マライアと失われた秘宝の謎 [DVD]

  • 46人登録
  • 2.18評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (11)
    • (4)
  • 11レビュー
監督 : ジョナサン・ニューマン 
出演 : アナイリン・バーナード  メラ・キャロン  マイケル・シーン  サム・ニール  レナ・ヘディ 
  • TCエンタテインメント (2014年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390738836

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マライアと失われた秘宝の謎 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 19世紀の英国を舞台にした、世界を脅かす秘
    宝を巡る冒険ファンタジー作品です。
    ごく普通の少年、マライアの両親と弟が何物
    かに誘拐されます。黒幕は、すべてを黄金に
    変えるミダスの王の箱を探す謎の男オットー
    (ニール)だったのです。
    マライアは政府の古代遺物局員を名のる男の手
    引きで、オットーが経営する孤島のホテルに潜
    入し箱の正体が古代の究極兵器だと突き止めま
    す。そしてマライアは家族を救出し、世界を守
    ろうとします。
    とてもワクワクする冒険が、展開するストーリ
    ーで、「ハムナプトラ」シリーズや「ハリー・
    ポッター」シリーズがすきな人にオススメした
    い映画です。
    空飛ぶカードや足跡が見えるメガネなど多彩な
    魔法アイテムが活躍し、迷路のような地下洞窟
    でのスリリングな冒険も見応えがあって面白い
    と思いました。

  • うわ…、シリーズ化しようとしているよ…。

    マジですか…?

    まあ 好きずきなんだろうけど、あのう…観た時間 返して。久しぶりに、こんな痛々しいの、見つけたわ。

    はっきりいって、つまんない。その一言です。

  • 物語がつまらないわけではない。きれいだと思うシーンもある。けれども、全体的に中途半端な印象。はちゃめちゃな展開に焦点を絞るわけでも、登場人物の気持ちに寄りそうでもなく、楽しみどころがわからないままに終わってしまう。原作本があるのなら読みたいと思ったが、どうやらない?

  • びっくりするほど面白くなかった。

    これは脚本と監督が下手だったんだと思う。

    おそらく原作の小説は面白いんだろう。

    こんなレベルの映画になるんだったら映画化しない方がよかった。


    映画が面白くないのは、テンポが一定であることが原因だと思う。

    ぱぱぱっと進めていいところは進めて、

    じっくり進めた方がいいところはじっくりと

    っていうテンポ、メリハリをつけないから

    時間が足りないってなって話が飛びまくったのだと思う。

    舞台セットがしっかりしている反面、

    脚本・演出の下手さがよけい際立った。

    あと、基本的に役者みんな演技上手なのに、

    ところどころ手を抜いただろって演技があって、

    それもまた映画の世界に入れなかった原因。

    一人の役者・シーンに限らず、どの役者もびっくりするぐらい演技が下手なときがある。

    もうこれは監督が下手なんだろうとしか思えない・・・。

    (人質が敵にどつき飛ばされるシーンなど手を抜き過ぎて、自分から敵の懐に歩いていっていたり・・・演出下手すぎるにも程がある。)

    もうこれは脚本家・監督が変わらない限り2作目はないだろうし(でもなぜか2作目に続く様な感じで最後終わってる)、

    もし同じ脚本家・監督のままだったら2作目出たとしてもまずヒットしないだろうし、

    私は見ない。残念なぐらいの時間の無駄だ。

    唯一、主人公マライア役の俳優がかっこ良かっただけ。

  • 「午後のロードショー」にて。明らかに「ハリポタ」の次のドジョウを狙った邦題ですが、ハリポタとはこれといった共通点なし(魔法使わないし)。でも、スチームパンク風インディ・ジョーンズといった感じで、これはこれで悪くはないのです。主人公はなかなかいい男だし、マイケル・シーン(「フロスト×ニクソン」の人ですね)やサム・ニールの役どころも面白い。

    ラストが続編作る気まんまんなのが泣けた(笑)

  • 考古学とイギリスと冒険ものが好きならきっと楽しいな。

  • 「ハリー・ポッター」シリーズに続く、イギリスの大ヒット小説がついに映画化!

    ということらしくてね。
    でも、それにしては大分地味な印象だなぁ。

    1885年、ロンドン。
    博物館だかオークションだかで古美術品の説明をとくとくとする親父。
    それを見ている2人の息子。

    有るとき、一家の元をウィルと言う男が訪ねると、
    父母は兄弟2人を残して突然旅立つという。
    謎の言葉と一人に一つずつのペンダントを残して。

    そうです。2人の父母はお宝を守る組織の人たちで、
    悪人が悪用しようと秘宝を狙ってたのでした。

    ありがち!
    「ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!」とおんなじ!

    で、兄弟で父母を探したり冒険するのかと思ったら、
    速攻で弟はつかまって行方不明。

    兄ちゃんだけが頑張って、神出鬼没、変装自在のウィルの助けを受けて
    弟を探し、秘宝を守り、ついでに彼女も作る話でした。

    秘宝周辺の演出は「レイダース」くらいまで遡った感じですかね。
    「ハリーポッター」に続くにはちょっと地味すぎるかもしんない。

    ホテルのボーイに扮して忍び込むんだけど、
    そのあたりの下りは結構嫌いじゃないんだけど。
    (彼女作るあたりとか)

    まぁ、続編作る気まんまんのエンドロールでしたけどね。
    (兄弟、両親と会えないまんまだし)

  • 賢い青年マライアが強力な力を持つ秘法の謎に迫るアドベンチャー。主人公しか大切にされてない強引なストーリー展開が印象的で、彼に近ければ近いほど大変な目に遭います。特に弟が!!!(笑) 兄弟・家族ものの冒険、恋愛、スパイの子弟関係、悪役、宝物。アドベンチャーの王道が盛りだくさんというところがいいです。街に潜む子供を連れ去ってしまう魔物や、「黄金」の謎はひねりが効いています。あ、こうなるな!と読めたり読めなかったり。ビデオショップでの発掘作品として楽しめます。

全11件中 1 - 11件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マライアと失われた秘宝の謎 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マライアと失われた秘宝の謎 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

マライアと失われた秘宝の謎 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする