コーチングのプロが教える 「ほめる」技術 [Kindle]

  • 172人登録
  • 3.84評価
    • (15)
    • (28)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 鈴木義幸
  • 日本実業出版社 (2009年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (62ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ジェームズ アレ...
岸見 一郎
デール カーネギ...
D・カーネギー
有効な右矢印 無効な右矢印

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Kindleセールで安くなってたので読んでみた。タイトルとおり褒める(アクノレッジメントというらしい)技術と具体的な実践方法を解説した一冊。
    コーチングにおいて褒めるのが大事というのは良く目にするし、感覚的にも理解出来る事だと思う。しかし、いぜ実際に褒めるとなると何をどのように褒めればいいのか分からないというのはよくあることだ。本書の良い所は人を大きく4タイプに分類し、そのタイプにあった褒め方を具体的に記述しているところだ。
    試しに同僚や友人を4タイプで分類してみたが正直に言って4タイプじゃ足りないんじゃないかと感じる。しかし、実際に分類が出来た人に対する褒め方を読むと、なるほどと納得させられるのも事実だ。
    4タイプが必要十分かどうかという話は置いておくにしても、タイプ別に全く違う褒め方が必要だというのは良く理解できた。

  • いろいろ学ぶことがあった。自分に置き換えて考えた場合、多くの場面でコーチングができていないことが分かった。仕事仲間だけでなく家庭内でも反省することは多々ある。
    コーチングでは、人のタイプは大きく分けて4つに分けているのがおもしろい。自分もこの4つのタイプを気にしながらアクノレッジメント(ほめる)したいと思います。

  • 上司でもなく誰かを教える立場でもないですが、どんな人が読んでも人間関係のヒントが得られる本でした!読んでよかった。

  • 世の中には、ほめる瞬間を見逃さまいとしてる人と、褒めて欲しくて待ってる人の二種類しかいない。

    極端だけど、言われてみればそうかも。

    褒める派になりたい人や、今も褒める派の人でも円滑に物事を運ぶためのヒントを探してる人に。

  • ・タイプを知る
    ・タイプに応じたほめ方を知る
    ・人の欲求を満たす

  • コーチングにおいて相手のやる気を出させるエネルギーの供給方法であるアクノレッジメントに関する本である。

    いくつも心に響く言葉が書かれていたが、今の自分の状況とシンクロして、最も響いたのは、”アクノレッジメントは、生き方。二種類の人しかいない。すきあらば人のアクノレッジメントをしようと思って生きている人と、いつ自分はアクノレッジメントされるんだろうとずっとまっている人と”

    少なくとも今の自分は、後者であった。
    やってられないことばかりであるが、自分がアクノレッジされないことを嘆くのではなく、たとえ自分がアクノレッジされていないと感じてもアクノレッジすることを心掛けます。

    もしも、私自身がアクノレッジされず、エネルギー不足になったら、だれか助けてくれるでしょと思って。。。
    最後は、明智光秀になってもいいでしょ。。。

  • Kindle Unlimitedにて読了。
    人を誉めると良いよ、というのは当たり前のことではあると思うのですが、タイプ別の誉め方というのはあまり意識したことがなかったので、有用な印象を受けました。
    しかし人間が4タイプに分かれる、というのは、前にも別の本で読んだことがあって、しかも同じような感じで分かれていたので、まぁ面白い話です。(パクリってほど似てはいなかったので。。)

    中身も良いのですが、ストーリーを絡めた見せ方も、読みやすさを出すのに一役買っていた印象。さすがに教えるプロだけあって、本のパッケージングも上手いなぁと感じました。
    …という感じで、具体的に誉めることが効くタイプの人もいるとか(笑

  • 子どもに対する接し方に使える!
    人間のタイプを4つに分け、それぞれの褒め方の違いを知ったのは良かった。

  • 「ほめる」ことはとても大事だけど同じ言葉でほめても喜ぶ人もいれば嫌な気持ちになることもある。

    各々のタイプを見極めてほめ方を変えることの大切さがよくわかります。

    面白かったです。

  • 2017年9冊目。

    管理職ではないが、褒め下手の克服とマインドコントロールにも役立ちそうだと思い拝読。

    結論から言うと、予想をはるかに上回る収穫があったように思う。

    褒めること、すなわち相手の存在を肯定し承認することが、こんな効力を持っていたとは。
    挨拶を交わすことも、相手を承認する行為であるというのは目から鱗だったが、納得だ。
    挨拶の重要性を再確認できた。

    そして、褒める側も相手をよく観察し、その人の求めるものが何かを考えるようになるので、必然的に他者への理解力が高まってくるというわけだ。

    管理職でない人にもお勧めしたい良書。

全19件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術を本棚に登録しているひと

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術を本棚に「積読」で登録しているひと

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術の単行本

ツイートする