S-Fマガジン 2014年 09月号 [雑誌]

  • 24人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 早川書房 
  • 早川書房 (2014年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910019750949

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷 敏司
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

S-Fマガジン 2014年 09月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 中編『無窮花』の後篇を読むために購入。ハードにそのまま展開して終わってくれた。好き嫌いはありそうだけど、面白かった! グソンたまらないな~。いいキャラだ。そして妹のスソンがかわいそうでならない。SFというよりこの一篇はやはりハードボイルド味のが濃い。

  • 『PSYCHO-PASS』のスピンオフ小説、チェ・グソンのストーリー『無窮花 ムグンファ後編』収録。
    『エンタメSF・ファンタジーの構造 第6回』では、『新世界より(貴志祐介)』が細かく語られていた。(ネタバレ注意書きもあり)
    『θ 11番目ホームの妖精』も読みやすかった。

  • “「推測にすぎない」
    「勿論です。それにそんなことが可能だとは信じられません。でもですね、もしそんなことが可能だとした場合、戦技研とは何で、何を目論んでいて、わたしたちを何に使うつもりでいて、わたしたちはどうやって利用されることを回避すればいいわけですか」
    アラクネの心配が事実だとして、それは回避しなければいけない事柄だろうか。自由意志の侵害だという気は確かにするが、資源の有効利用だという気も一方ではし、ただ視点が変わっただけのような気もする。そこに破片の羅列を見るかモザイク画を見い出すかの違いは、当の破片には無関係に思える。
    「本当にそう思いますか」とアラクネ。”[P.164_エピローグ]

    「エピローグ<5>」円城塔

  • サイコパス・スピンオフ小説のために購入。

    感想に腐要素(チェ槙)が含まれてます!

    朝鮮人民共和国で存在自体が罪だった、罪の子だったグソン。日本のシビュラ社会で存在自体が罪だった、罪の子だった槙島。共通点のある二人が、海を越えて手を組んで繰り広げるワールドワイド・ラブストーリーだった(震え声)

全4件中 1 - 4件を表示

S-Fマガジン 2014年 09月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする