新しき世界 [DVD]

  • 120人登録
  • 4.04評価
    • (23)
    • (14)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 26レビュー
監督 : パク・フンジョン 
出演 : イ・ジョンジェ  チェ・ミンシク  ファン・ジョンミン  パク・ソンウン  ソン・ジヒョ 
  • TCエンタテインメント (2014年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562227882617

新しき世界 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ヤクザの組から一大企業組織へと成功を収めた組織の長が亡くなった。警察は潜入捜査官を通して「新世界」作戦を進めようとするが。。。

     潜入捜査官をマフィアのほぼボスへ押し上げるというメチャクチャな作戦。重苦しい雰囲気と韓国映画独特の短い獲物を使った暴力がその無謀なストーリーとマッチしてグイグイ惹きこまれる。この緊迫感と重々しさはいい。
     ラストはそりゃそうなりますよね。人の人生を棒に振る長期間の潜入捜査ってあまりに無理があるよなぁ。。。
     

  • 犯罪組織ゴールド・ムーンのソク会長が事故死する。
    ジュングとチョン・チョンの組織の後継者争いが始まるが、警察もこれを利用しようとする新世界プロジェクトを計画する。
    8年前から組織に潜入し、チョン・チョンから厚い信頼を得ていたジャソンは警察と組織の間で葛藤するのだった。

    韓国版ヤクザ映画。
    誰が生きこ残るかハラハラしながら観ました。
    日本も韓国もヤクザと警察の関係は似たようなもんだなぁ。

  • あんだけ観たいと思ってた作品なんだけど
    内容ついていけず…ずっとこの重い感じで進むのか…と嫌になってしまった

    確かにかっこいいけれど、もっと起承転結?無いと退屈してしまうよ…
    わたしだけかな、内容汲み取りきれなかったの

    期待していただけにこの評価

  • 制作年:2013年
    監 督:パク・フンジョン
    主 演:イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン、パク・ソンウン
    時 間:134分
    音 声:韓・中:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ


    韓国最大の犯罪組織ゴールド・ムーンの理事イ・ジャソンの指示で、港の沖合に浮かぶ船から裏切り者をコンクリート詰めにしたドラム缶が海中に落とされる。
    潜入捜査官として8年、ジャソンは企業化した組織の理事にまでなっていたが、もうすぐ潜入捜査は終わるという上司のカン課長の言葉を信じ、その日が来ることだけを待っていた。
    そんなある日、組織の会長ソク・ドンチュルが謎めいた交通事故で急死。
    組織の実質N0.2チョン・チョンと亡き会長の右腕だったイ・ジュングの後継者争いが始まる。
    この事態を察知したカンは、ジャソンを動かして後継者争いに介入し、一気に組織を壊滅させることを画策。作戦は“新世界プロジェクト”と名付けられた。
    警察官へと戻る日を待ち続けていたジャソンは反発するが、組織への密告や家族への監視をちらつかせて迫るカンの言葉に従うほかなかった。
    一方、チョン・チョンは自分と同じ韓国華僑という出自を持つジャソンを“ブラザー”と呼び、自分の右腕としていた。
    警察と組織の間に挟まれ、葛藤を覚えるジャソンだったが、結局、カンとの連絡役シヌにチョン・チョンの中国行きの予定を伝える。
    中国へ向かう空港に現れたカンから組織の内情に関する資料を見せられ、協力を迫られるチョン・チョン。
    内通者がいると察知した彼はカンの申し出を拒否、中国の延辺から殺し屋たちを呼び寄せる。
    翌日、カンは殺人教唆および暴行等の容疑でジュングを逮捕。チョン・チョンとジュングの争いに火を放つ。
    チョン・チョンは中国から戻ると、カンをとあるスタジアムに呼び出し、調べ上げた情報と賄賂で、ゴールド・ムーンの後継者争いから手を引くようにと持ちかけるが、この提案はカン課長が拒否。
    チョン・チョンは早速、殺し屋たちにシヌを襲撃させる。
    チョン・チョンに呼び出されたジャソンは、人目につかない倉庫でドラム缶に詰められた瀕死のシヌを見せられ、言葉を失う。
    そんな中、引退状態の長老チャン・スギを会長に祭り上げ、ゴールド・ムーンを乗っ取れという新たな指令を受けるジャソンだったが、カンの真意が自分を組織に縛り付け、組織を意のままに繰ろうとしていることと知り、激しい怒りを覚えるしかし、カンの周辺を調べるために本庁情報課の資料をハッキングしたチョン・チョンが、すでに自分の正体に気づいていると知らされ、後戻りができなくなる…。

  • イジョンジェさんの潜入捜査官もの。B++。

  • なんで韓国ではこういう映画が作れて、日本から出てこないのかなぁ~?

    なんの期待も予備知識もなく観たこの映画、面白かったです。

    正直、韓流ブームの反動で「韓国映画??」という気持ちがないわけではないですが、それを差し引いても僕には好きな韓国映画が多いです。

    『甘い人生』『オールドボーイ』『チェイサー』『悪魔を見た』『母なる証明』・・・

    スペインの映画『オール・アバウト・マイ・マザー』や『靴に恋して』を観たときには、「スペイン人ってなんて愛が剥き出しなんだ!」って思いましたが、上記した作品群が好きな理由は生々しいまでの人間愛と暴力描写。

    脚本もすごい角度で曲がりますしね・・・。
    しかも剛速球。

    さて、本作もハリウッドリメイクが決まっているらしく、かなり面白かったです。

    香港人の作った『インファナル・アフェア』ほど綺麗で火薬の量も多くはないけど、まぁ暑っ苦しくてねちっこい!!

    正義と仁義の葛藤、表と裏の葛藤もよく描けていたと思いますし、映画が動き出してからのテンポと盛り上がり方が実に良かった。

    そして、何よりもこの映画の魅力は主役を張るイ・ジョンジェのその誠実そうなベビーフェイスと巻き込まれる境遇の熾烈さ、彼の「Point of NO Return」からの覚悟と手際の良さとその冷徹さのギャップでしょうね。

    この映画で一番好きなシーンは、ファン・ジョンミン演じるチョン・チョンのエレベーター室内での乱闘シーン。いやー、『オールド・ボーイ』でもそうだったんですけど、韓国映画の多人数の暴力描写は汚くて騒々しくてすばらしい!
    本作でも、いくら撮影とはいえそれ怪我するだろ!?っていうアクション演出にぐいぐい引きつけられました。

    血まみれになった顔がヴァンサン・カッセルみたいに見えて男前度がここらへんから急上昇します。



    ・・・最後に突っ込みどころをいくつか。

    ①潜入捜査官が本名のまま潜入して、本名のままやくざの世界で成り上がる(笑)
    ②ヤクザの世界で出世した主人公の奥様を守るために、対立する組からの襲撃に警察が介入しているのに誰も彼が警察とつながっていると疑わない。
    ③踏み切りそばでコ局長を襲撃する際に、向こう見ずな設定の北の暗殺者が、電車が通る騒音の中で、という設定なのになぜか拳銃に消音機を取り付けだす。

    ま、笑って済ませられる程度の粗です(そうかな・・・)

  • 15.oct.5

    韓国映画好きな方におすすめされて見てみた。

    ヤクザの跡取り抗争に警察が介入していく話。警察とヤクザの間で揺れる人物の感情の描き方が印象的。
    ぎりぎりまでヤクザの暴力をリアルに映そうとしてるような全体的な迫力に飲み込まれた。。

    韓国はキリスト教が多いと聞いてたけど、お葬式は仏教ぽかったな…?

  • 韓国最大の犯罪組織で潜入捜査を続ける警察官を主人公に、組織トップの急死によって後継争いが勃発する中、組織の壊滅を目論む非情な上司が推し進める正義と、兄と慕う組織幹部の男との絆の狭間で苦悩する主人公の運命をスリリングに描く。ファン・ジョンミンいけてる、主役のイ・ジョンジェを喰っちゃってる。

  • 潜入捜査
    チャン・スギがかぁっこいいーと思ったら消えた。
    想像を越えてるのに《これが正解》と思える映画

    課長が何故あれだけこだわるのか、そこの描写も欲しかったな。お涙頂戴なのはいらないけど。
    ハッカーのくだりもちょっと…、お金出してあんなコトが運ぶならさっさとするよね?
    顔の区別がつかなくてついあらすじを予習してしまったけど、何も知らず観たかった!
    雰囲気インファナルアフェア、けど男の友情故の愛憎はモンガ、超人アクションはなんだろな…?
    みんな渋くて、チャラくて、熱くて、クールで、無慈悲でかっこいい!!

  • タイトルは良く聞いていて、ずっと気になっていたので観てみました。
    すごくいい映画でした。終わり方がメリバというか…。

    ラストの「6年前」のくだりがなんともたまりませんでした。
    すべてを描き終わったあとに、あえて見せる「6年前」のシーン。なにもかもすべてがどうなったのか結末を知ったうえで、見る「6年前」のシーンの重みというか。ふたりがどういう結末を迎えたか見届けたあとに、6年前の仲良く幸せそうなふたりの姿に胸が締め付けられました…。

    韓国映画はほとんど観たことなくて、観たことあるのが精神をごっりごりに削ってくる「悪魔を見た」と「オールドボーイ」くらい。なので、チェ・ミンシクに物凄いトラウマというか苦手意識を植え付けられてしまっているのですが、この映画の役はまだそこまで怖くなかったので大丈夫でした…。

    韓国映画独特の暴力表現は、なんかもういっそ清々しい気がします。この突き抜け感は一周回ってむしろ爽快な感じがします。

    すごく切なくて、いい映画でした。

全26件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

新しき世界 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする