抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]

  • 121人登録
  • 3.07評価
    • (2)
    • (12)
    • (32)
    • (8)
    • (2)
  • 22レビュー
監督 : 塩田明彦 
出演 : 北川景子  錦戸 亮  角替和枝  風吹ジュン  上地雄輔 
  • Happinet(SB)(D) (2014年8月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953062238

抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • TVドキュメンタリー「記憶障害の花嫁」で紹
    介された実話を北川景子と錦戸亮共演で映画化
    した作品です。
    交通事故で左半身と記憶能力に障害を負ったつ
    かさと、彼女と恋に落ちたタクシードライバー
    の青年、雅己の純愛を綴っています。
    「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、
    不器用ながらも絆を強めていく二人の恋をロマ
    ンティックに演出していました。
    実際の舞台である北海道網走でロケを行い美し
    くも切ないリアルなラブストーリーです。
    身体的なハンデや家族の反対など、多くの困難
    に立ち向かう二人の強さと深い愛に心を打たれ
    た映画です。最後は涙が止まらなくなった映画
    でした。感動作品です。

  • 2014年 日本
    監督:塩田明彦
    出演:錦戸亮/北川景子/窪田正孝/風吹ジュン/國村隼
    http://www.dakishimetai.jp

    元ネタはテレビのドキュメンタリー番組でも取り上げられた実話、記憶障害の花嫁。ミーハーな理由でなければまず私は観ないジャンルの作品ですが、そこはしかし塩田監督なので、安易なお涙頂戴ラブストーリーにはならず、死がもたらす悲しみよりは、主人公のつかささんが「いかに生きたか」に焦点を絞ってあったので、鑑賞後の感触はけして悪くなかったです。

    予想外に良かったのが北川景子。正直今までのテレビドラマの印象では、同世代の女優陣の中でもダントツの大根役者(失敬!)という印象だったんですが、今回、つかささんが実在の女性ということもあってか、かなりの熱演で、ご本人の鼻にしわを寄せてクシャっと笑う独特の笑顔を再現したり、かなりの努力の跡が伺えて好感度が一気にアップ。映画の中で一番泣けたのも、リハビリシーンでの彼女の熱演でした。一種のツンデレというか、負けん気が強くて前向きな感じが、彼女の素のキャラにも合っていたのかと思います。

    一方錦戸亮。まあこちらは可もなく不可もなく・・・大きな問題点もないかわりに、これといって素晴らしいと思うほどの部分もなく・・・。本来の資質として上手い子だとは思うので、アクのない普通の人、普通の二枚目をナチュラルに演じる難しさ、というのは地味ながら間違いなくあると思います。しかしだからこそなんかこう、たとえ平凡な役でも「これは!!」って思わせる、何か引っかかりが一つでいいから欲しかったなあ。

    ただ、普通のラブストーリーとして見れば、非常に可愛らしいカップルでした。障害とかそういうの関係なく、まーさんのほうがつかささんにベタ惚れで、尻に敷かれてる感じがとても可愛いので、痴話喧嘩のシーンはとても微笑ましかったし。脇では親世代のベテラン陣の上手さは当然ながら、若手ではちょい役の窪田正孝くんの存在感が光っていました。

    総じて、製作サイドの熱意は感じたけれど、つかささんの生き様を伝えたいだけなら、映画にしなくてもドキュメンタリー見ればいいじゃんって結論に究極なってしまうと思うので・・・何か、映画として見せる必然性みたいなものが欲しかったです。美化する以外の方法で。 とはいえ同じ錦戸主演作でも映画の出来としてそんなに遜色なかった「県庁おもてなし課」に比べて興業的にはこちらが圧倒的に成功したようなので、結局一般的には安易なお涙頂戴ラブストーリーのほうがウケちゃうというのも現実なのでしょうが。

  • 塩田明彦監督、2014年作。北川景子、錦戸亮、片桐隼哉、國村隼、風吹ジュン出演。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    小柳家での宴会、仏壇にはつかさ(北川)の遺影が飾られ、息子の和実(なごみ。片桐)が母のことを父の雅己(錦戸)に尋ねるシーンからスタートする。
    高校生の時に遭った交通事故で左半身麻痺と記憶障害の後遺症を持ち、車椅子で生活するつかさ(北川)は公営体育館で起きたちょっとした事件がきっかけで、タクシー運転手の雅己と知り合い付き合い始め、デキ婚し、結婚式後に出産するが、その10日後、障がいとは別の原因で他界する話。

    <コメント>
    実話だそうで、エンドロールの最後に、結婚式で誓いのキスをする新郎新婦の短いムービーが挿入されている。
    ただ、映画は映画単体としてみるべきで、原作を読まないとわからないとか、実話とは違うなどという評価は、映画の評価ではないというのが僕の考え。
    この映画では、最初につかさの死を伝えているが、そうすると観衆の興味の焦点は、なぜ亡くなったのかということに当てられる。幸せな前説が長ければ長いほどそう。
    しかしその伏線回収はラスト近くにテロップで、10日後に亡くなりました、障がいとは関係ない病気でしたと流れるだけ。
    2人が少しづつ近づきながら出産に至る過程を描きたいなら、冒頭の伏線なしに、ラストで亡くなったことを短くテロップで示せばいい(映画「たそがれ清兵衛」のように)。この仕立てでは問いと答えが食い違っており、筋が悪い。
    つかさの言動やその母(風吹)のビンタ、和実の行動にも違和感があった。実話に引っ張られたのだろうか。
    しかし、たとえば原作があっても、映画では原作とは全く違う展開はよくあることで、そのあたりをもうひと練りすれば、よい映画になったのかもしれない。
    孫ができた時からの雅己の父(國村)の演技はよかった。北川景子のリハビリムービーも、ストーリー展開は唐突だが、内容は迫真性がありよかった。

  • 軽やかに、ほのぼのとした映画になっていて意外でした。

    ドキュメンタリーに忠実に作られていても、ドキュメンタリーを思い出すだけなので、ほのぼのタッチで正解だと思った。

    「逃げるなら、今のうちだよ」は、やはり印象に残っていた言葉。

    個人的には、出産後の「かわいっしょ~!?」も印象深いんだけど・・・

    司さんが、天国で喜んでいるんじゃないかな。

  • ドキュメント的なリハビリの様子のシーンが見ていてつらかった。北川さんの熱演が印象的。

  •  タクシー運転手のまーさんは事故で半身不随となった司と交際する。やがて二人は結婚を意識するが。。。

     北川景子って可愛いだけじゃなくてなかなかすごい女優なんですねぇ。
     乙武君不倫騒動の後に改めて見てみると、障碍者の介護って抱き上げたりと性的なニュアンスを含むものが多いことに気づかされる。

  • 何だか健気な作品。
    自分をその立場に置いてみると、中々できないな、と正直思ってしまった。

  • 良かった。
    錦戸亮と北川景子のペア、堅実な脇役。外れの訳がない。
    錦戸亮って、どの作品でも同じようなキャラ。でも、爽やかでいい。

  • 錦戸くんと北川景子さんがびっくりする程美男美女!
    宣伝で流れてた安室奈美恵さんの主題歌がしっとりしてたから、映画の内容も切なくて重たい感じかなって思ってたけど、意外にさくっといけた。
    話の展開が後半随分あっさりしてるなぁと感じたぐらいで、思ってたより全然良かった。

  • □ 1501.
    〈観た日〉
    2015/1/17

  • こうゆう障害者の恋愛物ってのは、現実はそんな甘くねーよ。という気持ちを抜きにして見るようにしている。

    美男美女がでていて、お涙ちょうだいシーンよりも恋愛期間が長くて好感触でした。

    北海道なのに、ウクレレチックな南国音楽が印象的でした。

  • 公開時気になってたものの、結局見にいけてなかったからレンタル。

    ずっと泣きっぱなしのストーリー展開は嫌だなと思っていたけど、二人の恋愛を淡々と描いてくれたからよかった。
    北川景子がすごくキュート。そしてリハビリシーンの演技はすごかったな。
    回転木馬でのキスシーンが可愛くてキュンキュンした。

    そして窪田くんも出演してたの知らなかったから、思わぬ誤算で嬉しかったな♪

  • おすすめされてなければスルーしてた映画。
    錦戸亮も北川景子もよいです。
    窪田くんも斎藤工も出てます。

  • 飛行機のなかでみたやつ。
    一人号泣。



    ただ、泣かせる映画とわかってみたので。
    まぁ。
    んー。

    映画の撮影秘話みたいな番組でほとんどの内容がわかってしまったので、、なんともいえぬ。

  • 交通事故で左半身と記憶能力に障害が残りながらも明るく生きるつかさは、タクシードライバーの雅己と恋に落ち結婚。やがてつかさは妊娠するが…。

    凄く前向きで明るいつかささんに感動。

  • きゅんたヽ(*´▽)ノ♪

  • 後悔するの分かってなんで見ちゃうんだろう
    本当、命とか、障害とか、結婚とか、甘く見過ぎ

  • 実話を元にした映画。
    障害を乗り越えてお子さんが産まれて、幸せいっぱいの時に亡くなったことを思うと、なんとも言えない気分になった。
    特に、事故後のリハビリの時の北川景子さんの演技は素晴らしかったと思う。

  • 本当にあった話がモチーフ。

    もうちょっと深く掘り下げて欲しかった。

  • 正直、どこで泣けばいいのか全く分からなかった...
    キャストはいいんだから、ストーリー展開だけの問題だった気がする。
    テンポが自分と合わなくて、見てて違和感あった。
    北川景子さんの演技は、素晴らしかったと思う。
    ちゃんと勉強したんだろうな〜って感じた。
    普段ドラマとかで見てても、なんかセリフ回しがイヤだったりするけど。
    不自由な体の動かし方とか、とても上手だったと思う。
    もちろん、実際の動きに忠実かどうかは、私には分からないんだけど。

全22件中 1 - 22件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

抱きしめたい -真実の物語- スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

ツイートする