白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 52人登録
  • 4.24評価
    • (7)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 小学館 (2014年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
有効な右矢印 無効な右矢印

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • コレも最新刊から遡って数巻。
    だいぶ読まずに溜まっていたので、もうすぐ最終回らしいので一気に再読する。
    思ったより意外に展開早いのね。

  • 事態は冒頭から急展開なのだが,それでも読者がついていけるスピード感でひっぱってくれる (ヒロイン (?) が何も知らないところからスタートするので) という,面白い話だった.
    「文藝別冊 [総特集] ゆうきまさみ」で高橋留美子が「白暮のクロニクル」面白いといっていた理由も,何となく分かった (高橋もバンパイア描きだ).

  • 最高。魁きゅんたまんねえです。

  • ゆうきまさみの新しい連載はこれまた。オキナガ。なる年をとらない不思議な人間の物語。ふしぎちゃんと雪村と。なかなかいい味だしている久保園さんと。面白そう(というにはちと不謹慎なニオイもするが)「だからあーゆー態度はやめろと何度も言ってるんですよ!つまらないトラブルの元になるだけなんだ!!」うん。久保園さんはまともなことをおっしゃってる!

  • 2014 5/2読了。Kindle版をiPhoneで読んだ。
    ネットで話題になっているのを見てどれどれ・・・と思い買ってみた本。
    年齢も重ねず病気にもかからず、頸動脈切られたくらいじゃ生き返る、オキナガという長命の人類が存在する世界で、其れを担当する厚労省の新人職員と、オキナガに関わる犯罪を追う当人もオキナガの探偵役を中心にした・・・サスペンス?
    組織の感じとかその中での個人の有り様とか、パトレイバー漫画版の派手なロボットバトル以外のところ取り上げたような感じでゆうきまさみっぽい。
    引き続き電子版で読もう。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする