大統領の執事の涙 [Blu-ray]

  • 39人登録
  • 3.74評価
    • (2)
    • (10)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : リー・ダニエルズ 
出演 : フォレスト・ウィテカー  オプラ・ウィンフリー  ジョン・キューザック  ジェーン・フォンダ  アラン・リックマン 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年8月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126429133

大統領の執事の涙 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • この俳優の左目のちょっとかぶさっているところがあんまりすきじゃないんだけど、そこも含めてのキャストなんだろうなと思うような迫真のフケ演技。ブラックパンサーとか、レーガンとか、みんなそれほど昔の話じゃないんだねえ。それで、音楽とか踊りとかのシーンがとてもセンスがよかった。映像との調和が。

  • アメリカの歴史や偉大な人物の影には必ずそれを支える黒人達の姿があった。

    差別に対して真っ向から白人と、立ち向かった黒人もいれば、寡黙に白人に仕える黒人もいる。
    今、アメリカではオバマ大統領が就任しているが、そこまでの道のりには黒人の立場が勇敢な戦う黒人のほかに、律儀に、そして完璧に白人に仕えることで黒人のイメージを改革した執事たち両方によるものなのだろう。

  • 面白かった。
    公民権運動からオバマ大統領までのアメリカ史が、ホワイトハウスに仕えた黒人執事という視点から描かれていて、仕事に対する誇りと家族との確執など、歴史物としても家族の物語としてもじんわりくる内容。

    ロビン・ウィリアムスのアイゼンハワーやアラン・リックマンのレーガン等、歴代大統領役も魅力的だったし、マライア・キャリーやオプラ・ウィンフリー、レニー・クラヴィッツなど「俳優じゃないけど超大物」もはまってて、さすがと思った。

    ただ、邦題より原題の"The butler"のままの方がスッキリしていてかっこよかったなあ。

  • アメリカ人がどういう気持ちでこういう映画を観るのだろうか。差別が当たり前と思ってた人達の気持ちがかわるきっかけって何だったんだろう。
    歴代大統領も興味深い。特にアラン・リックマン。

  • 南部の農園の奴隷から、ハウスニガーに。さらに農園を逃げ出し、ホワイトハウスの執事となっていくその人生を描く。
    淡々と描かれる人生だけど、彼らの生きた時代背景や変わっていくホワイトハウスの住人が見えて興味深い。
    空気のようにいないものとして仕える執事と、彼らに意識を払わない使う側の人たち。人種差別というだけでなく、そうなんだけど、気にしていたら疲れて人を家の中で使えないんだろうけど、なんかちょっと違和感、だったりを考えさせられました。

  •  アメリカの公民権運動の歴史をわかりやすく伝えてくれるので、中学生ぐらいに見せたい。

     史実に基づいている割に映画として成立しているので、万人におすすめ。

     グロリア(セシルの奥さん)が息子に向かってあなたのすべては執事が~って部分がキモ。

  • Bunkamuraル・シネマ 20014/3/3お前のすべては、その執事が与えた。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

大統領の執事の涙 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

大統領の執事の涙 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

大統領の執事の涙 [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

大統領の執事の涙 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする