完訳 7つの習慣 人格主義の回復 [Kindle]

  • 438人登録
  • 4.19評価
    • (59)
    • (28)
    • (17)
    • (7)
    • (2)
  • 34レビュー
制作 : フランクリン・コヴィー・ジャパン 
  • キングベアー出版 (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (560ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀 辰雄
ロバート キヨサ...
岸見 一郎
D・カーネギー
伊賀 泰代
ヴィクトール・E...
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

完訳 7つの習慣 人格主義の回復の感想・レビュー・書評

  • 第一の法則 主体的である。
    全ての原因は自分にある。自分の影響の及ぶところにフォーカスしてその影響力を高めていく。

    第二の法則 終わりを思い描くことから始める。
    自分の人生を逆算して今から成功に向けた努力をする。

    第三の法則 最優先事項を優先する
    時間を緊急度、重要度にわけ、使い方を区別する。重要であり、緊急であることをなるべく減らせられるよう、重要であるが緊急度の低いことになるべく時間を配分していく

    ここまでで人間が依存状態から自立状態になる。
    私的成功は公的成功に先立つ。

    第四の法則 winwinを考える。
    自分のことだけでなく、相手のことも考える。

    第五の法則 まず理解に徹し、そして理解される。
    相手にとってのwinを理解して、そののちに自分のwinを理解してもらう

    第六の法則 シナジーを作り出す。
    相手のwinと自分のwinの双方を可能にする新しい案を確立する。

    第七の法則 刃を研ぐ
    第1から第6までの習慣を高めていく。螺旋状に成長していく

  • 今回、完訳版(新版)を初めて読んだ。旧版を約20年前に読んだことがあるので随分と懐かしい。最優先事項を優先する際に緊急性よりも重要性を優先すること。第II領域(予防、PCを高める活動、人間関係づくり、新しい機会を見つけること、準備・計画、心身をリラックスさせること)に力を注ぐ習慣は最も効果的だと思う。

  • 7つの習慣。本書に書いている事を実践する事は筆者の言う通り想像以上に困難だろう。
    しかし、ここに載ってある原則、自分の価値観ではなく、あくまで原則にのっとった価値観の下に行動すれば今までとは違った世界になるのではないかと思った。
    私が中でも非常に心に突き刺さったのは、第5の習慣「理解される前に理解する」である。
    そこらの自己啓発本では、相手に理解させることに重きを置いた小手先のテクニックばかりが紹介されているが、そのようなテクニックで得られる信用は、すぐに失ってしまう。
    私自身、この第5の習慣を読むまでは、相手の機嫌を伺い、自分の思い通りになるように相手を誘導していたように感じる。
    完璧にこの習慣をマスターする事は容易では無いだろうが、少しでもこの原則に近づけるよう、日々実践していきたい。

  • win-winの関係が一番難しいが、まず自分を制御していかに習慣をつけるということが重要ということを学んだ。
    ただページ数が多いので読むのには時間がいる

  • 自分に足りない習慣を知ることができます。一度にすべてを腹落ちさせることは難しいと感じます。時間を置いて読み返すことで更に気づけるのではないかと思います。

    「第三の法則 最優先事項を優先する」
    ゴールから逆算し、最重要事項を見極めます。緊急ではないけれど重要なことを後回しにしがちであることに気がつきます。

    「第五の法則 まず理解に徹し、そして理解される」
    対面では信頼されるための原則があります。相手が自分を値踏みしている間は、まず理解に徹します。短い返事で十分だと感じます。相手の話から感情を汲み取ります。相手の心が開くまでは辛抱が必要になります。

  • 翻訳が原因なのか単に内容が原因なのか分からないが、回りくどすぎて意味が頭の中に入ってこず途中で読むことを断念した本。

  • ページNo.1620/7817まで読了。途中で断念。

  • 昔一度読んだのだが、Kindle版が出ていたのでじっくり読み直してみた。
    原則に従って主体的に行動するというのは、著者も言うように、あらゆる宗教に通じる事であり、マインドフルネスしかり、宗教色をなくした言い換えに近い。海外の自己啓発ものはこれが非常に上手い。日本でやると、著者自体が持ち上げられすぎてカリスマになったりしてちょっと違う方向に行ってしまう。
    私が好きなのは、ところどころ挿入されている著者自身の家族の中での体験である。過剰に美化されることなく、本当にどこの家庭にでもあるような事と各習慣と織り交ぜて、読者の腹に落ちる素敵なお話に仕上げられている。
    家庭とビジネス。人生において多くの時間を捧げるこの2つに対して、自らのミッション・ステートメントを明らかにし、その実践を追求する。なかなか難しいが、道を逸れても思い出して戻るというのを繰り返して進んでいくのが人生かなと思う。いろいろ思い悩む毎日、、主語を『私』にして、present simpleで自分の行動を決めていきたいと思う。

  • 自己啓発本の類は嫌いだと食わず嫌いしていたものの、多くの人がお勧めするので読了。

    まっとうな内容で、よくある小手先のテクニックではなく「真摯に生きることの大切さ」を説いている。わが身を振り返って反省することばかり。自分の人生がよくわからなくなったときに、時々読み返したくなる本。

  • 成功をテーマ

    色々と七つの習慣について書かれているが、冒頭の以下の文章に全てが集約されていると感じる。
    「自分の最高の望みを達成し、最大の困難を克服したいならば、自分が求める結果を支配している原則や自然の法則を知り、それを適用する」

    七つの習慣については、以下のトピック
    ・主体的である
    ・終わりを思い描くことから始める
    ・最優先事項を優先する
    ・Win-Winを考える
    ・まず理解に徹し、そして理解される
    ・シナジーを創り出す
    ・刃を研ぐ

    良いなと思った一節のコピー

    人格主義「実りある人生には、それを支える基本的な原則があり、それらの原則を体得し、自分自身の人格に取り入れ内面化させて初めて、真の成功、永続的な幸福を得られると言うことである」ベンジャミン・フランクリン

    「信頼という土台がなければ、成功は長続きしないのだ」
    「人格こそが第一の偉大さであり、社会的評価はその次」
    「我慢強く心を開き続け、相手を理解したいという気持ちがなければ、人の話を本当に聴くことは出来ない」
    「もし、行動が感情に支配されているとしたら、それは自分の責任を放棄し、行動を支配する力を感情に与えてしまったからなのだ」

    「マネジメントはボトムラインにフォーカスし、目標を達成するための手段を考える。それに対して、リーダーシップはトップラインにフォーカスし、何を達成したいのかをかんがえる。」「成功の梯子を効率的にうまく登れる様にするのがマネジメントであり、梯子が正しい壁にかかっているかどうかを判断するのがリーダーシップである。」
    「効果的なマネジメントとは、最優先事項を優先することである。リーダーシップの仕事は、「優先すべきこと」は何かを決めることであり、マネジメントは、その大切にすべきことを日々の生活の中で優先して行えるようにすることだ。」

    「多くの場合、問題があるのは人ではなくシステムのほうである。」

    「顧客の立場を理解しようとする。 素人のセールスは、商品を売り、プロはニーズを満たし問題点を解決する方法を売るのである。
    プロは、どうすれば診断できるか、どうすれば理解できるかを知っている。本物のプロは、ニーズに合わなければ、「私どもの商品は、お客様のご要望にはそぐわないのではないでしょうか」と正直に言う誠実さも持っている」
    「消費者の購買習慣や購買動機を理解せずに商品を開発しても、うまくいくわけがない。」


    「大勢の人を救おうと一生懸命に働くよりも、1人のために自分の全てを捧げる方が尊い。」ダグ・ハマーショルド国連事務総長

    「繰り返し行うことは、たやすくなる。行う作業の質が変わるのではなく、行う能力が増すのである」エマーソン

  • Amazonプライムで、無料で読んでみました。
    話しはとても長く特別なことは書かれていないが、実行をしてこそはじめて意味を持つ。
    7つの習慣を地道に実行していくことで、鍛錬されるのは共感できる。
    今までの生き方や人との触れ合い方を見直すのに良い本である。

  • 顧客がクレームを言ってきたら、どんな些細な問題でも、店員は客と店の信頼関係を深めるチャンスと捉える

    仕事が少なければできると思います。時間をかけて相手のことを考えられるからです。

    抱えきれないくらい仕事が多くなると、余裕がなくなり難しくなります。できるだけ効率的に取り組むにしても限界があります。

    こんなことできたら良いなと頭の中で思いながらも、日々の仕事に忙殺されて実行できない日々が続いています。これも、日々の仕事を優先度が高いものとし、自ら選択した結果なのでしょうか。

    釈然としません。自分にとってはどうでも良いと思いながらも、組織力学で惰性で続いているものが多い気がします。本当に無駄だと思えるのなら、それを破壊すべく実行に移したいものです。それにも膨大な時間が必要なのですが。

  • 学生・社会人なりたての方におすすめする本。たまに読み直していく1冊になりそうな予感すらします。

  • 自己啓発本の集大成というか、王道中の王道というか。前半の自分に関する習慣についてはふむふむと読めていけたが、後半は読み進めていくうちにくらくらしていった。よく生きる、とは中学生でも知っているような歴史的名言ではあるが、これを実践することの困難さは年を重ねる毎に重くのしかかってくる。

  • 言わずと知れた世界的名著『7つの習慣』。
     
    私の師と仰ぐ方が毎年初に読み返す、という話をしていたので、私も久々に読み返してみました。
     
    ただ当時出版されたものからリライトされたものが新たに出ているので、折角なのでこちらを読んでみました。
     
    『私的成功』と『公的成功』、『最新再生』。
    ビジョン、リーダーシップ、最優先事項、相互依存、Win-WIn、シナジー、最新再生。
     
    これらのキーワードから自分の進むべき方向を定めて、前に進んでいく。
     
    1年に1回、年初に思い出して、自分の歩みを見つめ直すことが大切ですね。
     
    読み直してみて良かったです。

  • 何よりもミッション・ステートメントを作るのが大変な作業だと感じた。自分は何を目指すのか考えていきたい。

    公的成功の習慣については、正直、家族や友達に「ミッション・ステートメントを作ろう」とは言えない。でも、相手の立場で考え、自分の考えを押し付けない、という何度も耳にしてきた接し方を意識していきたい。
    と、言うとテクニックのように聞こえるが、相手のことを思うからこそだと本書を読んで分かった。

  • 言っている事はどれも正しく、間違えではないと思う。でもそれは裕福な理想論者の発言の様。

    得るものがない訳ではないが、それを現実に取り入れるには、よく自分なりに解釈して実践に移さなければならない。

  • 刃を磨くという表現好き。

  • 今年のミッションステートメントを書き上げるために再読。読み返すたびに違う部分に関心が引き寄せられるのは、成長というよりも、自分のできること、できないことがわかったきたせいか。常に新しい気づきをもたらしてくれる一冊。

  • 最近仕事にやりがいを見いだせていなかったのですが、私にミッションステートメントがないことが理由ではないかと気づきました。
    自分は何かに依存しやすい傾向があるのですが、自律していくためには人生の目標について考える必要があることを教えてくれました。

  • 人とはどのようにあるべきかを成功哲学とマッチさせながら書いている。一つ一つの言葉がよく染みる本。

  • もっと若い時に読んだほうがよかった。
    紙の書籍でも購入すべきかな?
    プライム特典月1冊無料で入手

  • amazonプライムのおためしでKindleで読めたので呼んだ。

    信頼残高の話は、以前別の本で出てきたが、こちらの方が元かもしれないなーと思った。

  • 非常にシンプルかつ納得感のある内容。節目毎に読み返したい本。

全34件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

完訳 7つの習慣 人格主義の回復を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

完訳 7つの習慣 人格主義の回復を本棚に「積読」で登録しているひと

完訳 7つの習慣 人格主義の回復のハードカバー

完訳 7つの習慣 人格主義の回復の単行本

ツイートする