ナイトライダー [DVD]

  • 14人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ティムール・ベクマンベトフ 
出演 : グレゴリー・ドブリギン  エカテリーナ・ヴィルコワ  ヴィクトル・ヴェルズビツキー  ワレーリー・ゾルツキン  セルゲイ・トロフィモフ 
  • アメイジングD.C. (2014年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189023800

ナイトライダー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 誕生日に父からボロボロの中古車を買ってもら
    った大学生のディマ。その車はナノ触媒と呼ば
    れる画期的なエネルギー広大装置を搭載してお
    り飛行可能な車だったのです。ディマは空飛ぶ
    車を駆って街で人助けを始め瞬く間に世間の注
    目を集めるが、ナノ触媒を求める悪党の魔の手
    が彼に迫ります。高層ビルの間を縫って上空を
    駆け回る縦横無尽の走りっぷりは爽快でした。
    火災現場の炎上や爆破を華麗にかわし、敵の飛
    行車と激しい空中バトルを繰り広げるスリルい
    っぱいのスペクタクルシーンに目を奪われまし
    た。モスクワ上空を駆ける映像は美しかったで
    す。見所がたくさんあるアクション映画です。

  • 2015/2/5 ディマ 主人公のナイトライダー 好青年
    好感もてる 優しいイケメンですね〜
    スパイダーマンの車版みたいだけど…懐かしの
    ヒーローもの観たようで、なかなか 面白かったです。人助けする素直な青年が ある教授の言葉で 人が変わったように 主観的な奴になってしまって 人助けを断って 父が亡くなってしまった事が 悲しすぎるけど…その 不幸によって 自分の使命を知るってところが 大切な事
    きっかけは悲しい事でも 大事に転機にした話しは良かったと思います。スパイダーマンみたいに
    続編ありそうですね〜。若いしイケメンだし 期待してます。

  • 空飛ぶ車で大活躍、というロシア製ヒーロー映画。

    残念ながら車はしゃべりません。

    ベースは「スパイダーマン」ですな。

    主人公は勉強はできるが貧乏でイケてない青年ディマ。
    彼女を作るために車がほしい。
    そんな彼に父親がなんと車をプレゼント。

    が、それはボロボロのクラシックカー(ボルガ)。
    がっかりなディマですが、なんとそれは冷戦時代に作られた
    空とぶスーパーマシンだったのです!

    …ってこの辺はトランスフォーマー1作目ぽいかな。

    おかげで花屋の宅配バイトも捗っちゃうぜ!

    が、人を助ける?助けない?という選択のなかで
    利己的になったために父を失う。
    (父親には「お前は助ける人になれ」と言われていたのに…)

    以後、心を改め正義の活動を。

    ガールフレンドはイケてる友人とディマ、
    どっちが好きなのかふらふらしているが
    ニュースを見て、ナイトライダーに恋してしまう。

    敵は学校の講師でディマに「人を助けても仕方がない」と教えた人。
    最後はこいつも空飛ぶ車でミサイル乱射しながらの戦いになります。
    この教授の車がちょっとデロリアンチック。

    赤の広場で新年の花火の中、笑いながらミサイルで街を破壊するさまは
    ちょっとグリーン・ゴブリンチック。

    で、エンディングソングがちょっとアルマゲドンのエアロスミスみたい…って
    もうどうなってんのこの作品。

    いや、ぶっちゃけビジュアルであったり、
    細かな家族とのドラマであったり、かなり悪くないんで
    この「…っぽい」を楽しめれば全然アリなんですけどね。


    ただ、ガールフレンドはちょっと微妙だったなぁ。
    ・声をかけられたのはライバルが先。
     イカス車でナンパされてホイホイついていく。
    ・ディマが車を手に入れてバイトで稼ぎがでかくなり、
     最新アイフォンを見せつけたらあっさり誘いに乗る。
    ・ライバルとディマが喧嘩。
     やったやらない、という話でうっかりディマが
     「やってやったぜ」と言ってしまったのを聞いてビンタ絶交。
     (これは仕方ない)
    ・11人中10人がパスする試験で、落としたら田舎に帰る事に
     なっていたが、ディマがわざと試験を落としたことでディマにコロリ。
    ・新年祝いを一緒にする約束をしたのに、
     ライバルがナイトライダーだと勘違いする一幕があり、
     そこからディマの連絡に全く応えなくなる。
    ・新年パーティにはライバルと参加。

    …というね、結構な糞ですよ。
    ま、この後「ライバルがナイトライダーじゃない」「ディマがナイトライダー」という
    事実を知る前に、「やっぱディマだわ」になったくだりでちょっと持ち直すけれども。

    なんでそういう結論に至ったかが謎なままでちょっと微妙だぜ。

    MJもいろいろあったけど、もうちょっとマシだったよね?

  • 恋愛、家族愛、勧善懲悪、しかもちょっと古臭い感じが好感を持てる。
    クラスに高嶺の花の娘→いい車に憧れる→親が買ってきた車が曰く付きの車→金貯める(しかもバイトが花屋)→いい気になる→親が殺される→正義に目覚める→悪と戦う。
    B級感満載で分かりやすい。

    どんな店でもそこそこハズレのないカレーライスみたいな作品。

  • 思ったより面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする