可哀想です。囮捜査はスッキリしないところがありますね。

  • ブラッドリー・クーパーのパンチパーマだけでもう面白いのに、ジェニファー・ローレンスが輝きまくっている。ポールマッカートニーの『Live And Let Die』を歌いながら掃除するシーンがめちゃくちゃすぎて面白い。
    あとFBIがバカ騒ぎするところも好き。

  • 昨年のアカデミーで10部門ノミネート。とれなかったけれど、すっごく面白い!
    最初のシーンで、主人公が頭頂部の髪が薄いのを隠すために四苦八苦するのがあって(けっこう長い)、それが全体の雰囲気を表している、という。このファーストシーンは忘れられない。
    ラッセル監督は『世界で一つのプレイブック』を映画館で観たこともあり、気にいっている。少し変わった人間をしっかり描いている。
    それにしても、ジェニファー・ローレンスの妖艶さ。1990年産まれの179センチ。独特の冷ややかな目が好き。

  • 軽妙。でもずっと少し苦い。そこが乗り切れなかった理由。けれどもあの歌いながらキレッキレで掃除する場面はしびれたヨ。

  • 古き良き日のアメリカ。
    騙し合いの世界の中で、何がリアルなんだろう?

  • 詐欺師とその愛人+妻の三角関係。
    野心高きFBI捜査官。

    騙して騙されて、会話の一つ一つがトリックのようにも感じられ、楽しめました。

  • 出て来るやつ全員、とことんしょーもないんだけど、かっこいいんですよね〜。デヴィッド・O・ラッセルお得意の、ダメンズ擁護映画。後半やや冗長だが、最後はしっかりキメこんでくれるから、好きです。

  • ジェニファーローレンスがいいね。

  • なかなか面白かったです。やっぱクリスチャンベールは最高ですね。何やらせても完璧やね。エイミーアダムスはセクシーでカッコ良かったし、ジェニファーのキレキャラなんかもう彼女以外には無理でしょ(笑)レナーくんは相変わらずイマイチだわ。それにブラッドリーは役に上手く入り切れなかったのか?柄じゃない役過ぎたのか?どうも浮いちゃってたなぁ〜って感じですかね。
    ともかくクリスチャンとエイミーのカップルが最高で存在感あり過ぎですよ。

  • 詐欺師のアーヴィングとシドニーはFBI捜査官リッチーに捕まる。
    リッチーから詐欺師を4人売るように司法取引を持ちかけられた二人は引き受けるが、やがて政治家やマフィアを巻き込んだ大事件に発展していく。

    実際の収賄事件 アブスキャム事件を豪華キャストで映画化。
    クリスチャン・ベールはハゲ+デブ役でも格好いい。

  • 評判通り役者、70年代演出、音楽が素晴らしい。素のままなのでは?とさえ思わせるジェニファー・ローレンスの演技と、男性陣の極端すぎる髪型がおもしろすぎる。

  • 登場人物の主要三者が、皆髪型にコンプレックスをもっていたり・・・

    人は、誰よりも自分を騙している、はずだった。

  • アクの強い人たち。
    好みの作品ですが
    出来としては普通でした。

  • ウルフ・オブ・ウォールストリートと同じくらい観たかったけど、こちらは残念ながら劇場行けなかった方。疾走感はそんなにないのだけれど、どっしり厚みのあるパンチを真に受けたような感じがジャッキー・ブラウンのようだった。俳優陣が芸達者揃い、デブでハゲになったクリスチャン・ベールの役作りのガチさがデニーロぽいなぁと思っていたらチョイ役で本当にデニーロ出てくるし、ジェニファー・ローレンスのイカレ具合は相当きてる。あと、音楽と衣装はかなり目を引いた。初っ端いきなりスティーリー・ダンのダーティー・ワークから始まるとことかなかなか洒落がきいてるし、デューク・エリントンの使い方もなかなかオシャンティで良い。

  • メイクかと思ったけど、クリスチャン・ベイルは、本当にあのお腹をあんなに太らしたの?
    なんか急増で太らしたせいか、弛みがなくて、パンッパンでしたね。

  • 公開初日特別、1000円で観れるというそれだけの理由で決めた1本。
    これが思いがけず、個人的にはどストライク!当たりでした。
    ウルフオブウォールストリートも実在をモデルにしたっぽかったし、
    これも実話メインと聞いて、ちょっと迷ったんだけど、結果的にはやはり1000円には適わなくて、
    一緒に観るだんなさんの意見も聞いてこれに決定。

    あまりに予備知識がなかったので、一応あらすじだけ読んで挑んだんだけど、
    冒頭の職人技で一気に心・鷲掴み。
    アーヴィン演じるクリスチャンベイルはじめ、キャストのことを何にも知らずに観たので、
    あとでクリスチャンベイルの普段の様子を見てびっくり!!!
    しかもモデルになった実在の人物と、映画では瓜二つで、さらにびっくり!!!
    しばらく洋画は年間数えるくらいしか観ないけど、どうしてどうして!!
    ちょっと洋画おもしろいと再認識させてくれる1本になりそう。
    あとで調べたら、去年話題になってた「世界にひとつのプレイブック」の監督で、
    しかもリッチーと、アーヴィンの奥さん役の子がそのときの主役とは!
    これは観なくちゃ。
    この奥さん役のジェニファーローレンスが23というのもびっくり!!
    末恐ろしい23歳。

    とにかく70年代感がプンプンしていて、雰囲気良。
    「アルゴ」より落ち着いて観ていられたかな。
    あっちはとにかく殺伐としていて終始ハラハラしたのが印象的だったから。

    あとは音楽が抜群にいい!!
    昨日以来サントラ全曲プレビューしまくってる。

    最後の最後まで駆け引き続きで、飽きさせない。
    珍しくもう一回観たいと思わせる作品だった。

    http://onionmovie.jugem.jp/

    追記:
    あんまりサントラが好きすぎて、何曲か購入。
    毎日ヘビーローテンション継続中。

  • テンポがいまいち。

  • [鑑賞方法:TOHOシネマズ西新井にて]

全26件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする