鍵のない夢を見る DVDコレクターズBOX

  • 31人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
  • 8レビュー
出演 : 倉科カナ  成海璃子  木村多江  高梨臨  広末涼子 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142016317

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鍵のない夢を見る DVDコレクターズBOXの感想・レビュー・書評

  • この作者の弱点だけど、人物造形が典型的過ぎて安っぽくて稚拙なところが、最初の2編でありありと出てしまっていて残念。
    いかにもミステリーな感じで、人間が真四角なパズルのピースみたいだった。
    その後の2編は自意識に絡む日常の話で面白かった。
    最後の1編はうーん。普通。

  • WOWOWにて。
    原作も読んだことあったから見ててだんだんと思い出してきました。1話の駄目男、駄目女っぷりはすごい。倉科カナちゃんの不幸感すさまじい。「真野くん、夢を見る力は才能だよ」「あなたがわたしを殺すんだから」 は名台詞。

  • 痛い。けれど他人ごとではないような話だった。
    ほぼ原作通りの展開だが、最後に次回の登場人物がちらっと出てくる感じもよかったと思う。
    事件的な話が多く、似た印象を持つものもあったが…
    人と自分を比べすぎて焦る、自己中、自分を正当化、といった共通点があるかな。自分も少なからず当てはまる。

  • 全編痛い女性が出てきて、序盤はあまりに痛すぎて観るのをやめようかと思った。
    こういう人いるよなーっていうのをより強調して表現している。

    後半は前半より痛さが弱まったため、何とか最後まで観ることができた。
    女優陣は結構豪華だったが、一番おもしろいなと思ったのは知らない女優さんが主人公の「仁志野町の泥棒」だった。痛さが一番弱くてわかる気がするからだ。

    第一夜のプロのサッカー選手になるのが夢である男性もその彼女である主人公もかなり痛い。

    小説を読むともう少し違うのかなー。

  • ダメ男役の林さん、最高でした

  • 原作が好きで見たが、忠実ながら女優陣が健闘している作品。それぞれ周りに焦って自分しかみえなくなっていく様がリアル。結果は切ないものもあるけれど、演技で言えば圧倒的に木村多江。好きな話は倉科カナ。

  • なんかいらいらするストーリー

  • 2話目の途中でギブアップ。。。

    設定の妙があるんだろうけど、
    登場人物に感情移入が出来なさすぎ。。。

    せめてどちらかに共感が持てれば、
    まだ観られた。。。

    作りも日本ドラマっぽくチープだし。。。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする