ソウ [Blu-ray]

  • 54人登録
  • 3.56評価
    • (6)
    • (6)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
監督 : ジェームズ・ワン 
出演 : ケアリー・エルウェズ  ダニー・グローヴァー  モニカ・ポッター  リー・ワネル 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126422462

ソウ [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 目が覚めると密室。そして恐怖の時間が始まる。

    目が覚めると、鎖に繋がれ、向かいには同じような状況の人間。密室。
    謎の人物からゲーム開始の合図。相手を殺すか自分が死ぬか。室内には様々な小物。どう使うも自由。一方、密室の外でもゲームは進んでいた。事件に気付いた刑事が謎を追う。
    極限状態の末に何が待っているのか。


    稀にみる傑作。R15指定の為、中学生の皆さんは我慢してもらうとして。
     R指定という事で残酷描写が含まれている。始めから最後まで繰り広げられるやり取りは常に緊張感があり、精神的にじわじわ来る怖さ。

     グロテスクなシーンもあり、この手のスリラーものが苦手な方には辛いものがあると思う。

    ただ、それでもオススメしたいのがこの作品。グロテスクなシーンは目を瞑ってもいい。
     音が駄目なら耳を塞いでもいい。

     緻密な設定。張り巡らされた伏線の回収。そして、結末。完璧な仕上がりと言っても問題ないはず。

    ぜひ知ってもらいたい一本!

  • 2004年公開
    監督 : ジェームズ・ワン
    ==

    突如、奇妙な密室に閉じ込められた二人の男が、謎を解き、猟奇殺人犯の罠から脱出を試みるお話。

    えぐいですが、よくできたお話で、何回も裏をかかれる感じで、一本取られたい人にはいいんだろうなと思った一作。散々話題になっていたときには、痛いのはやだなあと思って避けていましたが、見てみたところ、やっぱり超痛かった・・・w 

    犯人の精神操作の巧みっていうと、「MONSTER」のヨハンとか、「ダークナイト」のジョーカーっていう悪役が浮かぶんですが、こいつは何というか、もうちょっと強制的なやり口で、強引なんですが、引き込んだ後の空間づくりでえぐさがよかったですね。

  • 目覚めたらある一室に繋がれていた男。 対角には同様に繋がれている男性。そして部屋の真ん中には死体。生き残るためにはゲームをしろ、という猟期殺人犯「ソウ」の目的とは…?

    シリーズ第一段!おすすめされて観たけど、なるほどこれはスゴい。
    最後のどんでん返しとあと足のシーンでは声出ました。エグいんだけど画面から目が離せない!

  • このシリーズは鬼エグ映像の連続です。
    観ながらなんども「あ゙ーーー!!!」と絶叫しました。

    グロいのやら、血やらが苦手な方には絶対お薦めしません。
    逆に好きな方、血に飢えた方は大好物でしょう。
    なので観る人によって評価が分かれる作品だと思います。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • ジェームズワン監督
    ケイリーエルウィス、リーワネル、マイケルエマーソン出演。


    ストーリー構成と雰囲気、スリリングな展開、最後のどんでん返し…全てが秀逸な映画
    内容について疑問が残るって、誰かと議論したい!って思えるってのがミステリーサスペンスにおいて誉れ

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ソウ [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ソウ [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする