珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン― [Kindle]

  • 38人登録
  • 3.93評価
    • (2)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • クロサワ レタリング (2014年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相棒のバイクトラブルで、とても緊迫感のある展開に。
    そして一人になると著者には、また出会いが多く。
    著者は愛されやすい人だなぁと感じます。
    ハラハラドキドキの展開で、すぐに次の巻を読まざるを得ない展開です。

  • ・6/4 いやー、ウユニがらみのハプニングはかなり過酷だったのが想像できる.やっぱり辺境でのトラブルは深刻にならざるをえないんだろうな.その代わり面白い話になってるからいいんだけど.

  • 個人的に思い入れのあるアンデス超えがあっさりで悲しい。糸の切れたようなルート取りで気が付けばアルゼンチン。残り資金を焦る気持ちがひしひしと感じられる。次巻最終巻。どう締めくくるのか楽しみです。

  • アルゼンチンでの多くのできごと。筆者がいろいろな人と仲良くなってしまうのは、ある意味特技だな。

    kindle unlimitedにて。

  • チリがかわいそう。俺も特にイメージないけども。しかし出会う人に恵まれてるなー羨ましい。

  • ウユニ塩湖が思いの外感動が伝わらなかったから、どうなるかと思ったんだけど、アルゼンチンの方がわたし的には読んでて面白かった。
    ってか、アリエル、女性かと思うけど、めっちゃいい人やん!!
    ってか、たまたま偶然見つけたバイク修理屋さんがそんな出会いになるなんて、本当、クロサワ氏は恵まれてるというか羨ましいというか。

  • Amazonプライム特典で借りた

  • 2015/07/22

  • 8巻目は、ボリビア、チリ、アルゼンチン。
    荒野の中で動けなくなった相棒の救出、ウユニ塩湖の上をバイクで気持ちよく走る、偶然出会った優秀なバイク屋さんと仲良くなり何日も居候させてもらうなど、今回も安定の面白さ!

    塩湖を走るときの描写がとても印象的。

全9件中 1 - 9件を表示

クロサワ・コウタロウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
クロサワ コウタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―を本棚に登録しているひと

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珍夜特急 2nd season 8―ボリビア・チリ・アルゼンチン―を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする