三つ目がとおる 1 [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 手塚プロダクション (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

三つ目がとおる 1の感想・レビュー・書評

  • 三つ目人というホモサピエンスとは異なる生物が残した古代遺跡を解き明かす。



    手塚治虫は好きだが、子供の頃に読んだのは、『ブラック・ジャック』『火の鳥』『ブッダ』『どろろ』くらいで、この『三つ目がとおる』は読んだことなかった。



    『火の鳥』のヤマト編の始まりを見ていると、このマンガはめっちゃ手塚治虫が描きそうなストーリーだということが分かる。古代遺跡から想像を膨らませ、手塚治虫チックで魅力的なストーリーを生み出す。



    手塚治虫のマンガは、どの作品も最初に雑誌で連載されたときの表現はいろいろかわっている。再販されるとストーリーの並び順が変わったり、カットが丸々変わっていたり、ページが丸ごと消えていたり、セリフがまったく変わっていたり、正直編集者達を呪いたくなるような修正がいっぱいはいっている。



    この『三つ目が通る』も連載当時の掲載順ではないらしい。しかし、それ以上にどの話も時系列が前後していて、手塚治虫らしい。ストーリーを思いついた順に描いているのか、元々脳内に描いたものを好きなように切り出して並べているようでもある。非常に手塚治虫的な作品だと感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

三つ目がとおる 1はこんな電子書籍です

三つ目がとおる 1のコミック

ツイートする