ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック [DVD]

  • 31人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
監督 : 蔵方政俊 
出演 : 有野晋哉  吉井一肇  平祐奈  阿部考将  松島海斗 
  • Happinet(SB)(D) (2014年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953062504

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 1986年の子供達の話だと思ったら、以前課長が挑戦した映像が大半をしめる作品で、なんだかなぁという思いが終始付きまとう。
    いや、いいんですよ。「マイティボンジャック」という鬼畜すぎるゲームを課長が諦めず挑戦する姿は素晴らしいし後半は一緒になって「あぁぁぁ」って言ってる自分もいましたし。
    でもこれを劇場で公開するのはどうだろう?と。
    初見の人なら新鮮でしょうが私みたいにいつも見てる人なんかは正直納得出来ない作りなのでは?っと思えて仕方ないです。実際私も納得出来ないです。
    1986年の子供達の話をメインでもっとやってもらいたかったです。
    また1986年の方は笹野商店や東島中学校とかちょいちょい小ネタを入れてるし元ADさんも出ていたりとムフフっとなったりしますし、SEGAの名越さんまで登場してたりとそういう楽しさはありますので尚更子供達の話だけでやってほしかったなぁという思いが強かったです。

  • 元の番組は見たことないです。
    ゲームプレイパートとドラマパートに分かれています。
    最初は、微妙なドラマを挟んで「早くゲーム見せろ」と思うのだが、同じことの繰り返しで後半ゲームも飽きてきます。
    ながら見にちょうど良い作品です。

  • 「ゲームオーバーじゃなかった
     大人になることは
     終わりなんかじゃなかった」
    ——エンディングテーマより

    映画……ではなかったw
    実際のゲーム番組の映像パートと、フィクションパートが混在する、ある種のメタ作品である。
    で、この各パートが意味を持ってリンクしてくるわけでもない。
    一応謎リンクはして、主人公・ダイスケが使った裏技が実はウソテクだったということが判明するんだが、あれはだから何だったんだろう?
    いやそれ自体の事実は面白いけど、話の上ではその裏技使うシーン終わっちゃってるし、意味がないような……。ウソテクだったのか! と納得だけはできるが、ようやく終盤で二つのパートがリンクして得られるものがたったそれだけなのか? うーん、なんの感動もない……。
    せめてダイスケが先輩のうちに乗り込む前にこの事実が判明して、それが役に立つとかだったら多少は意味があったと思うんだが。

    ……とまあいろいろ文句をつけたくなるけれど、ま、こうやってあれこれ考えちゃうようなユルさこそ、製作側の狙いだったのかもしれない。
    「こんなえいがに まじに なっちゃって どうするの」
    というところか。
    なんだかんだで気楽ーに楽しめました。

  • ゲームセンターCXを初めてきちんと観たけど面白いな。

  • ひいきめありだが、これはない。

  • ■タイトル名

    タイトル名:ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック

    ■概要

    時は1986年。ファミコンと『週刊少年ジャンプ』をこよなく愛する
    少年ダイスケは、憧れのヒロイン・クミコとファミコンソフト
    『マイティボンジャック』の話で意気投合、ソフトを貸す約束をする。
    有頂天になるダイスケ。ファミコンをやってて本当に良かった!
    しかし、ビーバップかぶれのヤンキー加藤に『マイティボンジャック』
    を奪われてしまう。
    さらに、そのソフトは最凶にして最強、伝説のヤンキー安倍先輩の
    手に渡ってしまった。
    カリパクの危機を迎えたダイスケの『マイティボンジャック』。
    このままクミコとの恋も終わってしまうのか!? 意を決したダイスケ
    はヤンキーの巣窟、安倍先輩の部屋に向かうのだった―。
    (From amazon)

    ■感想

    そこまで期待していなかったけど、期待通り。
    これは、ひどい。
    まず、これを映画と言ってファンに金出させるのはどうなのよ?
    そもそも、使い回し映像が7-8割ぐらい占めてないか?
    この映画観る人は番組のファンなわけで、過去の映像はほぼ全員
    見ているだろうよ・・・・
    そんなの分かっているはずなのに・・・・
    目先の金に目がくらんで、長期的な視点でファンの心理を見抜けな
    かったのかな?

    中学生のストーリー部分も、もはや映画のクオリティではない。
    これ、5分、10分ぐらいでミニコーナーで流せる内容のレベルじゃないか!?
    一緒に観た人も、「脚本家だめじゃない?」と言っていたよ。

    これ、映画館で観た人よく暴動起こさなかったね・・・・
    DVD化しても売れないだろう・・・・
    もしも、観たければ絶対にレンタルがオススメです。

    ファンをなめていると痛い目見るよ・・・
    私も最近DVD買わなくなったしね・・・

    これ、いつか地上波でやるのかな??
    番組知らない人、この番組自体がつまらないと思う事請け合い。

    とにかくファン以外は観るものでは無い。

    ■自分がこの作品のPOPを作るとしたら?(最大5行)

    ゲームセンターCXの番組とは、あまり関係ないと思ってみてください。
    少なくとも番組はこの映画より面白いです。これはつまらないけど。
    これ、誰が責任もってGO出したんだろう・・・・
    よく首飛ばないな・・・・・

  • 『ゲームセンターCX』をどうやって映画にするんだろう、と半信半疑で鑑賞したが、これはアツい! ただでさえ過酷な「有野の挑戦状」の中でも、4日間にわたる死闘をくり広げたマイティーボンジャック編。ファミコン時代の超ハードな(バランス悪い)ゲームにチャレンジするのは、ヘタすると無人島0円生活よりもツラいかもしれない。単調なゲームを何度も失敗し、振り出しに戻るイライラ感。時間のかかる無限増殖で増やしたライフが残り少なくなっていく焦燥感。挿入された1986年の物語編と公開収録が奇跡的にリンクする場面は感動的ですらある。ジャンプ世代には共感しまくりの小ネタや映像遊びも満載で、思わず胸アツ。☆4

  • 有野晋哉が懐かしのゲームに挑戦するゲームセンターCXの映画版。
    2006年、有野課長はマイティボンジャックのエンディングを目指してプレイしていた。
    一方、1986年、ダイスケはクラスメイトのクミコからファミコンソフト“マイティボンジャック”を貸して欲しいと頼まれる。

    マイティボンジャックなんてクリア出来るのか!?と思ったら・・・。
    結末は実際に見て確かめてね!

  • 劇場版にするためにはこういう感じで展開していくのねーという感じだった。
    上手くまとまっている気がしたので個人的にはいいかな、と思います。
    ゲームセンターCXのリアルイベント、行ってみたいと思った。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする