小説家という職業 (集英社新書) [Kindle]

  • 69人登録
  • 4.12評価
    • (9)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 森博嗣
  • 集英社 (2010年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (114ページ)

小説家という職業 (集英社新書)の感想・レビュー・書評

  • 森さんのお仕事エッセイ(?)第2弾(こちらの方が古いけど)
    「作家の収支」が面白かったので、ポイントで電子版を購入。

    まずガツンとやられたのが、まえがきの「小説家になりたかったら小説など読むな」という一文。

    今まで、私が知る作家さんはわりかし読書家な方が多く、お話を書くにはたくさん読まなきゃダメなんだろうなーと思っていたからビックリ。

    でも、「読む暇があるなら書け」には激しく同意。コンスタントに書くってほんとに大事だよな。

    小説家になるつもりはないけど、長く続けられる趣味としてお話を書きたいと思ってる私にもなかなかタメになる本でした。

    出版業界、すげぇな(笑)今はだいぶん変わってるのかな?

  • 工学部出身の数少ない作家として
    活躍している森博嗣さん。
     
    過去に押井守監督でアニメ映画化された
    『スカイ・クローラ』や『すべてがFになる』等の
    作品で知られる作家さんです。
     
    エッセイを書くと、かなり辛口な人で
    この本はそんな辛口の森博嗣さんが
    作家という職業について、
    辛辣に綴ったものです。
     
    まず森さんが言うには、作家になる為には
    とにかく書く、人を観察する、
    打者の評価を気にしない
    ということが大事だということです。
     
    下手な文章力養成なんかするよりも
    とにかく書け、と。
     
    書いて新人賞に応募するなり、
    とにかく行動しろ、と言っています。
     
    次に小説家としての心構えについても語っています。
     
    小説というのは世の中でメジャーな存在ではない、
    読む人なんて限られている、ということを
    分かっておく必要がある、と。
     
    テレビは世の中のほとんどの人が見るけれども
    小説なんて見る人は稀だと、そういうことを
    理解したうえで小説を書くことが大事だと。
     
    そして常に新しさを求め、
    これが売れると信念を持つことが
    大事だと説いています。
     
    そして、今後は電子書籍の台頭で
    ますます本は売れなくなる。
     
    なので、小説を書くのだったら
    読者にどうしても手元に置いておきたい
    と思ってもらうことが大事。
     
    その為にはそこかしこに謎を散りばめる、
    とか、ニーズを新たに作るといった
    ことを意識することが大事だと
    本書で述べています。
     
    こういった書籍の未来もきちんと
    見据えている作家である森博嗣さん。
     
    これからも目の離せない作家さんの1人です。

  • 『作家の収支』を読んで、そこから本書を読んだ。
    執筆順は逆だが。

    森博嗣は天才!と思ったが、本書を読むとビジネスとして、よく考えていることがわかった。
    (それでも天才だとは思う)

    大学教員だったからか、物事を深く考えているようだ。出版業界の驚きも面白かった。

  • 「創作」をするにあたっての基本的なことを教えてくれた気がする。才能がない、小説家になりたかったわけではない、と豪語する作者だけに、小説への熱意ではなく、あくまでビジネスとして、創作し続けていくにあたっての姿勢を紹介してくれたと思う。

  • ・3/5 読了.こんな考え方の作家だったとは知らなかった.いやなかなかありなんじゃないかと思う.多分にいろんなことを始めるときのヒントになるような気がする.それにしても能力が無いとできない話ではあるな.この人の小説は考え方を知った後に読む方が面白いかも.

  • 1章 小説家になった経緯と戦略(何故、小説を書き始めたのか
    小説家にはなりやすい? ほか)
    2章 小説家になったあとの心構え(続かない理由その1―最初の作品を超えられない
    続かない理由その2―読者の慣れ ほか)
    3章 出版界の問題と将来(出版社は協同組合
    出版社の周辺 ほか)
    4章 創作というビジネスの展望(気になる楽観主義
    生産者は生き残る ほか)
    5章 小説執筆のディテール(芸術は奇跡である
    文体は必要ない ほか)

  • 全く正反対の人間。参考になるわ。

  • 2016/2/23 Amazon日替わりセールで¥788を¥299にてDL購入。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

小説家という職業 (集英社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説家という職業 (集英社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説家という職業 (集英社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

小説家という職業 (集英社新書)はこんな電子書籍です

小説家という職業 (集英社新書)の新書

ツイートする