きりひと讃歌 3 [Kindle]

  • 17人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 手塚プロダクション (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

きりひと讃歌 3の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやあ。ビックリするぐらい結末を思い出せない。
    何度か読んでるはずなのに。
    なので非常に楽しめております。
    いやはやさすがの手塚治虫。
    いい感じのドロドロが続きます。
    手塚作品の中でもほんといいバランスのドロドロだよね。
    天ぷら姉さんの亡くなったところだけはなぜか覚えていた。
    天ぷら姉さんの記憶だけが残っている作品。
    最終巻へ。

  • 犬男と人々から畏れられ、人を殺してしまったこともあり、小山内は医者としての自分に自信をなくし、ぬけがらのように死んでいこうとしていた。しかし、麗華の励ましや赤ん坊との出会いによって、変わっていく。

    ****

    小山内さんのいいところは、完璧超人というわけではなく、彼も一人間として迷ったり悩んだり悔やんだり……泥臭いところです。最近の漫画だと、どうしてもそういう人間臭いヒーローというのが少なくて、「ぜんぜん普通の人間じゃないなあ」とアメコミっぽい印象が拭えない。けど、小山内さんはけっこうみっともないし、医者としてすごいところもあるけど、女性に叱られたりもする。人としてすごく好ましい。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

きりひと讃歌 3はこんな電子書籍です

ツイートする