地下室の手記 (新潮文庫)赤10I

  • 31人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 1969年発売
  • Amazon.co.jp ・本

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
三島 由紀夫
安部 公房
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

地下室の手記 (新潮文庫)赤10Iの感想・レビュー・書評

  • 「地下室の手記」を読むのはこれで6回目。
    そのうち3回が江川卓訳で、やはりこの人の訳がもっとも良い。
    日本語がしっかりしていて、しかもドストエフスキーの原文を(たぶん)精確に反映している。

    この人の文章は、とてもしっくりくるのだが、若い頃から読んでいて、私自身の文章もこの人の翻訳文に影響を受けているような気がする。

    前に、「ここに描かれたのは、写真でいえばネガの姿で、ネガをネガとして浮かび上がらせるためにはポジの世界が必要ではないだろうか。その視点があるからこそ、ドストエフスキーはここまで精確にネガの世界を描き出すことができたのではないだろうか。」と書いたけれども、今度読んでも、やはりそう思う。

    「ドストエフスキーは、自分の主人公の状態を人間全体として考えて正しいものとはみなしていない。彼は主人公を苦しめ、軽蔑している。」(p257 解説)というシクロフスキーの評はその通りだ。そしてドストエフスキーがここまでリアルに現代の人間を描き出せたのは、かれ自身は「地下室」ではなく、その外にいるからだ。だからこそ「地下室」の世界を徹底的に描き出すことができた。

    「というのも、ぼくらはすべて、多少とも生活からかけ離れ、跛行状態でいるからだ。そのかけ離れ方があまりにはなはだしいので、ときには真の《生きた生活》に対してある種の嫌悪を感ずるまでになっている。そこで、その《生きた生活》のことを思い出させられるのが耐えられないほどにもなっているのである。とにかくぼくらは、真の《生きた生活》を、ほとんど労役かお勤めとみなすまでになっていて、それぞれ腹のなかでは、書物式の方がよほどましだとさえ思っているのだ」(p244-245)

    かれの居る場所からは「真の《生きた生活》」が見える。
    ただし、「真の《生きた生活》」は、ここでは、まだ、ネガの裏返しでしか、あらわされていない。
    たいていの小説は、それを裏返しでしか表現できないものだ。
    ドストエフスキーのこれから以降のテーマは、その姿をいかにしてポジティブに、肯定を肯定として現そうとする努力ではなかったか。

  • 引きこもりの美学、と言うよりは、過去の懺悔録と言うべきか。貧しい、自意識過剰男が20年間も引きこもりに至る、独白。迎合できない事への弁解。
    どんなに人生暗くても、この人よりは、恵まれてると思える。

    2017.8.30読了

  • 2017/02/07
    究極的な美、自意識、ネガティブな肯定

全4件中 1 - 4件を表示

地下室の手記 (新潮文庫)赤10Iはこんな本です

ツイートする