漫画貧乏 [Kindle]

  • 178人登録
  • 3.78評価
    • (15)
    • (29)
    • (17)
    • (5)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 佐藤秀峰
  • 佐藤漫画製作所/漫画onweb (2012年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (184ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

漫画貧乏の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  佐藤秀峰は、性格に難のある狷介な人物という印象があった。
     本書を読んで、マンガの未来を真剣に憂えている人物だと、認識を新たにした。
     紙媒体のマンガ単行本は、将来的にLPレコードのようなコレクターズ・アイテムになるのではないか、という指摘に唸らされた。
     マンガ表現が滅びることはない。これは確かだ。
     しかし、旧来のマンガ出版は絶滅危惧種のようなものだろう。
     紙芝居から貸本劇画を経て、商業誌に遅咲きデビューした水木しげる先生の生き残りテクが、マンガ家たちに望まれる端境期。

  • 再読。新しいことをつくるのは人はこういう激しい人なんだろう。

  • おもしろかった!
    今まで(一発当てれば)夢の世界だと思っていた漫画家という職業も、経済という大きな歯車の1つでしかないということが分かった。
    意欲のある若者の才能を利用することでまわっていた世界(若者側もそれを良しとしていたのだが)が変わり始めているのだろう。
    漫画や雑誌はそれが顕著だが、他の業界もまったく一緒で、何かに依存せず自立していかないといけないのかと思った。
    サラリーマンの自分には耳が痛い。

  • 理不尽さや狡猾さが許せない純粋さはわかる。
    自由業は仕事依頼がないとどんなに有能でもそれまでなので、苦労は多そうだ。
    さくらももこが細かくて衝突が多かったとちびまる子のスタッフが書いてるのを読んだことがある。長谷川町子みたいに描くだけ描いて丸投げした方が生きやすい。
    でも、汚さを許せない真っ直ぐさ、自分の作品を愛している人は嫌いじゃない。
    才能溢れる人なのでウェブでも読みたい。

  • 佐藤秀峰の漫画家としてと言うより経営者としての苦悩が伝わる一冊。
    出版社とのやりとりは泥仕合で、全体的に読後感はよろしくない。

  • kindleにて無料本。
    作者の作品は以前ブラックジャックによろしくのみ、
    単行本を買って読んでいた。

    こちらは漫画家サイドの意見のみを載せているため
    出版社側の意見もあるとは思うものの、
    制作に生活をすべてかけている漫画家と、
    言ってしまえばサラリーマンの出版社(編集者)では
    かける重みが変わってくるんだなぁ。と。

    本書を読んでいて
    「あれ?ブラックジャックによろしくを読んでる?」という気分になるくらい
    作者の行動と斉藤くんの行動や思考が一致するというか
    あれは医療だけじゃなく、出版業界に向けての怒りの漫画でもあったのかなぁ、と
    今更になって思ってみたりして。

    もちろん生活が懸かってるので真剣なのはわかるけど
    あまりにも心情が密すぎて、読んでいて辛い…。
    ブラックジャックもそうだけど、もうちょっと…
    仲間を募るとか、うまいやり方がある気がするのですが。
    孤軍奮闘、かっこいいんですけどね。
    ただ、いくら頑張っても、ああいう感じだと
    あまりハッピーな方に動かないんじゃないかと…
    応援したくても重すぎて気軽に手を貸せないというか。


    ただ、最後の方にある漫画家さんから言われた
    「君のやってることは戦争だ。血みどろの戦いに参加したい作家はいない。もっと楽しそうにやりなよ。」
    に対して
    「産まれる時は誰でも血みどろじゃないか。」
    はすごく感動しました。

    今後も頑張ってほしいし、
    頑張ってほしいからこそ、糸が切れないやり方も
    模索してほしいな。

  • 無料だから読んでみた。

    著者の作品のうち、「海猿」はヤングサンデーでリアルタイムに読んでいた。「ブラックジャックによろしく」は最初のうちは単行本も買って読んでいたが、だんだん読まなくなっていつの間にか休載になっていた。
    本書を読むと、著者のキャラクターは「ブラックジャックによろしく」の斉藤そのまんまなんだろうなぁと思う。

    主張したいことは分かるし、それなりに正しいと思う。新しいことを始めるのは応援したいとも思う。ただ、著者も「もっと楽しそうにやりなよ」と言われたと書いていたが、著者の怒りの気持ちが表れ過ぎていて、読んでて愉快な気持ち、前向きな気持ちになれない。

    とことで,著者のサイト・サービスはkindleには対応していないんだ?
    今後はどうするんだろう?

  • kindleで無料だったので。内容的には先日読んだ『作家の収支』(森博嗣)のマンガ家バージョン。自分の原稿料や収入について赤裸々に語っている。……が、森氏の著作が淡々と事実のみを語っているのに対し、本作はどちらかというと著者の出版社に対する不信感とか出版業界の慣例の歪み、マンガ家の地位の低さなどを問題視し、自分が世界を変えるために行動を起こすまでのいきさつなどが綴られている。読んでいると「やっぱり出版業界はダメだな」と思えてきてしまうので元気があるときに読もう。

  • 漫画家達の悲惨な状況が分かった。
    著者は漫画家として素晴らしい上に人間的にも素晴らしい。

  • 漫画って、ここまで儲からないものなのか。
    100万部ヒット、年商2億2000万円でも年収にすると凡そ3000万円。それも漫画家全体の中で僅か1%が享受できるのであって、その他99%はそれ以下である。

    本書を読むと、出版社や書店、様々な利害関係がある中で最も損をしているのが、漫画を書いている漫画家自身だということが分かる。漫画を書くために必要な諸調査の経費は自分持ち、無事書籍化すれば経費回収できるが、できなければそのまま身を削ることになる。

    今後紙媒体での漫画は衰退すると言われる中で、著者はWEB媒体での漫画を考案する。それは漫画onWebという形で成就した。その経緯も掲載されており、著者の熱意には圧倒された。

全27件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

漫画貧乏を本棚に「読みたい」で登録しているひと

漫画貧乏を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

漫画貧乏を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

漫画貧乏の単行本(ソフトカバー)

ツイートする