エリジウム [DVD]

  • 144人登録
  • 2.98評価
    • (2)
    • (13)
    • (29)
    • (12)
    • (3)
  • 30レビュー
監督 : ニール・ブロムカンプ 
出演 : マット・デイモン  ジョディ・フォスター  シャールト・コプリー 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2014年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462088710

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エリジウム [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  一部の富裕層が人工惑星のエリジウムに住み、多くの貧困層が地球に暮らす未来の世界。地球に住むマックスはある日働いている工場で事故により大量の照射線を浴び余命5日と診断される。地球では満足な治療を受けられない彼は、エリジウムに渡るためスパイダ―という裏ビジネスに精通している男に助力を求める。

     一部の富裕層と貧困層の対比というのはSFとしては結構ありがちなテーマかもしれないですが、アクションシーンが多くテンポも良くて、エンターテインメントとして見るには十二分に面白かったと思います。

     特にロボットと主人公たちのバトルシーン、ロボットのリアルな映像には大分惹かれるところがありました。監督さんが『第9地区』と同じ人ということなので、そうした映像がリアルでした。

     時間はそこまで長い作品ではなく、説明不足に感じるところもありましたが、さらっと見る分にはなかなかいい映画だったと思います。

  •  近未来、富裕層は地球を捨てコロニー「エリジウム」で天国のような暮らしをし、貧民は地球で貧困に喘いでいた。エリジウムではあらゆる病気が治療できる。地球のマックスはエリジウムを目指す。
     
     これはもちろん医療制度などを含めた現代のアメリカのメタファーであり、地球人がたまにスペイン語を話したりするところなんかはニヤリとしてしまう。SF的な世界観はすごぶる惹かれるし、画の綺麗さも申し分ない。
     ただ、そういった世界観の割りにはストーリーが魅力的でなかったように思えた。うまく言えないが、なんか惜しい。

  • 荒廃した地球で暮らす貧困層とスペースコロニーに脱出して優雅に暮らす超富裕層。このパターンはマンネリです。それなりに面白かったのですが、聞いたような話を寄せ集めた感じで、オリジナリティに欠けていました。それに、あの終わり方だと、みんなが救われるというより、みんなまとめて破滅ですよね。

  • うーん・・・
    「で?」的な。

  • 「第9地区」は面白かったけどなー。
    こちらはあんまりでした。

  • 主人公が自己犠牲で死んでもまたどうにかデータの書き換えくらいなら誰かが出来そうな気がする。後半、日本の小物が出てくる違和感。監督がリスペクトしてるのは伝わったけどやっぱりおかしい(笑)

  • 超格差社会、労働者使い捨て、医療棄民が治療を求めて裕福層が居住するスペースコロニーに密航を企てるディストピア世界。SFの姿を借りているものの、現在世界で進行している状況。
    娯楽と社会的問題提起のバランスが『第九地区』にも通ずる作風に感じられました。あ、そうか監督が同じ人なのか。

  • うんーー、映像はすごくきれいだった。でもなんていうか大作をサラッと表面だけなでた感じで何となくすっきりしなかった。あと痛々しい。
    どの人の物語も浅くて感情移入できないまま先へ先へ…
    一番は、あの友達なー。すごいいいやつなのになー。おいーそれはだめだー

  • ストーリーはぼちぼち。
    ちょっとツッコミ所が多かったしマイナスなんだけども、美術とか設定とかがとにかく素晴らしくてその分の点数。

  • 現代の医療施設に対するメタファーの作品。

    ジョディフォスターっていつまでも若いなぁ〜。

    ストーリーは比較的浅いがメッセージは深い。

  • LAがインドみたいになってる150年くらい先の世界。人がロボットに機械扱いされてます。妙にリアルな感じがしました。

  • ジョディフォスターが出ているC級なSF映画を観ました。アクションシーンとかも大して楽しめなかったし、ストーリーも微妙。
    見所もなかったような…
    2154年になってエリジウムという地球から離れたとこに惑星がある話。

  • 監督の作品の中では、ストーリーは浅い方だと聞いていたので、ゆっくり世界観を堪能。なかなかグロテスク。

  • ストーリーは約100年後の話。富裕層は宇宙空間に人工の島(エリジウム)を作ってそこで暮らしている。地球には貧困者しかいない。
    地球にいる主人公(マット・デイモン)は働いていた工場の事故により大量の放射線を浴びて病気になる。エリジウムにはどんな病気でも治す最新医療機器がある。だから地下レジスタンス組織の助けを借りて、宇宙の人工の島に乗り込んでいくというSFストーリー。

    様々なガジェットや都市の描写、装備の凝ったデザイン性は観てても楽しめるSF映画ならではなのだが、如何せんシナリオが単調。アクションも前作「第九地区」のような派手さはなく、淡々と進む。この点も惜しい。

    貧乏人は金持ちを恨んでいるわけでもなく憧れもある。かたや富裕層は貧困層には無関心で見えない存在。という描き方はリアルだ。
    なにより経済格差を最新医療にアクセスできるかどうかの分岐点で描いたのが巧い。富裕層と貧困層の断絶を医療のポイントに置いたところがゾッとするほど現代的でその視点とアイデアは秀逸である。
    だからこそストーリーの単調さが目立ってしまって残念だった。

  • 混沌と貧困の地上と、美しく清潔な天上の世界エリジウム。

    エリジウムに行けば病気を治せるが、果たして到達できるのか…

    ノンストップの緊張感。佳作です。

  • 典型的な荒廃した世界から選ばれしものが行ける桃源郷を目指すSFでした。頭をからっぽにして見ることが出来るのでおすすめ。
    ストーリーはまあ、超展開ですが気にせず見れました。

  • お金かかってるのでちょっともったいない感じ。ジョディ・フォスターとか、もうちょっと活躍してもいいかも。お金がかかってるからヒットさせなきゃっていうプレッシャーで何がメインアイディアなのか見失っちゃった感じに見えました。あと、エリジウムの制空権はもうちょっと考えたほうがいいよね。

  • 美術の雰囲気とかタイプだけど、全体的に分りやすぎるのが気になるし、監督のメッセージ性が前に出すぎで押し付けがましい。それにもっとアクションが見たかったし、たまに入るアクションもアップばっかりで今ひとつ!前半良かったのになぁ・・・。

  • ちゃんと最後までハラハラして、観ようという気にさせてくれるんだけれども、なんだか違う。マット・デイモンに興味がないからかもしれない。あ゛゛

  • 地上に住む人と衛星軌道で豊かに暮らす人の格差を是正しようとする話。

    映像はさすが、サイボーグにされるところとか色んなところが痛い。
    深く考えることも出来そうだけれど、迫力を楽しむだけでも面白い。

  • 最期がなぁしっくりしなかったなぁ

  • 将来医学が究極まで発展したとき、脳とコンピューターをつなぐ時代が来るというのは想像できませんでした。

  • エリジウムを見た瞬間「サイド7…」と思ったのは私だけでしょうか?面白い話なんだけど2時間では上手く纏められなかった…って印象ですね。説明不足でツッコみたいところが散見されます…
    もう少しジュディと政府側の軋轢の部分は巧く見せてほしかったですね。
    狙撃対象の手前の空間で破裂する銃弾やバリアーみたいな盾とか、警備や警察として稼働するロボットなどSFとして面白い素材は見どころ十分でかなりワクワクさせてもらいました(笑)シーズンドラマ化してじっくり見せてくれると面白い物語じゃないかなぁ~

  • 壮大なSF。洋画!って感じ。笑
    最後の方は爽快感があってよかった。

  • キャストも豪華で面白かった。ただ、話にもう少し実が欲しかった。
    何故、富裕層しか住めない楽園が生まれたのかとかもっと掘り下げたら面白くなったやろ。すべての病を治せる機械が生まれた原因とか、種はあるのに。。

全30件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エリジウム [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エリジウム [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

エリジウム [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする