ハウンター [DVD]

  • 121人登録
  • 2.76評価
    • (2)
    • (7)
    • (38)
    • (18)
    • (5)
  • 32レビュー
監督 : ヴィンチェンゾ・ナタリ 
出演 : アビゲイル・ブレスリン 
  • TCエンタテインメント (2014年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390737839

ハウンター [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • // ループの意図 //
    ※(後日、再編集あり)

    CUBEのナタリ監督の名に釣られての観賞。
    同上作品とは別物の世界観ながら、時おり見せるショットなどには似ているものを感じた。
    作品の根幹となっている、《ループする日常 》

    これを、平坦だが平和な日々の続く私たちの日常に置き換えてみる。

    起きて、食べて、働いて、休んで、と。定規で型枠されたような行程で時間から時間へ流れていく…

    オカルトの本質の主訴からは逸脱した感想で申し訳ないが、私はまさにそちらの意味で心の隅が凍てついた。

  • 目覚めるたびに同じ日を繰り返すという謎の現象に見舞われた少女が体験するホラー。
    ずっと悪意と陰鬱に満ちた雰囲気が画面を支配する映画ではあるが、最後は、悲しい真実があったとはいえ、暖かさを感じる終わり方で良かった。

  • ホラーって言うほど怖くないけど
    レンタルしてきてちょっと怖いの観るかなって時には、まあまあな感じです(^-^)/

  • 「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督作との事で期待していましたが、う~~~んイマイチでした。
    主人公が実は・・・という設定はとても面白くて良かったのですが、そのせいで全く怖くもなくなってしまったのが残念でした。

  •  16歳の誕生日を控えた少女はある日、自分が誕生日の前日の一日をずっと繰り返していることに気づく。

     以下、ネタばれ。
     
     この話は少女が実は既に死んでいる幽霊で、じゃあどんな存在が彼女を殺したのかと展開していき、その過程は決してつまらなくなのだが、なんかいまいちのれない。幽霊と幽霊の対決で白けてしまうのか。なんか、最後まで見ておお!というよりはふーんって感じになってしまう。
     あと、アビゲイルちゃんは少女の時はあんなに可愛かったのに。。。

  • 最初は意味がわからず…だんだんわかってくるけどたいして面白かなかった

  • 死んでも頑張らないといけないとか。

  • ループものって日本のサブカル見慣れている人には、よっぽどのモノがあるか完成度が高くないと満足を感じられないだろうな…と思いつつ借りてみましたが、うーむ、やはり自分にもパンチが足りないように思えました。
    時間が進まない世界=死者の世界ってのもよくある設定だし、ループ脱出方法もちょっとモヤっとするのです。
    面白くないわけじゃないのだけど、ガツンとこない。CUBEの監督ってことで期待しすぎたのかも。

    MEMO:
    ハウンター…意味は何だろうと調べたら“出没者”、ホーンテッド・ハウスのハウント“出る”が動詞形。ずばり“幽霊”のことらしい。かなり直接的だったんだ。

  •  ハウンター(13米)
     一日がループするようになった少女がその秘密を探る。話の理解のためか、最後まで引きつけられた。逆に言えば、ある程度集中して見る必要がある。それでも謎は残る。幽霊は出るがホラー要素は薄く、ダークファンタジーである。もう少し怖くしてもよかったのでは、と思う。78点。

  • 近頃流行りの”終わらない日常”をホラーテイストで描いた感じ。それ以外にも色々な仕掛けが仕組まれており、なかなかに考えられている、が・・・細かいところを突っ込めば、釈然としない部分も出てきます。深く考えなければ、それなりに楽しめます。

全32件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ハウンター [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ハウンター [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする