Love wing bell / Dancing stars on me!

  • 52人登録
  • 4.31評価
    • (8)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
アーティスト : μ’s  星空凛(飯田里穂)  西木野真姫(Pile)  小泉花陽(久保ユリカ)  絢瀬絵里(南條愛乃)  東條希(楠田亜衣奈)  矢澤にこ(徳井青空) 
  • ランティス (2014年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4540774142422

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Love wing bell / Dancing stars on me!の感想・レビュー・書評

  • iTunesにて購入。
    「Dancing starts on me!」、「Love wing bell」を一緒に購入。

    【Dancing starts on me!】
    アニメ「ラブライブ!」の二期の挿入歌。
    アニメの挿入歌だったは、その回はほぼネタ回だったので、この歌もちゃんと聞いていなかった。
    けど、後から聞けばのんたんがセンターの曲であったこと、CMで聞くとこれまた良い曲であること、等の理由から購入。
    聞いてみてやはりいいと思った、特にいいと思ったのは、
    ・曲の初めが好き、なんかそのまま主題歌にできそうな雰囲気。
    ・サビの前の部分でソロで歌う箇所があり、その中の凛ちゃんとにこの箇所が好き。
    という感じ。
    アニメとは関係なく良い曲だと思う。

    【Love wing bell】
    アニメ「ラブライブ!」の二期の挿入歌。
    凛ちゃんの回で、女の子らしさ(花嫁姿)と結びつけたものだった。
    凛ちゃんにそれ程思い入れはなかったし、この回を見た後も変わらないけど、純粋に可愛いと思う。
    あとは一年生組の絡みが素敵すぎる。
    曲に関しては、特筆することはなし、アニメが好きだからそのまま買ったという感じ。

  • 二曲目については☆4。

  • 飛ぶ鳥を落とす勢いだが飛ぶことりちゃんはさらにかわいいラブライブ2期の挿入歌第2弾。
    5話挿入歌である#1はセンターである星空凛さんの隠し持った乙女らしさが前面に出ており、普段の彼女の元気な雰囲気と純粋さが高次元で交わったラブライブ史上トップクラスの名曲だと思う。最後のソロ(歌唱)パートでは、アニメでは背中を押してくれた1年生2人との掛け合いになっているところがまた感動的だったりする。明るく元気な曲なのに5話補正で目から汗が出てきてしまう…やっぱ2期だと5話が一番好きかもしれません(ババ抜き的な意味でも)。
    にこ先輩にそんなこと言ってほしくなかったと思ったらいろいろ話題になった6話の挿入歌の#2ですが、最初聞いたときは恥ずかしながら正直なんとも思わなかったんですけど、センターであるのんたん補正とBメロの哀愁スルメ状態でじわじわ来てしまいました。ソロがツインだったのでフラゲ日にギリギリ動画上げられました。くぅ~(ry
    自分はことえり推しですが、CDについてたカードは凛ちゃんでして、5話で凛ちゃん株がうなぎのぼった身としてはちょっと運命のようなものを感じたりしてしまった。
    2期の音源の中で今のところ一番好きになりそうなこの2曲なんですが、ちゃんと高めの女性キーだからこそかわいらしさとか元気な感じとかピュアな感じが出てるから気に入ってる気がする。普段はクールな雰囲気の曲が好きだけど、2期になって9人の魅力は改めて"かわいさ"だと感じている俺としてはこの点の波長が合ったのかもしれません。低めのキーのクールな感じも悪くはないんだけど、真の魅力とはちょっと違うんですよね。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Love wing bell / Dancing stars on me!を本棚に「聴きたい」で登録しているひと

Love wing bell / Dancing stars on me!を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

Love wing bell / Dancing stars on me!を本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

Love wing bell / Dancing stars on me!はこんな音楽です

ツイートする