俺の屍を越えてゆけ2

  • 88人登録
  • 2.48評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (6)
  • 8レビュー
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014年7月17日発売)
  • PlayStation Vita
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4948872020138

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

俺の屍を越えてゆけ2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今月の4本目。今年の7本目。

    1はやったことなし。作業ゲー感がすごいゲーム。それが好きな人にはたまらないと思います。ストーリーはあってないようなもんです。ストーリー重視の人にはおすすめできない。戦闘とかは結構面白いと思います。

  • ストーリーなんでこんなになっちゃったんだろう。
    まさかそれに引っかかってこんなに楽しめないとは思わなかった。
    面白くなかったなー。

  • もう二度と桝田のゲームは買わん

  • 稲荷エキノコックス狐次郎を許さない
    夜烏子は俺の屍を越えていった……

  • 『自分は大らかで無いのだろうと再確認させられたゲーム』

    自分の今作についての評価は「面白いが難点が多いゲーム」でした。
    少なくとも数十時間はプレイしてゲームをクリアをしたというのは「楽しめた」という評価をしても良いと考えています。
    とはいえ、残念ながら「難点」が目に付き「苛つく事が多い」ゲームでもありました。
    星4の理由は、今作は良所を悪所が相殺して楽しみをかなり阻害しているのですが、個人的には良い所の部分が「気に入った」からです。

    では、おおまかに自分が良いと感じた点と悪いと感じた点を挙げます。

    良い点
    ・一族(プレイヤーキャラ)の成長システム
     二年という寿命をもつ一族の子を作り、キャラクターを世代交代させることで一族自体を育てていく楽しさ。
    ・一族と交神する神のキャラクターデザイン
     一族と交神する(子供をつくる)神の秀逸なデザイン。
    ・声優の演技
     台詞をただ読むだけの演技ではなく複雑な感情や素直な感情を表現する演技。
    ・音楽
     聴いていて心地良い音楽。今作に合う和風のBGM。
    ・SNS連携
     ツイッターなどのSNSと連携し今作のゲーム画面のスクリーンショットと自分の感想をゲーム内から投稿できる。
     プレイメモとしても使えるのが便利。
    ・ナビキャラクター
     複雑なゲームの導入としてゲーム内プレイ指針を一緒に決めてくれるコーちんというキャラクターの存在。
     中々かわいらしいキャラクターとなっていて今作の清涼剤とも言えるキャラクターにもなっている。
    ・戦闘
     3Dだがテンポ良く進む戦闘。戦闘中に長い演出もあるがボタン押下でカットできる。
     戦闘中キャラが同じ術や奥義を同時に使うと「併せ」といった状態になり、併せ人数が増える毎に4倍・6倍・8倍と増えていくのが快感。

    悪い点
    ・非一族キャラ強制加入システム
     一族を育てていくゲームなのだが、一族で無いキャラクターである夜鳥子を戦闘パーティーに入れないと進まないイベント。
    ・ゲームシステムの各要素のバランス
     一月にできる行動が限られているのに無駄に多いランダム性。
     本筋は一年の特定月にしか開かない場所で進む事が多く、別迷宮にノーヒントで落ちている鍵が必要でもあり若干ストレスが溜まる。
     さらに本筋には夜鳥子を必須で連れて行く必要もあり、本筋ではボス戦もあるので二年ごとに死ぬ夜鳥子を育て直す必要もあり苦痛。
     何ヶ月も戦わないと交神できるようならない神。
     そして交神できるようになっても、すぐに迷宮に逃走し交神できなくなってしまう神。
     また交神できる様にするために迷宮で神を探すが迷宮のランダム性と一族の寿命に苦しめられるプレイヤー。
     上記3行を延々と繰り返す苦行。あるいは楽しみ?
    ・3Dを生かしきれていない
     一族の写真を撮れますがポーズが固定で、しかも複数列になった場合に前の一族で後ろの一族の顔などが頻繁に隠れる。
    ・SNS連携
     特別なイベント中でスクリーンショットを撮れない中途半端さ。
     その割には通常イベント扱いの結構エグいネタバレシーンなどは撮れたりする。
    ・前作との関係性
     前作から続投している神のなかでも一部の神の設定が意味も無く変わっている。
     プロメテウス的神がただの不良みたいな神になっていたりします。
    ・演出(キャライベントの薄さ)
     良いシーンはあるのだがそこに至るまでの中間イベントを全カットしたような唐突さ。
    ・シナリオ
     何十年もたっても老けない普通の人間の筈のメインキャラ。
     何度も生き返るのになぜか死ぬ度に遺言をのこすキャラ。
     不死身のはずなのに簡単に死ぬボス。
     等々の穴があるシナリオ。(他にも多くの穴があります)
    ・フラグ管理
     既に通過しているイベントを通過していないように話すサブイベントのキャラ多数。
     むしろフラグ管理されている会話をするキャラが珍しい。(メインイベントのキャラですらたまに管理されていない)
    ・雑
     ゲームシステムだけでもランダム性やら交神システムやらでのゲーム要素の食い合いが酷く雑さを感じる。
     インターフェイスでも仕様なのかバグなのか不審な動きをする雑さも感じる。
     (例えばアイテムソートのカテゴリ別を選んでもカテゴリ別にソートされているように見えないなど。)
     公式広報の対応の雑に感じる。
     (フリーズバグなどの深刻なバグがあってもほぼ一ヶ月間なんの対応の告知も無かった。ちなみにフリーズは2014/9対応予定とのこと)

    といった感じです。
    良い所もあれば悪い所も有り玉石混淆といった状態のゲームでした。

    自分の感想を三行でまとめると。

    俺屍2は面白い。
    だけど雑だし無駄なシステム制限と無駄に不快な点がいっぱい。
    細かいことを気にしない大らかな人なら素直に楽しめるよ。

    となります。

    自分は残念ながらそういった大らかな人間ではないので素直には楽しめませんでした。
    クリア後は夜鳥子や時間制限系イベントから大体は解放されたこともあり、やっと素直に楽しめています。
    ただ、同時に一族の呪いを解くという大目標も無くなったので早くもマンネリ気味になってしまってはいます。

  • 1もやりこみましたが、2も面白いです。
    なんていうか、普通のRPGと違うので
    ストーリーにそってプレーというのと違うんですが、
    なんかはまります(笑)
    一生懸命、子孫を育ててます。
    好きな神様の子、頑張って育てますが
    どうしようもないんですが、別れが早いがやはり悲しいです(><)

  • よくわからないシステムで改悪したゲーム。
    ヌエコ一々召還。神が大量に消える。奉納点たまらない。敵のレベルバランスが祭り解放次第で崩れる。二回目の祭りの場所がわからない祭りシステム。。なんなのこれ。。

  • 「ユーザーが望む形の」俺屍2の続編ではない。それを一番初めに言っておきたい。無印の例があるから、ある程度は覚悟していた。それでも心を打ち砕かれた。

    一族を育てるゲームで、自分の一族に愛着をわかないわけがない。子をなせない一族の為に、交神してくれる神に少なからず愛着をわかないわけがない。それが開発側に理解できていなかったのなら、消費者の望む物などもう永遠に作れないのだろう。

    大きすぎる期待を抱いてしまった私も悪いのかもしれない。それでもレビューすら面倒になるこの無力感。発売一週間が経とうとしているのに増えないレビューが物語っているのではないだろうか。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

俺の屍を越えてゆけ2を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

俺の屍を越えてゆけ2はこんなゲームです

ツイートする