アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]

  • 84人登録
  • 2.65評価
    • (1)
    • (3)
    • (17)
    • (9)
    • (4)
  • 11レビュー
監督 : ペドロ・アルモドバル 
出演 : カルロス・アレセス  ハビエル・カマラ  ラウル・アレバロ 
  • 松竹 (2014年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105068803

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ふつう。
    ペドロ・アルドモアル監督にしてはとってもフツーのシチュエーション・コメディ。
    私はこの監督の変態性(?)を愛しているのに。

    でもまあ、フツーに楽しめた。

  • 絶対面白そう!って思わせるあらすじなのに面白くなかった。笑
    アルモドバル先生はコメディ向いてない…

  • 【あらすじ】
    スペイン発の快適な空の旅。しかし、その飛行機は着陸不能の状態だった! 優雅なはずのビジネスクラスは大騒ぎ!
    旋回し続ける飛行機の中で、客室乗務員は、パイロットは、乗客は、どうやってこの事態を過ごすのだろうか?!
    緊迫した状況の中、3人のオネエ乗務員たちは皆を楽しませよう得意のダンスを披露するが、余計に苛立たせるばかり。
    果たして飛行機は無事に着陸できるのか? (Amazonより引用)

    もっとぶっとんで歌って踊ってかと思った

  •  下品ながら常に可愛らしいゲイのおっさん達を中心に繰り広げられる性にまつわるエトセトラ。 基本的に始終下品なのだが、なんとなく平和な気分になる映画。 多くの性行為が、人と人とを結びつける平和的な行動であるということを意識させられた。 性行為と暴力は、共に表現が規制されていて、まるで互いに密接に関係しているように見えるが、本体は対極にあるはずのものなんだよなぁ。

  • あのアホみたいなダンスシーンだけを見たくて見た。
    そしたら案の定、アホみたいな映画だった。
    「最低だよ」と思いつつも、どうしても憎めなかった。

  • アルモドバル監督は好きです。
    ペネロペ・クルスとアントニオ・バンデラスはほんとに最初だけの出演。

  • こんな下映画とは……
    純粋なコメディ映画だと思ってたのでしょっくというか…
    歌って踊ってがたった1曲ってのも広告が詐欺だ…

  • los amantes passajeros
    久しぶりにアルモドバルらしい。が昔ほどの滅茶苦茶な感じはなりを潜めてるかも。
    主役はトーク・トゥ・ハーで最悪と思った看護師であった。

  • こんなにくだらない物、ひさびさに見た。
    何で私こんなものを…しかも映画館で見てるんだろう…って思ってしまう。そんな作品。
    なんかもう突き抜けてる。

    -----
    ようこそ、
    快適なお空の旅へ

  • 名画座で鑑賞。
    本日3本立てのオマケ。
    オマケ以上の何物でもない、屁のような作品。
    誰が日本で買い付けたんだ?
    久々の見る価値なし。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする