真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫) [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高田昌幸
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (209ページ)

真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • そもそも事件自体に興味があったので読めてよかった。
    正直このボリュームはいらないと思う…。ただ警察の腐敗っぷりは相当やなと。

  •  いい意味で重たい本です。北海道警の「組織的裏金疑惑」の調査報道を徹底してやった北海道新聞がいかにして警察権力に屈したか、という実話。
     警察の当事者が新聞社と記者を「名誉毀損」で訴え、新聞社幹部との何度にも渡る「手打ち」会合を秘密に録音して裁判の証拠として出したってのは、「肉を斬らせて骨を断つ」を地で行ってます。一歩間違えたら警察の威信も崩れ落ちるんだから。
     著者がこの調査報道のデスクだったという「一方向性」があるので、話半分として読んでも警察の恐ろしさはビンビンと伝わってきます。メディア一社殺すのは簡単で、情報を出さなきゃいいんだから、「ぶら下がり」や「夜討ち朝駆け」に内包された問題ってのは大きいです。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫)はこんな電子書籍です

真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫)の単行本

真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫)の文庫

ツイートする