メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール [Kindle]

  • 81人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (6)
    • (17)
    • (6)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 藤田英時
  • 日本実業出版社 (2010年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (245ページ)

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールの感想・レビュー・書評

  • セール購入にて。
    よくまとまってるかなと。
    個人的には敬語でよく検索しますね。でも、この文章の前後だと何が正しいのかわからず適当なところも。完璧な人なんていないんじゃないかなとよく思う。むしろ、かなりいい加減な人が多かったりする。
    で、本書では特にワンランク上の…の箇所が勉強になった。尊敬語、謙譲語ですね。それ以外は概ね実践できてた。
    ただ、宛先アドレスに表示される氏名に“様”ってのはどうなのかなと思った。やったことはあるけど。また、営業時間外(例えば深夜とか)のメールについて書かれていたけど、全く問題ないと思う。そのためのメールだし、受信側として失礼を感じたこともないので。
    でも、メールのみで良し悪しが判断されるなら、そこに力を注ぐべきなんでしょうね。

  • 仕事におけるメールコミュニケーションのマナーを扱った一冊。
    「常識」と思えることばかり。
    2010年発行なので、内容がちょっと古いのかな。

    すでにメールで仕事のやり取りをしている人には、あまり得るものは無いと思う。
    フォーマルなメールを書く機会が無かった人には良いかも。

  • 基本的なメールの送り方が身につく本。
    シチュエーション別に、正しい文章構成を指導してくれるので、
    よく使う文面をテンプレート化しておけば効率的に書けるようになりそう。

  • ●“させていただきます”は許可を求める言葉。~いたします。
    ●お忙しいところ ⇒ まわってない。ご多用のところ ⇒ 仕事ができるイメージ。

  • ご多用のところ恐れ入りますが、ご検討いただきますようお願い申し上げます。

    日頃使っているメールの文面の正しさを確認したくて、本書を手に取りました。

    驚いたのは「了解しました」という言葉。目上の人が使う言葉だったのですね。目上の人に使う言葉としては「承知しました」が適切のようです。今まで「了解しました」と返信していた方々、ごめんなさい。

    最近は、辞書機能で文章のテンプレートを利用してメールの文面作っているので、「了解しました」と同じ過ちを繰り返さないように、今一度、テンプレートを見直したいと思います。

  • 少し、社会人としてのマナーを見直そうと思って読んでみました。
    普段、メールを何気なく活用している自分にとって、当たり前のように行っていることを再確認する意味では良かったと思う。
    若干、反省した部分があるので、そこは、これから取り込んでいきたい。

  • kindle版で読了。
    「基本」本。77のルール。
    読んでみて、あ、これは、もうやっているよ。あ、これやってみよう(ちょっとアレンジしてして)。それはねえ(やれないなあ、自分は)といろいろ。
    読んで、参考にしたいなあ、とおもうところがあれば、それを、やってみれば、いいね。自分流で。

  • 知らなかったポイントだけまとめておく。
    ◆○○株式会社 企画部御中
    ◆○○株式会社 新卒採用ご担当者様
    ◆○○株式会社 営業部課長 山田太郎様

    ◆取り急ぎ、お礼まで。
    →まずは、お礼申し上げます。

    ◆明日
    →明日(5/3火曜日)

    ◆一文一義

全9件中 1 - 9件を表示

藤田英時の作品一覧

藤田英時の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールはこんな電子書籍です

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルールの単行本(ソフトカバー)

ツイートする