大列車強盗団 [DVD]

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ピーター・イェーツ(『ブリット』『ヤング・ゼネレーション』 
出演 : スタンリー・ベイカー(『ナヴァロンの要塞』『エヴァの匂い』)  ジェームズ・ブース(『フレンチ・ドレッシング』  バリー・フォースター(『ライアンの娘』)  ジョアンナ・ペティット(『007  カジノ・ロワイヤル』) 
  • IVC,Ltd.(VC)(D) (2014年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933672243597

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大列車強盗団 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 1963年にイギリスで起きた実話を基に、300
    万ポンドもの大金を列車から奪った強盗団と警
    察の攻防を描いた作品です。冒頭はダイヤ強盗
    からロンドン市街での迫力満点のカーチェイス
    が小気味よく、中盤の列車強盗の長いシーンも
    緊張感を保ち続けたのは見事だと思いました。
    実話のリアリティを損なわないようにセリフを
    少なめにした淡々した描写はドキュメンタリー
    タッチで流石だと思いました。
    ピーター・イェーツ監督の原点を観ることが出
    来る作品です。
    これからもっとピーター・イェーツ監督の作品
    を探して観ようと思いました。

  • ピーター・イェーツ監督作品。
    古さを感じさせない迫力の泥棒モノ。

    古き英国の粋で大胆な窃盗団のお話し。
    その筋のプロを集めて大仕事を画策。
    大人数がゆえにほころびが・・・
    イギリスが舞台の映画ですから当然英語なのですが
    それがクイーンズ・イングリッシュというだけで
    何か気品を感じました。

    カーチェイスもハリウッドのパワフルなそれとは違うけれど
    小ぶりでデリカシーのある迫力というのかなぁ
    ミニやオースチン、ジャガーで疾走します。

    締めくくりに少々ばたつきはありますが
    2014年の今見ても十二分に楽しめます。

    兎に角、埋もれてしまうのはもったいない逸品です。
    テンポ良く見られるエンターテイメント作品でした。

  • 稀代のクライムプロデューサー ビッグス(劇名ポール)が仕組んだ、クールで大胆な現金強奪劇。
    1963年、ロンドンの郵便列車から260万ポンド(今日の4000万ポンドに相当)を奪った実話らしい。
    実話ではビッグスを含む12名の強盗団は翌年逮捕され、ビッグスは懲役30年の刑を宣告され収監されたが、
    15か月後に脱獄。整形して余生のほとんどをリオで過ごしたらしい。

    周到に練られた作戦。大胆な強奪劇。緊張に負けた仲間の綻び。
    BGMを最小限に抑え、警察から逃れようとする犯罪者心理を淡々と、しかしスリリングに描く。
    強奪作戦の鮮やかさは、「ダイ・ハード」の犯人の強奪劇を彷彿とさせる。
    派手ではないが、佳作。ジャケのセンスも良い。

  • 2015/6/30 懐かしい感覚がする映画 この頃の 作品は秀作が多いですよね。
    やはり、現在とテンポが違うし 見過ぎて 臨場感を あまり感じれなくなってる自分に残念…刑事はコロンボ刑事みたいだったね。周到に事件を追ってゆく感じが…ダメだと思いつつ 映画の中では 強盗団を応援してしまう感じが 作戦が失敗で
    やはりなぁ〜ってフィクション映画を見すぎてる事ですね。

  • ジャンル、ジャケットの割に落ち着いて観れる

  • 車のエンジン音がやたらとカッコいい映画。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

大列車強盗団 [DVD]はこんな映画です

ツイートする