メイジーの瞳 [DVD]

  • 206人登録
  • 3.91評価
    • (17)
    • (41)
    • (17)
    • (2)
    • (1)
  • 34レビュー
監督 : スコット・マクギー  デヴィッド・シーゲル 
出演 : ジュリアン・ムーア  アレキサンダー・スカルスガルド  オナタ・アプリール  ジョアンナ・ヴァンダーハム  スティーヴ・クーガン 
  • ポニーキャニオン (2014年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013022980

メイジーの瞳 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロックシンガーの母スザンナと美術商の父ビー
    ルが離婚し6歳のメイジーはそれぞれの家を
    10日ごとに行き来することになってしまう。
    そんな中父は元ベビーシッターのマーゴと再婚
    する。一方の母も対抗するようにバーテンダー
    のリンカーンと再婚する。いつしか両親は自分
    たちのことにかまけてメイジーの面倒はもっぱ
    らマーゴとリンカーンがみるようになる。
    離婚した両親の自分勝手な言動にふりまわされ
    ながらも健気に自分の居場所を探し求めるメイジーの姿を描いた感動のドラマです。
    母親の役をジュリアン・ムーアが演じ、父親の
    役はスティーヴ・クーガンが演じていました。
    この作品も心に染みる映画でした。

  • どうして子どもを守らなければならないか。
    この複雑な経済社会で生きていくのには、
    子どもの力だけで毎日を切り開いていくことはとても困難だ。

    必要以上に子ども扱いしないことはとても大切だろう
    でも、見守ることを止めちゃいけない。

    子育ての覚悟とは、何を指すのだろう
    惜しみない愛を注ぐこと?
    衣食住を提供すること?
    必要な教育を与えること?
    暴力をふるわないこと?

    実の子でない子どもを育てることになろうあの若いカップルは
    どんな覚悟を持っていたのだろう

    子どもに「大好きよ」と伝えることは何よりも大切、と言われる
    なのに、この映画で何度も出てきた「アイラブユー」は
    どうしてこんなに信じられないのだろう

    言葉だけのアイラブユーよりも
    子どもの命と心に誠実であることが大切なんじゃないか
    それが例え自分の考えとうまく沿わなくても、だ。

    それはつまり、
    子どもの意志と考えに敬意を持つことなんだろう、きっと。

    そしてこれは子育てだけじゃなく、
    ひととひとの間でも同じなんだろうな。

  • メイジーがただただ可愛い。
    大きく純粋な瞳、細い手足、サラサラと流れるような髪、
    気の抜けた返事からくしゃっと笑った笑顔まで。
    すべてが愛おしい。

    そんな彼女の周囲のオトナたちは自分勝手な人ばかり。
    ”大好きだよ”、”世界で一番愛してる”だなんて、口で言うのは簡単。
    相手の心が満たされているかどうかが大切なのだ。

    あんなに口喧嘩ばかりする姿を見せられても、
    メイジーはママもパパも大好きなのだ。
    とても優しい、とても気丈な女の子。
    子供はオトナを見て、感じて、成長する。

    リンカーンと遊んでいる時のメイジーがとても好き。

  • 翻弄されつつも、両親が自分に示す気まぐれな愛情を受け止めるメイジーの健気な姿や、気丈な彼女がついに零す涙にすっかりやられてしまう。両親を悪者として糾弾するだけの単純なストーリーにならず、身勝手なりに娘を思う親の気持ちや、それがメイジーに伝わっていることも描かれているし、メイジーがやっと見つけた安息を母親が受け入れるラストの描き方も好感が持てる。映像が爽やかで美しく観ていて心地よいし、マルゴ役のJoanna Vanderhamが個人的にツボ。今後も活躍して欲しい。

  • ロックスターの母親と、絵画ディーラーの父親を持つ6歳のメイジー。愛されてはいても、両親は忙しく自分勝手で破天荒。両親が離婚することになり、親権を手放さないふたりの間をメイジーは10日ごとに行き来することに。
    忙しい両親の代わりにメイジーの相手をするのは両親の新しいパートナー。元シッターのマーゴと、バーテンダーのリーンカーン。
    勝手な大人達の都合に振り回されるメイジーの視点で描かれた映画。
    とにかく、最初から最後までメイジーが可愛い。本人も可愛いし、ファッションもめちゃくちゃ可愛い。
    辛い状況に置かれても、メイジーはほとんど口答えしないし、思ったことの半分も口に出さない。
    言っても仕方がないこと、を初めから知ってるから。この幼いながらの悲しみに満ちた諦念の演技が素晴らしい。
    みんな勝手だと思うけど、シッターのマーゴもちょっとどうか、と。父親と結婚なんかせず、シッターとして雇われたまま、メイジーと離婚家庭の行き来して世話してやりゃ一番だったんじゃ・・・という気がして。まぁ、そうしたら映画にならないんですが!
    メイジーに愛情をかけて世話してくれるいい子なんですが、なんだかなぁ。ともやっとしてしまうのよ。
    しかし、子供を育てるのに必要なのは何かっていうのを考えさせられる作品。
    メイジーは決して不幸な子供ではないのだけれども。自分勝手に押し付けられる愛だけじゃ、生きてはいけないよね。

  • 子どもにとって両親の離婚はいうまでもなく大事件ですが、さらに裁判にまきこまれ、いがみあう2人の間を行ったり来たりし、知らない人に預けられ、さらに、両親がそれぞれ違う相手と結婚したりまた別れたり・・・ということになると、おそろしく複雑な状況に翻弄されることになってしまいます。
    理不尽な扱いを健気に耐え忍び、周囲の大人たちに気遣いさえしてみせるメイジーちゃんを見ていると、大人中心の世界で子どもであるということは実に辛いものだと、同情や感心を禁じ得ません。
    しかしこの映画は、あくまで子どもの視点に徹しながら、「子どものため」を振りかざして親たちを弾劾しようとはしません。ジュリアン・ムーア演じる母親や父親はたしかに「親失格!」と烙印を押したくなるような身勝手な人たちではあるけれど、彼らは彼らなりに子どもを愛しているのであって、メイジーだって、それはちゃんと知っているのです。彼らが知らず、メイジーが知っているのは、子どもが安心して生活できるのは、愛しているかどうかとか、親としての権利うんぬんとは別のことなんだよ、というシンプルな事実。そして、親としての責任や倫理観を強調する世間の道徳とも、また別のことなのです。
    2人の親たちに棄てられた子どもと恋人たちが集まってつくる新しいファミリーのあり方、ジュリアン・ムーアの母親が最終的にそれを認めて道を譲る態度も、とても興味深い。
    「子どもの福祉」をダシにする道徳映画とは一線を画した、デリケートで地に足のついた、美しい子ども映画の傑作がまた一つ誕生しました。

  • 離婚する両親の間の娘視点。
    かなり珍しい設定。

    両親がどうしようもなくて、
    ず〜とイヤな気持ちで観ていないと
    いけないので、ツライ。

    最後に何とか救われる。
    結構、衝撃的問題作。

  • 2017.2.19(自宅)

    原題「What Maisie Knew」

  • 話はこれといってなんだけど
    メイジーちゃんをずっと見ていられます。美しい子供ってやつです。

  • 20161127
    10日間ごとに両親の家を行き来する生活はとても不安定で自分がいったいどこに立っているのかわからなくて気持ちが落ち着かないだろうなと思った。リンカーンのバーに母に置き去りのようにされたとき、一時的に預かった女性の家で帰りたいとなんどもつぶやいていたシーンはみていてとてもつらかった。いったいどちらの家に帰りたかったのだろうとおもったけれど、そういった単純な意味の帰りたいではなかったのかもなあ。
    さいごの母親がメイジーの気持ちを考えて2人に預けることを決めるところで、今まで自分本位に子供を引っ張り回していたことにやっと気づけたのではないかなと思いました。自分が嫌いになったのかとはじめヒステリーになったけど娘の瞳から言葉はなくともこの子のためにはどうすべきか理解したような気がします。そうかんがえるとこの邦題はとても作品にあってるんだな〜と思いました。

    あと内容には関係ないですがお部屋のこものやメイジーのお洋服などがとてもかわいくってみていてとても楽しかった。映像の撮り方というか視点のセンスもよかったです。

全34件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

メイジーの瞳 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

メイジーの瞳 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする