マイ・ブルーベリー・ナイツ [Blu-ray]

  • 31人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : ウォン・カーウァイ 
出演 : ノラ・ジョーンズ  ジュード・ロウ  デヴィッド・ストラザーン  レイチェル・ワイズ  ナタリー・ポートマン 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126425920

マイ・ブルーベリー・ナイツ [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 若い女が失恋の悲しみを抱えてカフェに行き、何だか色々を心得た感じの店主と村上春樹の小説みたいな会話をする。

    深遠なことを言っているようで良く考えると大したことは言っていないダイアログが延々と続き、キャラクターが黙るとノラ・ジョーンズの歌が流れるという作品なので
    「理屈じゃなくて感性で観ろ!」
    とかいう類の映画なのだと思う。

    というわけで、本来私が好きになれないタイプの作品だと思うのだけど不思議と惹きつけれてしまった。

    創り手のこういう作品を作りたいという明確な意図が伝わってくるところが心地良かったのかもしれない。

    あと、ジュード・ロウといいノラ・ジョーンズといい、表情や仕草の1つ1つが驚くほどに洒落っ気を帯びていて魅力的なので、男性も女性も観ていて目に美味しい映画なのではないだろうか。

    ウォン・カーウァイ監督の映画は初めて観たけれど意外に好きな作風かもしれない。

  • 想像と全く違いロードムービーのよう。ちなみにジュード・ロウはあまり登場しない。

  • 前半のジュリアンのしぐさは全部キュンとしてしまいますね…。風邪ひいてるときに見たせいか、余計に。ああいう風に傷を癒されたいです。
    アーニーとスー・リンのエピソードは泣かされた。憎んでるのに、いざ相手がいなくなると悲しみが沸いて来る。別に相手とまたヨリを戻す気はないんだけど、いなくなって初めて、幸せだった時の記憶や思い出がたくさん蘇ってしまうんだろうな。それがなんだか切なかった。

    そして私が一番元気をもらったセリフ。

    「ブルーベリーパイが悪いんじゃない。ただ注文されないだけだ」
    失恋した後にこんなこと言われたら多分泣いちゃう。

  • ジュードロウがかっこいい。なかなか出会えない2人。必死で相手を探すシーンが素敵。女のさばっとした友情描写がよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする