バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス) [Kindle]

  • 190人登録
  • 3.82評価
    • (20)
    • (24)
    • (15)
    • (4)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 施川ユウキ
  • 一迅社 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (131ページ)

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この漫画、ちょっと変わってる。
    食べ物をうまそうに食べてうんちく垂れるグルメ漫画が賑わしていますが、この漫画は本を語って味わうことをキャラが追い求めているから。

    今でいうビブリオトークですが、でもこれ作者もにょっきり顔を出してしっかり本のソムリエをかましてます。読書家ならではの作品で読書家にとっては面白く読める。

    主人公の女の子(文豪バーナードショーのもじりを略してバ嬢と呼ばれています)が、なんと本を読まずして本を読んでるんだ〜♪と本の引用までかまして語りたくて仕方ないという、思春期なら誰しも通ったであろう(?)ミーハーちゃん。

    文豪オスカーワイルド曰く、人の語るものは何かの引用だとはいうが、うんちくと違って、小説の引用をそのまま使う場面に出くわしてバシッと決めるのって難しい。でもそれに憧れる気持ち、わかる。

    それに応える男の子は、結構読んでるのでバ嬢のボケにビシバシツッコミ入れていく。そこに独特のノリができてきます。
    この掛け合いによって本の読みどころがしっかりわかるようになっていて読みたくなってくる。

    実はこの本、ツイッターをやっていたときに、名著「読んでない本を堂々と語る方法」の文庫化に際して宣伝帯にこの漫画が選出されたというのでKindleで読んで見た経緯がありますが、いまからすればぴったりな話ですね。

  • くだらないなあ。またはじめからよみたくなるじゃないか。好きです。

  • 『吉野朔美劇場』が終わってしまってから読書マンガ的なものを読んでなかったので読んでみた。

    「ド嬢」と呼ばれる読書家ワナビー女子A、彼女の読書談議に付き合う男子B、ガチSF者女子C、図書委員女子Dの間で繰り広げられる、読書をめぐるお話。

    読まなくてもその本を持っていたり、印象に残るフレーズをひけらかしたくなるのは、まあスタンダードな読書人、特に10代ならあるあるだし、そこに「それはちがーう!」と猛スピードで突っ込んでくる、情報量の蓄積が半端ではない(揶揄でもなんでもなくて本当にそんな感じ)読書人がいるのもあるあるだ。そのバランスが絶妙に取れていて面白く読んだ。というか、男子Bの立ち位置が絶妙なんだけれども。

    内容としては意外とあっさり読んでしまったが、私は読んで楽しむ本を図書館でほとんど探すことなく育ってきてしまったので、図書館で繰り広げられる本にまつわるやりとりの数々が少々うらやましい。

    加えて、巻末の参考文献一覧がしっかりしていて、リストマニアの気がある私には、これも楽しめた。

  • 笑いながら、自分がけっこう本を読んでないことに気づく。

  • 「悪魔だって聖書をひくことが出来る。身勝手な目的にな。シェークスピア」みたいな名言をサクッと日常生活でも使えたらカッチョいいですよね(笑)
    私も虎視眈々とそんな機会を常にうかがっているわけですが、なかなかそんなうまいチャンスに巡り会えない(笑)

    今回ご紹介するマンガの主人公バーナード嬢こと女子高生の町田サワコも私と同様にそんなチャンスを狙っていますね、だから愛読するのは「使ってみたい世界の名言集」。
    できるだけ原典を読まずに読書家キャラになりたい女の子(笑)

    で、そんなサワコが気になる男子高校生遠藤くん、その遠藤くんに片思いしている図書委員の長谷川さん、そして読まずに読書人ぶるサワコを許せない本物の読書家、神林しおりさん。そんなちょっと文系キャラが入り乱れて、世界の名著を読んでいく、という話です。本好きにとってはくすっと笑えるエピソードが満載です。

    本物の読書家神林さんのオススメするSF本は面白そうなのが、多くてブックガイドとしても楽しめます。オススメのマンガ。
    Kindleアンリミテッド対象です。
    2017/04/27 19:43

  • 2017年5月26日に紹介されました!

  • 読書家あるあるもだが、読書家ぶりたいあるあるが当てはまり過ぎてる自分を発見。
    『3びきの山羊 がらがらどん』って、そういう話だったっけ?解釈が…。間違ってないけど解釈が…。

  • 3巻でまとめて。

  • 面白い。

  • なにで知ったかバーナード嬢が面白いそうなので購入しようかと。
    そしたらアンリミテッドで無料だと。
    とりあえずお試し登録して無料で読む。
    なるほどー。
    そういうマンガか。
    そういう面白さか。
    読書するのはメンドクサイが読書家ぶりたいド嬢。
    ああ。わかるわかるその感じ。
    コレ読んでたら読書家っぽい本ってあるよね。
    何度か挑戦するけど結局挫折するヤツあるよね。
    ジワジワ面白い。
    が続きを購入するかというと微妙だな。
    読みたいんですけど、なんというか家でじっくり読むというより病院の待合室で読みたいマンガだなと。
    そんな感じのマンガなのでどうしようかなと。
    とりあえず町田さわこを見習って、1巻しか読んでないのに「バーナード嬢曰くが超面白いよ」といろんな人にススメたい。
    そして読んでない回を「あの○○の回面白いよねー」と言われたら「○○の回?だいぶ昔に読んだからどれだか忘れちゃったけどどんな回だっけ?」とか言ってごまかしたい(笑)
    しかしなんだかんだ言って町田さわこ結構本読んでるよね。

全18件中 1 - 10件を表示

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)のその他の作品

施川ユウキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする