マン・オブ・スティール [Blu-ray]

  • 33人登録
  • 2.90評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : ザック・スナイダー 
出演 : ヘンリー・カビル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケビン・コスナー  ダイアン・レイン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967096071

マン・オブ・スティール [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 『マン・オブ・スティール』
    観た( ̄ー ̄)

    クリプトンが滅亡するので、ジョー=エルは息子カル=エルにクリプトンの未来を託してこれを地球に送り込み、送り込まれたカル=エルはクラーク・ケントとして育てられるが、自らに宿った力と使命の大きさに葛藤し、葛藤しているなりにもその本性はどうや人類に対する慈愛を備えていたのであれやこれやで地球救う。

    ラッセル・クロウというキャスティングで察するべきだったのかもしれないが相当に重いし暗い映画である。

    好みの問題はあるのだろうけど壊し過ぎだし殺し過ぎではなかろうか。

    ゾット将軍一人やっつけるためにマンハッタンが壊滅されたという事実には呆然としてしまった。

    あと、悪役どもが非情で冷酷で幼稚な上に戦い方がどこか狡い。何だあの変なスーツ。しかもそもそもが幼稚な精神体系に染まっているのか、自分達の戦い方が狡いとは思ってもいないようなところにイライラする。

    レックス・ルーサーの場合は自分が卑怯で姑息だということをちゃんと楽しんでいたから良かったのである。

    文句あるなら観るなと怒られると反論できないのだけど、
    「スーパーマン」
    の映画だと思って楽しみにしていたのでこれにはちょっと戸惑った。。やっぱりバットマンとは素材が違うのだと思う。

    アクションと美術の水準はすごい。

  • 採点:7.0点
    シリアス系ヒーロー物としては最高クラスのクオリティ。どのくらいかっていうとダークナイトとライジングの中間くらい。でももう少しダークナイト寄りの方が俺は好み。よくわからない言い方だけど…。(コダックスを)盗んだ男、っていうタイトルもかっこいいよなー

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マン・オブ・スティール [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マン・オブ・スティール [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マン・オブ・スティール [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする