ビフォア・ミッドナイト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

  • 238人登録
  • 3.75評価
    • (21)
    • (46)
    • (38)
    • (4)
    • (1)
  • 48レビュー
監督 : リチャード・リンクレイター 
出演 : イーサン・ホーク  ジュリー・デルピー 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2014年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967091038

ビフォア・ミッドナイト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり三作目もすごくよかった。もう、ただしゃべってるだけみたいな映画なのに、なんでこんなにおもしろいんだろうーーー! しかも字幕見てるのに。小説で読みたいかも。
    ラストまで、今度こそ危ない?ってハラハラしたんだけど、そのへんもうまい。
    やっぱり、会話する、って大事なのかな、とかもふと思ったり。あれで、どっちか黙っちゃったら終わっちゃうんじゃないか、と。そしてイーサン・ホークが最後、うまく収めるところがすごい、と。小説家だからできる芸当??
    いや、でもまだ41歳設定なんだなーと。若くていいな。この先10年後、20年後も見たい。

  • あの2人がパートナーになって、子どもまでいるという設定にちょっとびっくり。ずっとすれ違いを続けていくんだろうと思い込んでいたので…。

    前半の車の中や食事のシーンでの2人の会話は、いつも通りのウィットの応酬で素晴らしい。でもホテルの中でのシーンで一気に雲行きが怪しくなる。たまっていた鬱憤をぶつけ合う本音の応酬は、自分も彼らと同じく本作と前作との間で結婚したものだから、今までになくリアルで恐ろしかった。

    自分は2人の年齢に近いし、あの2人と一緒に年を重ねてるということだなぁ。次回作は20年後でもいいので、老人夫婦となった2人の姿を見てみたいなぁ。

    「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B003EVW5VO

    「ビフォア・サンセット 」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B003EVW5V4

  • シリーズになっているらしい三作をすべて見た。男は自由に仕事して、子供とあそんで、メシたべてねて。
    女はそんな男のていたらくと後始末のめんどくささをひたすら愚痴り。
    そんな毎日をどんなふうに考えてすごしてるのかを、捉えるための見本を見せてもらったようにおもった。
    たまたま乗り合わせた電車で、目の前の夫婦がひどいケンカをしていて、席を移動したときに出会った二人が、今度は自分たちがおなじようにケンカをしてる。でも、ぼくはたまたまそんな二人を見てるけれど、隣には誰もいないのだな。なんてな。

  • DVD

    パリで再開してからさらに9年後の二人。未婚ながら双子が出来て、現在はパリで一緒に暮らしている。舞台はバカンス中のギリシャ。

    このシリーズの最大の特徴だけど、二人は滑らかにとにかくよく喋る。出会って18年目の夫婦がこんなに盛んに、巧みな言葉を交わし合うことはまず無いだろう。
    そういう意味で、この映画はファンタジーだ。でもファンタジーの中に身に覚えのあるリアルが挟みこまれているから、ついつい乗せられてしまう。一度乗せられてしまったら、もう完全に二人のペースだ。
    はあ。好き。

  • つくづくジュリー・デルピーは才媛だなあと感じます。
    さらりとやってのけつつ、上から目線にもならずに、でも言わなくちゃいけないことは言ってしまう。
    自分を客観的に、もしかしたら突き放して、見られるひとなのかもしれません。
    そういう彼女が作ったものなので、女性が直視しない女性らしさがてんこ盛りでした。
    怒って出ていったかと思ったら戻ってくるとか、「実は、あの時こうだった」とか、「前々からこう思ってた」とか。女性は逆に男性目線で「女らしい」言動を見られるので、反面教師になるかもしれません。男性が「一見、筋が通っていること」(でもその実、何の筋も通っていない)のが得意なら、女性は「理不尽さのゴリ押し」が得意なような。
    そして、そういった面倒臭さを赤裸々に見せた上で、それら全てを許して、笑いに変えてくれるジェシーを出すところが憎い。男性諸君、これが本当のモテ男だ。そして女性諸君、この面倒臭さは不必要だ。捨てたまえ。
    というメッセージがこもっているようでこもっておらず、こもっていないようでこもっていて、鑑賞後の「してやられた」感が心地よいです。

  • 怖おもしろい。
    前2作とは少しカラーが変わって他の登場人物も増えた。夫婦(籍は入れてない?)になり会話の内容も現実味が増していて、最後はド迫力のケンカです。
    私は女だけど、女って怖いと思った。いや、セリーヌが特別なのか。夫婦ってここまで激しい喧嘩をするものなの?それであの結末になるのは若干私の理解を超えてるけど、でもこの2人ならありなのかと納得してしまった。ジェシーは懐が深いなあ。ジェシーも、このセリーヌだから愛してるんだろうけど。

    なんにせよ、この2人の人生をまた覗けてすごく嬉しい。「サンライズ」「サンセット」の言葉がチラリと出てきたり、ちゃんと「ビフォアミッドナイト」な話になってたりしておもしろかった。
    会話の相変わらずの面白さ。ジェシーの茶目っ気。開けっぴろげな下ネタ。2人の交わす目線はサンライズを思い出した。

    また9年後、あるかなあ。無理かなあ。。寂しいからまたサンライズから見直そう。

  • 映画史上最高の三部作。
    前2作とは異なり, 既に二人は結ばれていて, 双子の可愛い子宝にも恵まれている。
    状況が異なっていて, くっつくの?どうなの?というそわそわした感じやどこかもどかしい感じはなく, 本当にこのシリーズ集大成という設定。
    冒頭でギリシャの友人たちと食卓を囲むシーンがあって, 今までは殆んどが二人のみのシーンだったからどこか新鮮だった。この食卓のシーンでの「sunrise, sunset」ってセリフがあって前2作を心の中で振り返った。

    また時が来たら3作一気に見たい。

  • 親の元を離れて、自分の子供ができるまで、人生は完全に自分だけのものになる

    夫婦喧嘩系

  • 『ビフォア・ミッドナイト』予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=vvxLTcaPyxQ

  • (2013年作品)

全48件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ビフォア・ミッドナイト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ビフォア・ミッドナイト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ビフォア・ミッドナイト ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする