小さいおうち [DVD]

  • 655人登録
  • 3.62評価
    • (36)
    • (155)
    • (127)
    • (15)
    • (2)
  • 133レビュー
監督 : 山田洋次 
出演 : 松たか子  黒木華  片岡孝太郎 
  • 松竹 (2014年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105068957

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

小さいおうち [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 奥様の気持ち タキの気持ち
    どちらも分かるから
    観ていて 切なくなる。
    どちらもやむなきことゆえに。

    晩年のタキの独白とも言えるノートは
    やはり誰かに赦しを乞いたかったのだろう。
    当時の奥様と同じ年代になりやがて越えていくその月日に若い時にはわからなかったものが輪郭を浮き立たせて迫り彼女を自責の念に苦しめたのだろう。

    松たか子が良い。
    慕う男が戦地に旅立つ直前の溢れ出す想い、心乱される機微が艶っぽい。貞淑な人妻であり、良き母の顔の内に潜むそれを自分でも抑えることは出来なかった。
    時代が戦争へとまっしぐらの先が見えないトンネルへ入りこんだ一家族の小さな物語。
    「はじめたものは いつか終わるものよ」そうタキに言い放った時子の表情が印象的だった。

  • ★~ お女中は見た! ~★

    いくら戦時中で
    若い男がいないとはいえ
    板倉でいいの?
    なんで?

    そんな魅力あるかなぁ?

    どうせなら

    時子とタキが
    貴重な若い男を奪い合い
    壮絶なバトルとなれば
    面白かったのになぁ~

    勝手に妄想

  • 直木賞作家、中島京子の同名小説を山田洋次監
    督が映画化した作品です。
    恋や嫉妬など登場人物の複雑な心情を繊細に描
    いています。大伯母のタキを看取った大学生の
    健史は、タキが残したノートを読み返します。
    それはかつてタキが赤い屋根ね平井家での日々
    を記した自叙伝だったのです。戦争の気配が迫
    るなか芽生えた奥方の秘めたる思いと、平井家
    を案じるゆえに犯したタキの小さな罪が60年
    の時を超えて明かされていきます。
    リアルな時代情景の美しさに引き込まれ男女間
    の秘密に揺れる心情や戦争の悲しさなどと相ま
    って、とても感情が揺さぶられた映画です。
    久石譲の音楽も素敵だと思いました。

  • タキちゃんの心中察するときついなあ。いつまでも小さいおうちに仕えていたかったと言っていたし奥様のそばにいられるだけで良かったはず。一方奥様を想えばこそ彼女の想いを遂げさせてあげたい気持ちもあった。でもそれだけの思いの丈があってもタキちゃんは終始出過ぎたことをせず女中に徹して、奥様の恋愛は自分が立ち入る領分でないことを弁えていたように見える。だからこそ最後の最後で(あの控えめなタキちゃんが!)出過ぎた行動をとったことが泣けてくる、ぐっとくる。一回こっきりの自分の願望を通そうとした行動が奥様を失意に追いやることになるなんてなあ。やるせない。

  • 山形から 東京に 女中として 奉公する。
    タキ/黒木華は、それでも 幸せだった。
    時は 戦争が 始まろうとしていた。

    奉公している家の 奥様 時子/松たか子は
    美しく、憧れていた。
    旦那は おもちゃ会社の 常務だった。
    その部下に 芸術家肌で 芸大出の 板倉正治に
    であうことで、少しづつ傾斜していく。

    タキ/倍賞千恵子の 回想を 書き始める。
    甥の 妻夫木聡は、その回想録を 書くことを
    励ますが、いつか、おばあちゃんの深い悲しみを見た。

    なぜ、おばあちゃんが そのように 悲しむのか?
    それが、おばあちゃんが 死んだあとで、
    残された 遺品の中に 一通の未開封の封筒があった。

    ちいさな 赤い屋根の 家。
    戦争で うまく生きられなく
    小さなヒミツを持って 生きていた。

    やはり、妻夫木聡の 泣き顔が いいなぁ。

  • 【観た】小さいおうち

    ずっと観たくてなかなか観られなかった作品。
    原作があることを知らなかったので、読んでみたい。
    個人的にはとても好きな雰囲気だった。
    赤い屋根の小さなおうち。
    可愛いけど、哀しい。

  • ノスタルジックな雰囲気に包まれて、現代と過去が交錯する物語。きっと、今日のように情報伝達が発達していない昭和にはこのような埋もれてしまった想いが沢山あったに違いない。そして、誰にも言えずそれを抱えながら生きてきたトキは、壊れてしまいそうな夜があったかもしれない。でも、それが人生なんだ。

  • 唯美主義のセンチメンタリズムの極致として高く評価します。小さいおうちの、戦争が始まり深みにはまる中で起こる物語に、リアルな悲惨さや醜さは描かれません。美しい奥さまの不倫も、具体的な描写はありません。全ては、女中さんの視点の中にあり、美しい奥さまへの思慕に満ちています。最後の手紙を届けなかった理由もそこにあります。それにしても、当時の日本女性の言葉遣いは魅力です。松たか子さんあっての黒木華さんの演技だと思いました。丘の上のモダンなおうちの美しいけど儚いお話でした。

  • 絵本にでてくるような「小さいおうち」の女中だったタキおばあちゃんの自叙伝により紡がれるお話。
    小さいおうちの中で起こる、綺麗な奥様と旦那様の部下との恋愛模様。
    若いころのタキちゃんが良い。
    控えめで、気が利いて、田舎娘!って感じが。
    対照的に美しくて、妖しい雰囲気で素敵な奥様。
    仕事ばかりで芸術を解さない旦那様にいらついてるところに、ふらっと現れた年下の男に惹かれてしまう。

    話だけだと昼ドラや昼顔みたいなんだけど、タキちゃんの視点からだからなのか、切なくて堪らない。
    タキちゃんが最後まで隠し通して、悩み通して、そして生涯誰にも心開けなかった秘密は、奥様への陶酔の故だったのか、社員の男への微かなあこがれだったのか、どっちだったのかなあ。
    お見合い後に泣いていたタキちゃんを慰める奥様との絵はとても素敵で、そこも妖艶だった。

    切なくてどことなく妖しくて、素敵な映画でした。

  • 帯のくだりと、タキちゃんを見送ったあとの、何もかも見透かしているのかもしれない…と思わせる松さんの表情!
    ただラスト15分が説教っぽくて蛇足感。遺品からお手紙が出てきたところで終わりでよかったのでは?

  • 2014年で1番心に残った作品。

    原作も読んだことがなく、
    予告編では怖い映画なのかと思ったけど
    じわじわ人間感情を揺さぶってくる作品でした。

    昭和初期から終戦までの日本の様子が
    私が日本史で学んできたそれとは違っていて
    世界情勢の変化と共に、
    徐々に人々の中にも「戦争」が
    身近になっていく情景がとても印象的でした。

    背景の描写
    人間感情のわかりやすさ、それ故観客には伝わる複雑さ
    どちらも丁寧で、クライマックスで私もほろり。

    それにしても、
    この美しく完璧で欲求に素直であるが故に愚かな奥様が
    「ありの~♪ままの~♪」であるとは・・・

    妻夫木くんのキャラ設定がちょっと残念。
    原作もあんなんだったのか?

  • 当時原作を読んだときの感想はこちら:
    http://booklog.jp/users/fumix/archives/1/4163292306
    正直、当時どんな感想を残したのかすっかり忘れていた。
    観終わって、改めて前に記したものを読み返したら、
    やっぱり同じことを思っていた。
    それくらい、この作品の印象が大きかったのを思い出している。

    「山本五十六」以来、私たちが学び、そう思っていた「戦争」までの日々の印象が、
    根底から変わる作品のひとつ。
    「戦争」は決して突然始まったわけではなく、むしろ昭和の初めは豊かで、希望があり、
    人々は今と変わらない様子で生活していたことを、この作品で知ることになります。
    この物語は、あくまで女中として仕えた主人公タキが、奉公した先で起こる、ちょっとした
    人間模様の回想なんだけど、そこに「戦争」という重く時代を左右する出来事がひたひたと近づいてくる様子がたまらなく、
    戦中戦後を経て、生涯を通じてその秘密を背負い、生きてきたタキの姿。
    ラストの妻夫木くんの台詞と、晩年のタキを演じる倍賞千恵子さんの背中に、どうしても涙が堪えられませんでした。

    昨年観た「東京家族」が、自分にとっては本当に感動的で、自分の中で歴代に残る作品くらいの印象だったので、
    この作品がまた同じ山田洋次監督と知り、映画化が決まった時点ですごく気になっていた作品。
    決して派手さはないし、若い人にはとっつきにくいかもしれないけど、出演陣は間違いなく、去年観た「東京家族」組が
    また違った形で登場しているのが、私にはなじみやすくて印象的だった。
    おっと、ここでも橋爪功氏。今回も吉行和子さんが奥様ですか(今回はお元気そうで何より)
    板倉さんの役が吉岡くんだということは知ってたけど、まさか蛍も出てくると思ってなかったのでちょっと得した気分。
    ほんとにちょっとだけだったけど。
    去年「終戦のエンペラー」でとっても印象的だった片岡孝太郎(「こうたろう」と書いて「かたたろう」らしい。最近一発で名前が読めないのが自分に腹立たしい。)氏。昭和がとってもお似合いだと思った。古風と言うより、古きよき昭和の品格がある感じ。

    この作品を観ようと思ったのは他でもない、黒木華ちゃん(「はな」と書いて「はる」だと知って驚いたのは年末に観た舞台「semier」にて)が、若き日のタキを演じると知って。「東京オアシス」以来、とっても気になる役者さんだったので、この作品を観る前に舞台を拝見して、ますますその演技が気になる存在。初めの頃は蒼井優ちゃんに似ているなーと思っていたけど、今は唯一無二な存在です。ドラマ版「まほろ~」や「舟を編む」は全然違うキャラで、ほんとに幅が広くて、これからどれだけ引き出しが増えるんだろう。
    関西出身なはずなのに、東北訛りも上手で、吉岡くんと東北弁で話すシーンは、なぜか胸熱。きっと自分も北海道出身だからだろうか。

    華ちゃんもさることながら、松ちゃんが秀逸で、それにしてもこのふたりは本当に声がよくて、
    それだけでも気持ちがいいんだけど、華ちゃんはまだ若いのにほんとに実力派で、しかも松ちゃんが抜群の安定感だから、
    最後まで物語に引き込まれたまま観ることができた。
    晩年のタキを演じる倍賞千恵子はどうなんだろう・・・って思っていたけど、不思議なものでタキに見えるあたりがやはり役者さんなんだろうなあ。
    妻夫木くんは現代の子らしく、でも優しいよなーって。
    「東京家族」のときの印象でついつい観ている自分がいた。
    そういえばあのときの彼女役は蒼井優ちゃんだけど、かといってあの役を黒木華ちゃんかと言われたら、やっぱりあれは
    蒼井優ちゃんなんだよなあ・・・。

    ラストは映画で観たほうがすとんと胸に落ちた。
    板... 続きを読む

  • 松たか子、黒木華、2人の名女優さんのがっぷりよつの競演を楽しむ映画。と感じた。本当に二人とも素晴らしい。倍賞千恵子さんをはじめ、脇を固める役者さんたちもいずれも名演。あえての芝居がかった演出も嫌いではない。
    物語もとってもスリリング。女中のタキちゃん視点で戦争時代を描きながらも、その実は奥さんの愛人である1人の男性をめぐるタキちゃんの静かな謀略の物語である。隠された伏線は手紙だけかと思いきや、もう一つのそれに気づけばこの映画はさらに深みを増す。
    それにしても松たか子、本当にすごい。
    それに輪をかけて黒木華、本当にすごい。
    何気なく見始めたのに、この2人にどっぷり引き込まれた。

  • 不倫の話だとは驚きでした。黒木華の女中がぴったりだし、松たか子の色気。
    見終わるまではただの昔話かよと多少飽きながら見ていたのに、ラストの展開で隠し事の重さを感じました。

  • とても、いい映画でした。黒木華さんが、可愛くて愛おしかった。松たか子さんが、色っぽいです。倍賞千恵子さん、さすがです。

  • 大好きな人にしてしまった自分の行いを
    悔いながら人生を終えた女中さんのお話。

    ものすごいエンタメ映画じゃないし、
    ドラマものにしたって、
    昨今の現実は、
    望むならもっとすごい非現実的なことを
    一般の人間が体験できる
    トリッキーな日常になっているので、
    こんなことに後悔して人生終えるってどうよ?
    とか感じるのではないだろうか、と
    少し主題としては色あせた感じは否めない。

    けれど、劇中の生活の端々にみえる
    丁寧な生活の描写が、
    こういう丁寧な時間の過ごし方は
    心のひだをはぐくみ、情感を育てるのに
    とても大切で得がたい感覚なのではと
    思い直さずにはいられない。

    老人が語る過去は確かにいい側面だけを
    増幅させて、決して事実だけじゃないにしても、
    所詮人間ひとりひとりの人生なんて
    主観的で欺瞞に満ち溢れている。
    その中で、自分の命を何に使い、
    何に心を砕き、大切にして、心の宝とするかは、
    ほんとうにその人の自由だ。
    親戚に見せびらかす名声でも、
    友人を蹴散らした外見でも、
    恋人をアクセサリーにした欲の現われでもなく、
    自分がどんな行いを選択したのかという事実だけが
    人生の残りの時間に浮かび上がる。

  • 黒木華の演技が観たくて鑑賞。良い映画だった。

    時子のぽやぽやした天然さんなところが松たか子によく似合っていたし、タキの静かな佇まいから黒木華の演技力の幅が感じられた。(『幕が上がる』の先生役の黒木華しか知らなかったから)

    タキおばあちゃんの秘密とはなんだったのか。
    時子の手紙をイタクラに渡さなかったこと。それは時子を想う気持ちからなのか、イタクラへの密かな恋心からなのか、はっきりと描かれていなかった。おそらくどちらの気持ちもあったのだろうと思う。

    タキおばあちゃんの枕元に掛けられていた、赤い瓦の家の絵。これが本当の秘密。自叙伝にも書かなかったし、誰にも話さなかった。

    この絵はイタクラが描いたものだろう。
    ではいつ描かれたのか。

    ここからは想像でしかないけど、
    戦後、タキはイタクラが生きていることを知り、会ったんじゃないだろうか。そのときに、あの赤い瓦の家の絵をもらった。でも、手紙のことはイタクラには伝えなかった。手紙を渡せばイタクラを苦しめることになるからだ。やっぱりタキはイタクラのことが好きだったのだと思う。でもこれ以上奥様を裏切ることもできなかったので、イタクラに自分の気持ちを伝えることはなかった。だから2人とも生涯独身だった。

    本当のことを語っていても、誰にも言えないことだってあるんだよ。

  • 心に沁みた。
    たきちゃんが死ぬまで抱えていた後ろめたい気持ちを考えると涙がでた。

    日本の文化がいっぱい詰まっていて、ひとつひとつが美しかった。

  • タキちゃん、真面目で誠実で、すごくいい女中さん…否すごくいい娘さんだな。タキちゃんの選択があったから、二人は防空壕で抱き合っていられたんだろうな。

  • すごくいい。原作も読んだけど実写もかなりいい。主演が松たか子なのが??? だけど。明らかに黒木華のが主演だし、タキちゃんがメインな作品だし。時子は松たか子じゃないなー、イメージと違う。けど全体的にすごく良かった。寂しさも哀しさも興奮も全部伝わってきて良かった。黒木華演じる青年期のタキちゃんも、倍賞千恵子演じる晩年期のタキちゃんも、すごくよくて、背中を丸めて泣いてるタキちゃんの姿すごく泣けた。いい映画!
    昭和時代の家政婦は見た的ならぬ、女中さんは見た的なね。タキちゃんが最期まで守り抜いたちいさな嘘とちいさな秘密がすごく切なかった

  •  大叔母が書き残した回顧録。そこには戦争の最中に小さな家で起きた事件が書かれていた。

     ちょいちょい青年が大叔母に「当時はそんなはずがない」と言うわけですが、これがこの作品のテーマなんだと思う。
     戦争の足音が聞こえていても、それは当時の人の日常にはそんなに届かない。むしろ当時の女性の自由のなさの方が小さなおうちの大きなテーマだった。それがだんだんと小さなおうちの事件と大きな社会のうねりとが混ざっていく。
     そこにあるのは人の混沌とした思い。歴史は事実の羅列として語られがちだけども、本当は無数の人たちの人生の重ね合わせで、単純に割り切れるものじゃないわけです。
     先の戦争について、そういうものを私達が直に聞ける時間というのはもう本当に僅かしか残されていない。この映画を見るとそういうあせりが強烈に沸いてくる。

     そういうテーマなのでこの映画の主人公は語り部であるタキちゃんだと思う。黒木華は本当に適役だったと思う。
     普段はいい奥さんであるのに、ふっと一人の女性になって恋にパニくるギャップを魅せた松たか子も素晴らしかった。

  • 抱えた想い、秘密。
    タキちゃんずっとつらかったろう。

  •  自叙伝を書くという行為を主軸に、現在と過去を織り交ぜながら話が進んでいきます。登場人物が抱いた心理を一つ一つ感じ取れる映画です。
     作品全体を通して、とても丁寧に作られた映画だな、という印象を持ちました。心理描写もそうですが、行動の描写にも所々で間接的な表現を用いていて、下品な瞬間が全くありません。
     満州事変の時代に女性が扱っていた言葉は美しいですね。現代でそんな言葉遣いをしていたら、古臭い、気取っている、なんて言われてしまうのでしょうか。汚い喋り方をするよりはずっと良いと思いますが。
     最後、現代で手紙を見つけた後の部分は、無くても話が成立する様に思えます。人によっては蛇足に感じるかもしれませんね。
     上映時間は少し長く感じますが、人の心に触れられる素晴らしい映画でした。

  • WOWOWで。黒木華。最高です!奥さんを諌めた場面は良かったなぁぁぁ。イロイロな人が出てて面白かった。オススメ!

  • タキちゃんと奥様の関係が心地よかったり、昭和初期の中流階級の雰囲気や衣装だったり内容以外も楽しめた作品。
    内容もタキ目線で描かれているのと直接的なシーンを上手く省いているので終始どこかファンタジーのように見れるので、嫌な部分よりノスタルジックなところが印象に残る。
    松たか子と黒木華の両者がとても役にあっていてよかった。

全133件中 1 - 25件を表示

小さいおうち [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

小さいおうち [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

小さいおうち [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする