キッズ・リベンジ [DVD]

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : スティーヴン・C・ミラー 
出演 : ファビアン・テリース  ライアン・ハートウィグ  レイ・ワイズ  ダナ・アッシュブルック  デレク・ミアーズ 
  • トランスワールドアソシエイツ (2014年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4528376013326

キッズ・リベンジ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ネタバレあり。



    マフィアの金を持って逃げた男と、ウェイトレスをしていた再婚相手の妻。男にはオーウェンという息子がいて、妻には娘がいる。
    だが、マフィアの追っ手がやってきて、夫妻は殺される。子供2人も殺されそうになるがーー?


    出血大サービス(物理的に)なので、血が無理な人は見ない方がいい。
    ホームアローンを過激にした感じ。
    爽快なのは爽快。
    息子は攻撃性が高く治る見込みも低いとして入院していたくらい。ちなみに攻撃性レベルは100点中95.5点。お見事(笑)
    娘は自傷癖のある思春期の子。
    2人ともちょっと難ありな感じですが、最後には強い絆で結ばれます…。
    気軽に見れる映画です。

  • 「キッズ・リベンジ」原題「The Aggression Scale」2012年の作品。

    “親同士の再婚がきっかけで姉弟となったローレンとオーウェン。両親が購入した新居に引っ越し、家族4人の新たな生活が始まる予定だった。しかし間も無くして謎の男達が家の中に押し入り、両親が殺されてしまう。残された義姉弟は・・”

    ”バイオレンスホームアローン”予備知識はそれくらいで観るのがちょうど良い作品。86分と尺が短いので、説明不足な部分は否めないが、良く出来た作品でした。劇中一つも台詞がないオーウェンくんの怪演と数々の「痛い」演出は必見。他人に薦めたくなるタイプの映画でした。

  • 以前見たサプライズと似た感じの映画。
    突然の侵入者を排除していく。
    意外とおもしろかった。

    主人公のオーウェンはまったくしゃべらず、弾丸を体から取り出す時にうめき声を少しあげるだけ。
    それとは逆に姉のローレンは騒ぎまくり。それじゃあ犯人に見つかっちゃうよ!と何度もアドバイスしたくなった。

    淡々と犯人を懲らしめるための罠を作る姿は、怖くもあり頼もしくもあり。

    スキンヘッドの痛めつけられっぷりに笑った。
    アンガールズの山根に似た敵がいた。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キッズ・リベンジ [DVD]を本棚に登録しているひと

キッズ・リベンジ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

キッズ・リベンジ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする