ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 403人登録
  • 3.70評価
    • (31)
    • (70)
    • (65)
    • (9)
    • (0)
  • 70レビュー
監督 : ジョン・リー・ハンコック 
出演 : トム・ハンクス  エマ・トンプソン  コリン・ファレル  ポール・ジアマッティ  ジェイソン・シュワルツマン 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241753304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • wowowで録画視聴。字幕版。
    子供の頃読んだメアリー・ポピンズの本がとてもとても好きで……。だからディズニー映画の「メリー・ポピンズ」を知った時は「メアリーとメリーって違うし別物だな…」と思おうとしていました。
    だってメアリー・ポピンズは鉄壁のツンデレで笑ったりしないしまして歌って踊るわけがない…!と…。
    その後、同じものらしいと知ってずっとずっと解せない思いがあったので見てみたのですが…。
    序盤、ディズニーの映画化案にすべて食って掛かる作者には「ほんとそれ」と膝を打ちました。特に「ディズニーさん、メリーポピンズは歌いません」のセリフには10000回頷きたくなった…(笑)
    ただ途中から作者が父に対する自分のトラウマと映画化の不満をごっちゃにしているような描写になってきてどうにも戸惑ってしまいました。
    でもこれは邦題や日本の宣伝が悪いな…と感じざるを得ません。
    これだとメアリーポピンズ映画化にあたっての作者とウォルト・ディズニーの間のあれこれを主題とした映画だと思わざるを得なくなります。
    でも実際はそこを入口に作者が自分の中のトラウマと向き合って乗り越えようとする話なわけで…。ディズニーあんまり関係ない…。
    その描き方もまたちょっと散漫なので映画としても残念な点が多々なのですが、作者役を演じたエマ・トンプソンの魅力で乗り切ってくれたように感じました。
    ストレートに魅力的な人物では無く、屈折したり苦しんだり八つ当たりしたり、そんなことを繰り返しながら懸命に立ち上がろうとする女性を魅力的に魅せるのはやっぱり力量だなぁと感じます。

  • パメラの心情にとても共感。
    ウォルト他、劇中の人たちにはパメラの心情は分からないけど、観ている側は少しずつ偏屈なパメラの理由が分かっていくのが何とも…。
    ウォルトが「もう自分を許してあげてもいいんじゃないか」と言われたときのパメラの表情がまた何とも…。

  • 埋もれていた歴史の片鱗の様で、興味深く見ることができた。いろいろ屈折を抱えている作者さんの心情や、お父さんがアル中になって胃潰瘍をこじらせていく心情、お母さんが思いつめて入水をはかろうとすること、どの人物の心情も腑に落ちるし切ない。じっくり見ていくと、いろんなことがなるほどと思える。

    けれど、ただ一点、この映画がディズニー映画だということが引っかかった。そんな手前味噌な製作体制で作られた映画、本当に信じて良いのか?歴史に光を当てている様でいて、結局はディズニーのプロモーション映画ではないのか?そういう気持ち悪さがぬぐいきれない。
    第三者が作った映画だったら、もう少し違った気持ちで見られたかもしれないのに…
    だから、この作品には星の評価はつけないことにします。

  • レンタル>これ見たら、もう1回メリーポピンズが観たくなるwwまた違った思いで観る事ができそう。
    「メリーポピンズ」は大昔に1度見たきり。(ディズニー)アニメと実写の融合で、抜群に歌うまのJ.アンドリュースが出演しており、(その前にサウンド・オブ・ミュージックを観ていた事もあり…)数々流れる音楽が歌い出したくなる程^^。チンチムニー~♪やスーパーカリフラジリスティック~~♪などなど。
    今作は映画「メリーポピンズ」の制作秘話。ウォルトっていうより、原作者;パメラ・トラヴァースを中心とした物語。
    再現度がどこまで事実に沿っているかはわからないけど非常に興味深い話だったwwトラヴァース夫人(E.トンプソン)って相当の曲者。偏屈でやりづらい人だったのね(^^;)。。何を言っても否定的、皮肉な事を言わせればピカイチな程、嫌われ度は高い、なかなかの人物。聴いてて不快感が増すばかりだったが。。そんな彼女が制作OKを出した経緯を知る事ができ、なかなか感動wウォルト役のT.ハンクスも巧く、彼女を説得するシーンが印象深い。子供には絶大人気,夢のある,夢を見せてくれるエンタメ産業抜群のディズニーですが、創始者の彼は煙草も吸うし(人前ではNG)、家が貧しく、少年時は新聞配達をやってたとか苦労話を知ると何とも言えない気持ちに…彼も苦労してたんだなぁと。。

  • 母が大好きなメリー・ポピンズ制作秘話、ですかね。思ったよりはドラマ要素濃かったです。ノンフィクションノンフィクションしてないと言いますか。実話ベースではあるのでしょうが、しっかり物語が成立しています。
    こう言った作品って、ただ事実だけを演じて内容薄かったりするケースがありますが、本作は人間の描かれ方、ドラマが良かったです。

    運転手さんとのやり取り
    回想シーンとのクロスオーバー
    スタッフさんたちとのやり取り

    それぞれ空気が変わるので、飽きずに、と言うか見入ってしまいました。小説を読んでいる感覚で観られた。

    当時の様子を思い描いてキュンとなったり、ワクワクしたり。ディズニーワールドはやはり夢の国です。私は好きだ。

    『メリーポピンズ』つい最近この作品を観るために鑑賞しました。過去に観てるかも知れないけど、ほぼ記憶になくて。母が大好きな作品と言うイメージばかりだったんですよね。実は古いし、あんまりよくわからなくて、長いな…と感じたんですが、本作を観ると、もう一度観直したくなります。

    原作はまた違ったもののようなので、そちらも確認したくなりました。

    エンドロールでは原作者の当時の音声?が流れます。それでおおお!ってなりました。誇張じゃなさそう!って。

    そうそう、キャストもなかなか豪華。
    エマ・トンプソン
    トム・ハンクス
    コリン・ファレル
    ジェイソン・シュワルツマン
    ポール・ジアマッティ
    と、実力派揃いですよ~( ´ ▽ ` )

  • よかった!ウォルトが口八丁手八丁で、メリーポピンズ作者をくどき、映画化権を手に入れる、って話かと思いきや、どちらかというと作者:パメラ・トラヴァースの人生と、映画の制作秘話が中心だった。
    見終わってから考えると、この邦題はちょっとなー…。

    パメラ役のエマ・トンプソンの演技がすごくよかったなぁ。頑固なところ、寂しさをみせるところ、思わず涙しちゃうところ、楽しくなってきて「凧揚げ」の歌をうたっちゃうところ…。全部が自然だったな。
    むかしメリーポピンズを見ていたから、余計に面白かった!また観たくなったな~。

  • 大好きな映画「メリー・ポピンズ」が出来上がるまでにはこんな物語があったなんて!
    予告編のトム・ハンクスがディズニーに似て見えたことにも驚いたが、本編はまさにディズニーそのもの。
    エマ・トンプソンのラストの演技は涙を誘いました。

  • 思い入れに込められた思い出。

  • 号泣。全然期待していなかったんだけど、この主人公の偏屈さと、ウォルトディズニーの懐の広さのアンマッチさに救われる。
    エマトンプソンさすがだな、と思ったし、トムハンクスはウォルトディズニーそのものにしか見えなかった。
    メリーポピンズを観たくなります、ものすごく。幼い頃アニメーションでなかったことからあまり好まなかったけれど、いますぐに見直したくなった。
    夢と希望と愛がつまりすぎていて、苦しくなるくらい泣けた。よかった。

  • ウォルト・ディズニーがメリー・ポピンズの原作にほれ込み、原作者のトラヴァース夫人をなんとか口説き落とし映画化に辿りつくまでを描いた作品。
    邦題からして、ウォルト・ディズニーの個人的なエピソードのより集めかなんかか?と最初は思った。けれど、一通り映画を見てさらに原題を見て納得。なんとしっかりとした人間ドラマだろう。

    ここでウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)はクレジットにこそ名前がトップに来ているけれど、主人公というよりは主人公を促すキーパースンで、むしろ役割としては完全に脇役に徹している。本当の主人公は、トラヴァース夫人(エマ・トンプソン)なのだ。

    郊外の豪華な邸宅を父の失業により出ざるを得なかった場面からはじまるトラヴァースの回想シーン。田舎の草原に立つ小屋に越してから、父はもう一旗揚げようともがくもののうまくいかず、酒におぼれ胃潰瘍も併発。しかも、その看護に疲れ切った母は自殺を図ったりとその少女時代は困難続きだった。

    冒頭のディズニーの招待で泊まることになったホテルのウェルカム・フルーツに梨があり、トラヴァース夫人がそれを即座に外のプールに投げ捨てる場面。その謎は回想の最後に明らかになる。夫人にとって梨とは、かつて父を救いたい一心で買ってきたものであったが買って帰った時に父は既に死んでおり、まさに「父を救えなかったダメな自分」そのものだったのだ。

    トラヴァース夫人の頑なさやメリー・ポピンズが生み出された背景には、このような夫人の父を救えなかった罪悪感が大きく影響していた。

    公に名乗っている姓と本名の違いから、ディズニーはいち早くそれに気づき、夫人の暮らす英国にまで飛ぶ。夫人の深い痛みに寄り添いながら、呪縛から彼女を解き放とうとする場面には胸を打たれる。

    また、要所要所に描かれるディズニー専属の作曲家たちの献身的な?努力、運転手との交流等も偏屈だろうがなんだろうが彼女を変わらず見守っていることを示唆するもので、これもまた映画に欠かせない要素だと思った。

  • 日頃ディズニーにお世話になっているしなぁと思って観た。ウォルトと「メアリーポピンズ」の作者との悪い意味でなくシツコイやりとりが心に残るかと思いきや、こちらは想像通りの展開で終了。作者トラヴァース夫人の幼少時代がとても印象的でこれで一本の映画になりそうだった。

  • 請求記号:14D071(館内視聴のみ)

  • 大切なものは裏切らず、ずっと側にいる。
    三回泣いてしまった。

    音楽と食べ物がかわいい。

  • 映画「メリーポピンズ」が出来るまでの、原作者トラヴァース夫人とウォルトディズニーの関わりを描いた映画。
    トラヴァース夫人の我が儘な態度もどこかユーモラスで、それに振り回される人達の様子が最初見ていて少し笑いを誘います。後半になるにつれ、父親との過去の出来事や、作者の作品への思い、そして、ウォルトの作品への愛情に泣きそうになりました。
    「メリーポピンズ」ファンには、物語だけでなく音楽でも楽しめ、また、観たことない人でも、「メリーポピンズ」が観たくなるとても素晴らしい映画だと思います。

  • ミュージカルっぽくもあり。ウォルトが夫人に「でもメリーポピンズはあなたを裏切らなかった」という言葉が個人的にグサーーー!!!ときて泣けた。シャーマン兄弟たちと踊りだすシーンも泣けた。美化しているところもあるかもしれないけど、素直に面白かった。過去の自分のトラウマと向き合ういい映画。

  • 頑固で人嫌いなメリーポピンズの作者パメラ・トラヴァースをどうやってウォルトが口説き落とすのか、展開にずっとわくわくしながら見た。現実には報われなかった父親を物語の中で幸せにする。これぞヒューマンドラマ。深い愛情を見た。

  • 役者でなく、その人を垣間見たよう。

  • 夢と魔法だけでは
    作れない映画がある――。



    SAVING MR. BANKS

  • 16/03/27
    メリーポピンズが観てみたくなった。
    夫人のいつも凛としたヒール靴姿が印象的。
    ミッキーのぬいぐるみが向かいの椅子に座らせてあるシーン。あれ?いつのまにかイギリスまで持って帰ってきちゃったのね。夫人たらかわいい。
    エンドロールにテープ音声があるけどほんとにあんなに事細かに指摘してたんだね!

  • トム・ハンクスが出てきた瞬間はトム・ハンクスだったのに、どんどんとウォルト・ディズニーになっていくのが圧巻でした。好きな役者さんでは決してないですが、でもすごい。
    逆に、すごく好きなはずのエマ・トンプソンがそこまで魅力的に見られず…。ただのファザコンなだけなんじゃあ、という気持ちが抜けないまま終わってしまいました。
    ポール・ジアマッティが地味だけど良い演技をしてくれています。そうそう。結局は打算のないああいう人が、意固地の塊を溶かしていくんだな。
    コリン・ファレルを久しぶりに見たのですが、こういう破滅的な役をさせると天下一品ですね。しかも、ジョージ・クルーニーとか北大路欣也と同じで、歳を取ったことによって悪い意味での艶が取れて、良い塩梅になっています。
    ストーリーの組み立て方は悪くないのですが、いかんせんトラバースの意固地がどこからくるものなのかが、ディズニー側には理解できないため、なんだかとても意地の悪い女性のようにうつるのがかわいそうでした。決してディズニーそのものを拒絶するわけではないですが、最後の最後まで、ディズニー側は彼女のことを理解できなかったように思います。そして、メリー・ポピンズの映画としてはそれは成功だったのかもしれません。
    なんだかちょっぴり消化不良感が残る作品。ディズニーは良くも悪くも「アメリカ人」だったのかもしれないな、と鑑賞後にぼんやり思いました。
    エンドロールに流れる、トラバース本人の声にしびれました。かっこよすぎる!イギリス人特有のアクセントに、あの時代でしか聞けない硬質の声。あの声を聞くだけで、私なら「仰せのままに!」と言いたくなりますが、ディズニー側は流されなかった模様。

  • メリーポピンズ製作の秘話

  • 何度も見たいと思った。メリーポピンズの原作者さんがこんなに頑固だったなんて。。深いよ。何度も見たいし、何度も泣いた!

  • 大好きな映画のメリー・ポピンズの誕生秘話。
    原作者については全く知らなかったので、資料的に興味深かったのはもちろん、メリー・ポピンズ自体への思い入れ、隠された思いを知り、改めて原作を見直したいと思った。
    自分自身が物作りをする仕事な事もあり、ウォルト含む創造者たちが覚悟とプライドをもってぶつかり合う姿に胸を打たれた。

  • 踊りのシーンにやられたね。

全70件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする