予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 [Kindle]

  • 79人登録
  • 4.68評価
    • (14)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 熊谷 淳子 
  • 早川書房 (2013年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (496ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デール カーネギ...
宮部 みゆき
ダニエル カーネ...
ダニエル カーネ...
ジャレド・ダイア...
ジェイムズ・P・...
カイザー・ ファ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」の感想・レビュー・書評

  • 「ー人々は機会がないことではなく、めまいがするほど機会がありあまっていることに悩まされている。」

    行動経済学の本。ファストアンドスローよりも読みやすいかも。

    選択肢が3つあれば、真ん中を選ぶ
    不正行為は現金が絡まない
    供給が需要を生む
    相対的に評価

  • 最近結構良く出ている行動経済学の本です。いかに消費者を騙し?買う気にさせるか、企業のマーケティング戦略に乗せられる消費者の姿が自分に重なります。そのほかにダイエットが続かないわけとか締め切り期日と論文の出来不出来についてとか、まさに不合理なほうを選択してしまう自分が見えてくる。きちんとこの本に書かれていることを把握していれば、愚かな行動をとることも無くなる筈であるが・・・

  • 立派な内容だったがそれだけにこのお決まりのパターンとバックボーンのうんざり加減が際立った。
    例えるなら人類から遅れること1000年、猿やチンパンジーが今ようやく己の理解という大航海を始め、嬉々としている様子を眺めさせられているような感覚に陥る。

    せめてもう少し人類らしく、たとえば著者が不合理と呼ぶ人間の行動の方を合理と設定し、バックボーンである社会の方を不合理として、神の作りたもうた人間と、人間の作りし社会のズレを検証してみるくらいの工夫が欲しいというか。とにかく古さを感じるのである。

    それに著者の目指す合理的な行動(老後のための貯蓄やいつでも望み通りのメニューを選べることや物品やサービスの相場や意味を正確に把握できて騙されることなく選択ができることなど)を人間が完璧にできたとして、それが何なのだろうか?と考えると、わりとどうでも良いことではないかと思い至るのだ。

    結局いつものように右から左に抜けていって何も残らない。
    それほどまでに私は遠くに来てしまっただろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」を本棚に「積読」で登録しているひと

予想どおりに不合理  行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」はこんな電子書籍です

ツイートする