ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J) [Kindle]

  • 63人登録
  • 4.32評価
    • (10)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 榎宮祐
制作 : 榎宮 祐 
  • KADOKAWA / メディアファクトリー (2014年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (325ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

  • 重そうだから半年も読むのを懸念していた本
    実際重い!

    号泣したー!
    つらかったー!

    ほんとだいたいこいつのせい!

  • 人類種存在の謎についての歴史を語る外伝的な作品。最後はちょっと凄絶で悲しい。
    5巻に続いて、今作でも機凱種シュヴィの存在について、考えされられました。異端児が生まれることの意義がこの作品の背景にあるテーマなのかもしれません。

  • 1から6巻まで読んだ感想としては、一番話としては面白いなと感じたものでした。

    どうして、ゲームによる支配にある世界になったのか。
    どうして、人類は生き残れたのか。
    どうして、『 』がこの場所にきたのか。

    その人類の昔の話が大まかにわかるものとなっています。。

    そして名前がどうしてイマニティなのかというところも触れられたりします。
    また、人間があんな場所に領土を持ってるかもわかったりします。
    歴史というやつですね。
    1-5の流れ方で進んでく中、どうしてこんな状況になってるのか気になった。
    ただもったないのは、1巻だけで完結させてしまったことかなぁ。
    膨らませ方は色々ありましたし、これだけでもおそらく良いできだとおもいます。
    『幽霊』として、世界を動かし、大戦というゲームを終わらせた。
    そこが歴史としては大事なのだとは思います。

    メインキャラクターたちはスターシステム的な形に近いですが、たぶん意図的にやってるのかなぁとか思います。
    生まれ変わりとか?(そこらへんもいつかわかるかもしれない。
    テトいわく、あの2人に似せるようにわざと話してる。
    語れなかった伝説を、きちんと語ると普通の伝説になる。
    この言い回しは、いいですね。

    前巻にあった唯一神テトありがとうと呼べる惨状であった『大戦』。

    そういってる、ステフたちが想ったところは実は人間がやってた。
    唯一神はその願いを汲みとって、世界を作り変えた。

    普通の歴史って、こういう逸話みたいなのがないから読んでてもつまらないのですよね。
    補足的にいえば、学校の授業のやつです。
    ただの暗記科目となったものが面白くなるには、何かをやってて実はなんとかだっていう部分。
    話はすっごい関係ないのですが、空海が明智光秀なんじゃないの……? みたいなところです。
    はい、わかりづらいですね。

    ノゲラの普通のゲームの戦いも好きですが、やはりこういった血なまぐさい戦いがあったからこそこういう「みんななかよく遊びましょう」という世界が生まれたんだなって思えます。

    最弱が、最強に挑む。

    負けた人は負け続けるほど強くなる。

  • ちと今回の話は重かった…

全4件中 1 - 4件を表示

榎宮祐の作品一覧

榎宮祐の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)を本棚に「積読」で登録しているひと

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)はこんな電子書籍です

ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)の文庫

ツイートする