殺人の追憶 [DVD]

  • 26人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ポン・ジュノ 
出演 : ソン・ガンホ  キム・サンギョン  パク・ヘイル 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111289681

殺人の追憶 [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  80年代の韓国の田舎で起きた連続暴行殺人事件。地元の刑事とソウルから来た刑事が犯人を探すが。。。

     最初はおいおいこんな雑な捜査で犯人決めちゃうのかよと思うのですが、そこは当時まだ民主化してない韓国の事情もあるのかな。ソウルの刑事がそこから理論的な捜査をしていくのですが、それでも犯人は見つからない。刑事達は疲弊し、ソウルの刑事までもがムリヤリ犯人をつくろうとさえしてしまう。。。
     これ、実際の事件をモチーフとしてるので、犯人は最後まで分かりません。苦しむ刑事達の姿こそがテーマ。『ゾディアック』が近いか。主役の二人に独特の味があっていい。

  • 韓国で実際に起こった未解決事件を題材にしたサスペンス映画。直感と暴力で犯人探しをするパク・トゥマン刑事(ソン・ガンホ)と理論派のソ・テユン刑事(キム・サンギョン)の対比が非常にドラマチックですし、伏線の張り方やミスリードも巧妙。史実通り犯人は捕まりませんが、重たい余韻を残すラストシーンも秀逸です。力強くて無駄のない上手な映画だと思います。

  • あまりにぞっとして数日眠れなかった

  • 韓国で80年代後半から6年間に10人の犠牲者を出し、空前の捜査態勢にもかかわらず迷宮入りしてしまった実在の未解決連続殺人事件を基に映画化したサスペンス。事件を追う2人の刑事が次第に心理的に追い詰められていく様が乾いたユーモアを織り込みつつ緊迫感溢れるタッチで綴られる。

  • 解説:

    韓国で80年代後半から6年間に10人の犠牲者を出し、空前の捜査態勢にもかかわらず迷宮入りしてしまった実在の未解決連続殺人事件を基に映画化したサスペンス。

    事件を追う2人の刑事が次第に心理的に追い詰められていく様が乾いたユーモアを織り込みつつ緊迫感溢れるタッチで綴られる。

    監督は「ほえる犬は噛まない」のポン・ジュノ。

    出演は「シュリ」のソン・ガンホと「気まぐれな唇」のキム・サンギョン。

    1986年10月23日、ソウル南部の農村で手足を縛られた若い女性の無惨な変死体が発見される。

    また数日後には、同様の手口で2人目の犠牲者が出た。

    さっそく地元の刑事パク・トゥマンら捜査班が出動。

    だが、懸命な捜査も空しく、一向に有力な手掛かりが掴めず、捜査陣は苛立ちを募らせる。

    その上パクと、ソウル市警から派遣されたソ・テユン刑事は性格も捜査手法もことごとく対称的で、2人はたびたび衝突してしまう。

    こうして捜査は行き詰まり、犠牲者だけが増えていく。

    そんな中、ついに一人の有力な容疑者が浮上してくるのだが…。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

殺人の追憶 [DVD]はこんな映画です

ツイートする