もののけ姫 [DVD]

  • 245人登録
  • 4.29評価
    • (39)
    • (28)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
監督 : 宮崎駿 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241753045

もののけ姫 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ~☆ 豊かな森に宿る樹の精コダマがめちゃカワイイ!☆~

    ヤッホー!の山彦のコダマじゃないよ、木霊だよ。

    チョコチョコ木々の間から出没し頭をクルクル回したり、
    仲間をおんぶして行列で歩いていたりと、とにかくカワイイ~ね。

    森をむやみに破壊するのは反対だ。

    いい作品

  • 中世・室町期の日本。いまだ人を寄せ付けぬ太古の深い森の中には、人語を解する巨大な山犬や猪などの神獣たちが潜み、聖域を侵す人間たちを襲って、荒ぶる神々として恐れられていた。エミシの末裔のアシタカは、人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神に呪いをかけられ、それを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれていく。森を切り開こうとするタタラ製鉄集団とその長エボシ御前、森を守る山犬一族、そして山犬に育てられた人間の少女サン。アシタカはその狭間で、自分が呪われた理由を知り……。
    「Amazon内容紹介」より

    楽しい話ではないのに、何度も見てしまう.人間というのは業の深い生き物であるなぁと思うと同時に、その業の深さにもいろいろあって、誰かのための業の深さというのもあるのだなぁと思う.
    多様性を受容する自然界にあって、人間のような業の深い生き物がいることもまた多様性の一つか.

  • 屋久島から戻ってその日に観ました。
    自然を破壊してきたのは人間。
    自然との共存メッセージが突き刺さる。

    最後の場面。
    サンとアシタカ、それぞれの別の場所で暮らすけれど…。
    「逢いに行くよ。ヤックルに乗って」

    森や動物達がいた場所に人間が住むのだから少しばかりの場所を使わせてもらって森や動物と一緒に暮らせばいいだけなのに。
    勝手でわがままな人いるから。

    「お前にサンが救えるか?」

  • 人間(エボシ率いるタタラ場と、ジコ坊勢力)とシシ神様を頂点とする恐ろしい森(山犬、乙事主)のお話。
    最後はシシ神が滅び、恐ろしい森は恐ろしくない森と変容する。

    サンとアシタカは、それぞれの勢力のシンボルとして現れるように見えるが、実は全く話に噛んでいないお飾り。笑

    あらゆる箇所に現れる民俗学的な演出がとても興味深い。
    シシ神様、本当に昔はいたんじゃないかなぁ。いまはいるのかな?

  • レビューはまた後で。

    娘のクリスマスプレゼントで購入し10数年ぶりに見したが、もう、ワールドクラスの傑作です。

  • 2:13

  • ちょっと色々と歴史を調べようと思って改めて観ました。

    この舞台になった場所に、いつか行ってみたいな。

  • 久々に金曜ロードSHOW!で。

    良い映画であるものは間違いない。3度目だろうか。1度目は小さい頃で、もののけが怖くて恐ろしくて。2度目は環境破壊のことなど、テーマもわかるようになって。
    さて、今回は。もちろんテーマもわかったうえで、女どもがかっこいい。なんだ、トキのあのデキ女房っぷり。女が生き生きしている村はいい村と聞きます、だっけ。アシタカ、確かにそう思うよ。だからこそ、あの村はきっと再生する。そう、エボシも村を思っての砂鉄の採掘であって、むやみやたらに切り開いてきたわけではない。あそこまでに村を発展させたのだから、実力者だ。社会的な弱者への思いやりと支援もできる人だ。森との共存が念頭にあれば、きっと…。

    人間ともののけの共存。アシタカとサンがその架け橋になれれば…と切に願わずにはいられない。
    死と生が隣り合わせ、ということもシシ神様は体現しているのね、とか、そんないろいろなことを考えた。

    良い映画でした。

  • 今見ても深いと思えるストーリー。
    ジブリにしては割とグロテスクな描写も多い。
    アシタカの出身は蝦夷だったり、エボシ様が倭冦へ売られた娼婦だったり、サンは生け贄だったりと直接的には語られない背景も理解しておくとより楽しめる。

  • 文明の進歩と環境破壊

全19件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

もののけ姫 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする