ラッシュ/プライドと友情 [DVD]

  • 255人登録
  • 3.88評価
    • (27)
    • (79)
    • (37)
    • (2)
    • (1)
  • 50レビュー
監督 : ロン・ハワード 
出演 : クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリビア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ  ピエルフランチェスコ・ファビーノ 
  • ポニーキャニオン (2014年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013703964

ラッシュ/プライドと友情 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • F-1の絶頂期だった1976年の年間チャンピオンを争った二人の男の壮絶な戦いの様子を描いた‘男’のドラマです。

    この時期には日本でも確かフジテレビだったように記憶しているが全レースの様子を中継していたと思う。それだけ全世界が熱い視線を送っていたのです。

    対照的な二人の男がレースに臨む姿・・。トップを狙う為には危険を顧みない男と、慎重に状況判断を下してレースを選択する男。
    しかし、皮肉にも慎重派の男が事故に遭遇し大きくリードしていたチャンピオンの為のポイントを失っていく・・・
    そして勝った方がチャンピオンとなる最終レースを迎えるが、嬉しい事にそこはあの‘富士スピードウェイ’だったのだが・・・・。

    常に張り合う二人の男・・・。しかし内面に秘めた熱い想いは共通の男の信念。ラストは思わず唸ってしまった感動のシーンでした。

  • 【監督:ロン・ハワード/脚本:ピーター・モーガン/撮影:アンソニー・ドッド・マントル/音楽:ハンス・ジマー/公開:2013年】

    F1素人だけど、胸熱。
    終盤の本人映像流れる辺りは特にグッときた。

  • ライバルの存在は自分を高める。
    F1は過酷な世界だと改めて思った。

  • この時代のことは知らないのだけれど、それでもレースシーンは迫力満点。
    少しでも車に興味のある人は、見ても損はないと思う。

  • B。平板に思えたけど、(based on actual events ではあるが)登場人物が魅力あり。

  • F1レーサーのラウダとハントの実話。対照的な2人はライバル。お互い憎たらしい言い合いをしながらの良きライバル。レースシーンは迫力があった。
    邦題に友情とあるのでそのへんも期待していたけど、描き方にはやや物足りなさがあった。

  • アカデミー賞監督、ロン・ハワードが放つ伝説的F1レーサーの実話をリアルに再現したヒューマンドラマ。宿命のライバルとして激しく競い合ったふたりの男の半生を描く。主演のクリス・ヘムズワースとダニエル・ブリュールの吹替えをKinKi Kidsが担当。
    製作年:2013年
    製作国:アメリカ/ドイツ/イギリス
    原題:RUSH

  • お互いがお互いのことイヤな奴だって思ってるけどお互いがお互いにとってイイ奴なの、最高じゃないですか?わかります?私は自分で何言ってるかわからないんだけど。

  • 運だけで生きている様なハント。
    レースに人生の全てを賭けているニキ。
    お互いにお互いの存在その物が、許せないとでも言う様に。

    相反する2人だからこそ。
    憎いからこそ。
    分かり合える事。
    分かち合える事。

    ライバルの不在により、相手の存在の重さに気付き。
    事故により、ライバルを客観視する事で己の闘争心を掻き立てられ。
    再びレースの舞台に立った2人は、本当の意味でようやく対等に相手と向き合い。
    自分にとって本当に何が大切だったかを知る姿。
    苦しみ抜いた先を知っていて。
    どん底を痛い程体に染み込まされた彼等だからこそ出した答え。
    命を賭けてハンドルを握っているという事。
    見せ物だけど、見せ物ではないという事。
    2人の出した答えは、とても自分らしく、やりきった感に溢れていました。

    傷付き合った2人だから。
    傷を舐め合うではなく。
    傷をも自分の一部として受け入れ。

    辛さを。
    苦しみを。
    苦悩も葛藤も。
    失った物も。
    勇気と希望に変えて。
    自分を奮い立たせ。
    自分の生きる道筋を作った彼等。

    幸せの感じ方。
    受け止め方。は人それぞれで。。

  • さすがロンハワード!こんなに手に汗握ってドキドキしながら観た映画は久しぶり。
    ニキラウダとジェームスハントなんて子供の頃、既に伝説の人でしたね。アローエンブレム轟スペシャル…誰にもわからないかも知れんけど…(笑)カッコ良かったよなぁ〜〜
    マクラーレンにフェラーリ、ティレル、JPSほか往年のレーシングマシンを観ただけでも価値ありでしたが、まるでドキュメンタリーを見ているかの様な的を得た配役と衣装、髪型、車や小道具の一つ一つが素晴らしかったです。ヘリコプターのシーンで脇にダルマセリカが停まってたところなんて涙が出ますよ。おこがましい発言ですがホント監督を褒めてあげたいです。それと奥さんとヒッチハイクのシーンなんてホント最高の演出でした。もちろん後部座席の野郎二人の事ですけどね(笑)アレは嬉しいですよ。マジで…私もあんな風に憧れる人を車に乗せてみたいです(笑)クリスヘムズワース君はハマり役でしたね。ダニエルブリュールも本当に素晴らしかったです。二人とも見事に役を演じきっていて脱帽です。お互いに認め合っているんだけど憎まれ口しか言わない間柄…きっと腹の立つ事いっぱいあるんでしょうけど、なんかいいですね。ライバル…って見つけるの大変ですよね。こういった研ぎ澄まされた世界でこそ、お互いが唯一無二の存在になるんでしょうね。かっこいいです。
    とてもいい映画でした。オーディオの音量上げてエキゾーストノートを楽しんで欲しい映画ですね。

全50件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ラッシュ/プライドと友情 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ラッシュ/プライドと友情 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ラッシュ/プライドと友情 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする