月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)

  • 21人登録
  • 4.11評価
    • (5)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 藤田和日郎
  • 小学館 (2014年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青い月の夜、おとぎ話達が狂っていくー
    その狂ったおとぎ話を直す為のおとぎ話界からの使者、鉢かづき姫と、鉢かづき姫に巻き込まれた人間岩崎月光&演劇部。

    出てくるおとぎ話は誰もが知っているシンデレラ、赤ずきん、桃太郎、一寸法師、長靴をはいた猫、宮沢賢治等々…。
    どれだけのおとぎ話が出演しているのか。知らないおとぎ話が出てきても、きっとどんな話なのか気になって読んでみたくなりますよ。

    登場人物もストーリーも真っ直ぐで、ボーイミーツガールに勧善懲悪、これぞ正統派王道少年漫画!
    一巻から伏線がしっかり張られ、その回収もまた凄い。未読の方には前情報なしで読んでいただきたい。
    ここからこんなに話が広がっていくのか、と、おとぎ話界だけに止まらない広大な物語。
    このおとぎ話、かわいそうだよね、これはだめでしょー、みたいな読者の思いを藤田先生が代筆しておとぎ話を好き勝手!
    でもでもただ暴れ回るだけではない子達もいて、笑い有り涙有り。

    刊行中は新刊が出る度に読み返しました。
    絵が苦手…という人もなんとか赤ずきんちゃんが出てくるまでは読んでみて。
    その頃には絵にも慣れて、途方もない物語に引き込まれているはずだーむですとろぃ。

  • 昔話へのツッコミをここまで壮大に書くヤツはいない

  • 藤田和日郎 先生は、
    ”フィクション”と、”現実”の
    境界が、
    はっきりしている
    との事です。

  • 終盤に話の内容が複雑になりやや混乱しましたがやはり藤田先生の作品は様々な伏線、複雑なストーリー展開、絵の勢い、熱さ等々がごった煮状態で面白い上に心に響いて泣けます。
    月光の「オレがラスボス級のすげえ敵とやり合って、死にそうな時には…オレと…死んでくれるか?」に続くエンゲキブの「死なせて。」のシーンが大好きです。

  • 面白かった。

  • シンデレラと孫悟空がカッコ良くてカッコ良くて大好き。
    昔から好きなお伽噺が出てきて楽しく読んだ。最後の方、ちょっと混乱したくだりがあったり、現実世界の事件を連想する皮肉があったりで、読みながら考えすぎちゃう感があったので個人的な理由で申し訳ないけれどこの評価で。

全6件中 1 - 6件を表示

月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

月光条例 コミック 全29巻完結セット (少年サンデーコミックス)はこんなマンガです

ツイートする