変態小説家 [DVD]

  • 57人登録
  • 3.04評価
    • (0)
    • (8)
    • (12)
    • (3)
    • (2)
  • 6レビュー
監督 : クリスピアン・ミルズ 
出演 : サイモン・ペッグ 
  • 松竹 (2014年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105068971

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

変態小説家 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ☆これが最新サイモン・ペッグ主演の爆笑コメディだ~☆

    なんだこれ?!ジャケットからしてキモい、
    観たい観たい観たい・・・観たぞぉ~!

    ぼ、ぼくは決して変態ではありません・・・
    ただ、ちょっと膨大な妄想癖があるんです。そして、
    幼少時のトラウマが原因でコインランドリー恐怖症なんです。

    ジャック(サイモン・P)は絵本作家だったが、
    なにを思ったか犯罪小説家に転身し連続殺人鬼の
    リサーチをしている内に自分が命を狙われている、
    という誇大妄想に憑りつかれてしまう。

    なにをするにも護身用ナイフを握りしめている内に
    あやまって瞬間背着剤をナイフを握っている手に
    付けてしまい取れなくなってしまった。

    右手がナイフ男になってしまったジャックは生ごみのような
    洗濯物をコインランドリーで洗濯しようとするが操作がうまくいかず
    汚いパンツが洗濯機から飛び出してしまった。

    そこに居合わせた美人のサンギートがパンツを拾い、
    あなたのでしょうとジャックに言うが、
    ボクのじゃないと嘘をつく・・・
    汚いパンツには名前が書いてあった。

    そして、ジャックとサンギートはなぜか、コインランドリーの
    地下室に自称殺人鬼というイカれたトニーに監禁されてしまう。

    2人を殺すためにトニーは超有名曲、
    EUROPEのThe Final Countdown♪の曲に合わせて登場!
    ところが、この曲はクラシックロックだ!いや、ヘア・メタルだ!と言い争う。

    うだうだ下らない話をしあっているとなんと、
    ジャックとトニーには共通点があった。
    ふたりは子供の時にコインランドリーで肉親から
    置き去りにされたり虐待されていた過去を持つ身だったのだ。

    まあ、とにかく面白いです。
    サイモン・ペッグのロン毛で汚いパンツ姿が
    可笑しいったらありゃしない。

    でも、この作品、場面場面で最高な音楽効果を使って盛り上げていますよ。

    それもそのはず、この監督クリスピアン・ミルズはイギリスのロックバンドKula Shaker(クーラ・シェイカー)でっせ~。


    ややブラックなファンタジーコメディでした(満足)~♪


    原題は「ア・ファンタスティック・フィアー・オブ・エブリシング」

  • 一人の童話作家の幼少時のトラウマというものに焦点を置いた何が何だかわからない作品です。題材は考えように思えばいいのかもしれませんが、内容が…

    「変態小説家」
    https://www.youtube.com/watch?v=fFxHOujcI7w

    僕のようにサイモン・ペッグが大好物の人には何の問題もない作品ですが、知らない人にはどうかと…コインランドリー恐怖症の童話作家。しかも話の展開が無茶苦茶だし、正直映画というよりもサイモン・ペッグオンステージといった感じでこれを吹き替え無しで見るのは正直きつかったなぁ~www

  • おかしな小説家を演じるサイモン・ペッグ。そんなに笑えなかった。

  • 前半は舞台を観てるような感じで、後半は絵本を読んでるみたいだった。いろんなサイモンの詰め合わせ。彼の作品じゃなかったら最後まで観なかったかもしれない。

  • サイモン・ペッグを好きになって初めて観ようと思った作品。
    この映画を観ていると、彼は本当に表情が豊かで、非常に繊細な演技を魅せてくれる。素晴らしい。
    疑心暗鬼している所からスタートして、どんどん状況が悪化していくのが観ていて笑ってしまうし、でもほんの少しだけ切なくなる。
    特にコインランドリーでの誤解のされっぷりは切なすぎて…。最悪な状況が次々重なっていくのは実際に自分でもあるなぁ、なんて思って見たりすると本当に切なくなる。
    オチに真新しいものはなく、素直に観られた作品だったが、真新しさがない中、夢中になって観ることが出来たのはサイモン・ペッグの演技のおかげだとも思う。
    好きな映画だった。

    それにしても、邦題は無い。もう少し何とかならなかったのか。邦題のせいで非常に勿体ない映画になってしまっている。

  • サイモンの独り語りが終わる頃、面白くなりだす。
    トラウマが明らかになる前はホンマにただのヘンなおじさんでハラハラしたわよ。ブリーフでろでろだし!

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

変態小説家 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

変態小説家 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする