NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号

  • 37人登録
  • 3.92評価
    • (2)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2014年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910068470546

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号の感想・レビュー・書評

  • シリーズ 90億人の食 世界の食の未来

    世界の人口は、2050年までに90億人に達する。地球環境に負担をかけずに、十分な食料を確保できるのか。解決に向けて、5つの提言を示す。

    文=ジョナサン・フォーリー
    写真=ジョージ・スタインメッツ、ジム・リチャードソン

     世界の人口は、2050年までに今より20億人増え、90億人に達する。中国やインドをはじめ新興国の人々の生活が豊かになり、肉、卵、乳製品の需要が伸びれば、家畜の飼料となるトウモロコシと大豆の増産も必要だ。
     この傾向が続くと、人口の増加と食生活の変化という二つの要因が重なり、2050年までに世界の作物の生産量を現在のおよそ2倍に増やす必要があると考えられる。地球環境に負担をかけずに、十分な食料を確保できるのか。
    食料問題を解決するための「5つの提言」

     この問題にどう対処すべきかについては、議論が真っ二つに分かれている。一方は、化学肥料や農薬を使って大量生産した作物を世界規模で流通させる、大規模農業を支持する陣営。もう一方は、地産地消と有機農業に未来があるとする陣営だ。

     大規模農業の支持者は、機械化や灌漑施設の整備、化学肥料の使用や遺伝子組み換え技術の導入で増産を達成できると主張する。この考えは正しい。
     一方、地産地消と有機農業の支持者は、化学肥料や農薬に頼らずに土壌を改良する技術を使えば、貧しい国々の小さな農家は収穫量を大幅に増やし、貧困から抜け出せると主張する。この意見も正しい。

     実際、どちらか一つを選ぶ必要はない。両方の利点を生かした解決策を探るべきだろう。ここでは、世界の食料問題を解決するために、5つの提言を示したい。

    提言1 農地を拡大しない
     農耕が始まって以来、人類は食料を増産する必要に迫られると、森林を切り開き、原野を耕して農地を拡大してきた。すでに世界の陸地のうち、南米大陸とほぼ同じ面積が耕作地になっている。

    提言2 今ある農地の生産性を高める
     1960年代に始まった「緑の革命」は、品種改良、化学肥料の使用、灌漑施設の整備、機械化により、アジアと中南米諸国で作物の増産を成し遂げたが、環境に大きな負担をかけている。今後は、アフリカ、中南米、東欧など、農業生産性の低い地域の収穫量を増やすことに注力すべきだろう。

    ※ 残り3つの提言は「資源をもっと有効に使う」「食生活を見直す」「食品廃棄物を減らす」です。くわしくは、ナショナル ジオグラフィック2014年5月号をご覧ください。地図やグラフィックで食料問題を詳しく解説しています。ナショナル ジオグラフィックは今号から8回シリーズで、食の未来を展望します。
    編集者から

     今回の特集でいちばん衝撃的だったのは、牛や豚、鶏に与える穀物飼料のカロリーを100とした場合に、その肉から得られるカロリーが12以下しかないというデータです。こんなに生産効率が悪いのなら、健康のためにも食生活を見直したほうがいいのかと、とんかつ好きの私は思いました。年齢も年齢だし。
     シリーズ「90億人の食」は今年の12月号まで毎月連載。6月号では養殖の未来について考えます。(編集T.F)

    米国ユタ州 知られざる恐竜の楽園

    7500万年ほど前、ユタ州はララミディアと呼ばれる大陸の一部だった。その地で恐竜は独自の進化を遂げた。

    文=ピーター・ミラー/写真=コーリー・リチャーズ

     化石の採集は、今も昔もローテクだ。フィールドワークのやり方にはあまり大きな変化はない。
     19世紀、米国西部の開拓地で化石が見つかったのをきっかけに、化石を掘り出して東部の博物館に送るのがブームになった。学者とカウボーイとならず者が、手に手を携えて荒野に出かけ、巨大な脚の骨を掘り出した... 続きを読む

  • 船の墓場。
    「船(に乗る)」ということが、
    私自身の日常において全く無縁であるがゆえに、
    墓場や船の「その後」について考えることがなかったので
    衝撃を受けた。

    いつだって富を謳歌する人々の祭りの後には、
    経済的に貧しい人達の血や汗が続くんだよね。


    食についての記事も充実していて、驚くことも多かった。
    毎日当たり前のようにお腹いっぱい食べて、
    (時には食べ過ぎて!)
    どこから来たのかなど考えることも少ないけれど
    その事実自体が怖いことだなー。

  • 環境破壊の元凶は何かと言われて、食べ物を思い浮かべることは少ない。だが実際には増大する食糧需要も地球環境に大きな脅威となっている。

  • 90億人の食。すごく面白かった!
    米国では地産地消がブームになっているみたいですね。
    私も野菜はスーパーではなく、農家直売所でよく購入しますが、
    中間コストが減る事で農家の収入が増え、さらに客も安く購入できる。
    食の透明性も高まる上、地元経済にも貢献できる。良い事ばかりです。

    世界では飢餓状態にある人8億5000万人もいる。
    そして2050年には世界の人口は35%も増える見込みだという。
    肉を食べる人間が増えれば、家畜に与える飼料を増やさなければいけない。
    そうなると必然的に、作られた作物は人間ではなく家畜の口に入る。
    肉を大量に消費している国が、少しずつ食生活を変える必要アリですね。

    来月号も食のシリーズが続くようで楽しみ!

全5件中 1 - 5件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号を本棚に「積読」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 5月号はこんな雑誌です

ツイートする