ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]

  • 344人登録
  • 3.77評価
    • (35)
    • (78)
    • (56)
    • (9)
    • (1)
  • 65レビュー
監督 : ジャン=マルク・ヴァレ 
出演 : マシュー・マコノヒー  ジャレッド・レト  ジェニファー・ガーナー  デニス・オヘア  スティーブ・ザーン 
  • Happinet(SB)(D) (2014年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953061194

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 米国に実在したHIV感染患者の半生を映画化し
    た作品。女遊びと賭博に明け暮れる電気技師の
    ロンはHIVに感染し余命30日と宣告される。
    病院での治療に限界を感じた彼は、世界を巡っ
    て最新薬を入手して他の患者にもさばくダラス
    ・バイヤーズクラブを設立し製薬会社や政府の
    規律と戦っていきます。
    この作品の主演を演じたマシュー・マコノヒー
    はこの役のために21㎏も減量し主人公のロン
    を見事に演じていました。
    マシュー・マコノヒーが、アカデミー賞主演男
    優賞に輝いたのが納得の映画です。

  • ただ生きるのに一生懸命なだけ

  •  1985年のダラスでエイズになったカウボーイが自らエイズの薬を売る商売を始めた実話を映画化。

     冒頭のエイズ告知のシーンで医師と看護婦がいそいそとマスクをつけるのに笑うが、当時は今よりもずっとエイズが怖がられてて偏見に満ちあふれていた。そしてエイズの偏見は同性愛の偏見とも重なっていた。
     マシュー・マコノヒーの痩せっぷりと迫力に圧倒される。余命1ヶ月と言われた主人公が数年も生きたのは治療法が正しかったというより治療薬を手に入れたいというエネルギーとその中での人々との交流によるものだったのだと思う。

  • 「マジック・マイク」でストリップクラブオーナー役が 印象的だったマシュー・マコノヒーが実話を元にした本作での主役を演じます。

    主人公のロンは、西部男丸出しのロデオ・カウボーイ(&電気技師)。
    日々、賭け事や女遊びで大騒ぎ。

    が、ある日そんな彼が「エイズで余命30日」と宣告される。
    当時(80年代)はHIVはゲイのかかる病気とされ、
    患者は差別を受けたものだが、その当時の物語。

    かつての悪友達は、ロンをオカマ野郎とののしり、
    ツバを引っ掛けられて超ビビったり。

    ただ、そんなHIVに対しての偏見の被害者になったロン自身、 ゲイを忌み嫌うという、これまた西部男丸出しな価値観を持っていたり。

    しかし、余命30日って…
    そう簡単に死んでたまるか、と奮起したロン。

    調べてみると、最新のHIVの治療薬が存在することを知る。
    しかし、まだ臨床実験段階、という事で承認がおりておらず、
    アメリカでは古い、効き目の無い(副作用まである)薬を使っていた。

    そこでロンは、様々なつてを使い、メキシコ・東京など世界中をめぐって
    アメリカ未認可の薬を買い集め、自身はそれを使用することで、
    余命30日の宣告をあっさり打ち破る。

    そして、同じようなHIV患者達に薬を売りさばき、
    金儲けと人助けを両立しようと頑張るわけですな。

    その中には勿論かれが忌み嫌ったゲイたちも多く、
    特に病院で知り合ったレイヨンはビジネスパートナーとしてかけがえの無い存在になって行く。

    …ってな訳で、その後ロンの行動を認めない国や医療界に立ち向かっていくわけですな。

    もともと、自らの信じる正義、みたいな物に固執する傾向がある男で
    「男らしい男」以外を認めない、的なところがあって、やたらツッパッテる感じのオッサンだったんだが、
    戦うためのベクトルが
    「生き延びること」>「それを邪魔する国に思い知らせること」>「同様に国のせいで悪い薬を飲まされてる奴らを助けること」
    という感じで、いい具合に人のためになる方向へ進んでいった、って気がしなくもないね。

    結局その後ロンは亡くなっちゃうんだけど、その際に「2千何百日後」みたいなのが出て、ちょっと笑った。
    余命30日ってのはなんだったんだよ。

    マシュー・マコノヒーはこのロンをガリッガリにやせて演じておりましたが
    この役もなかなかよかったなぁ。
    レイヨン役のジャレッド・レトと、アカデミー賞を含むその年の主演・助演賞を受賞しまくっていたのも納得だわ。

    で、このジャレッド・レト。
    スーサイド・スカッドではジョーカーを演じるそうで。楽しみだねー。

  • wowowで録画視聴。字幕版。
    話題作、マシュー・マコノヒー主演ということで観てみました。
    享楽的な生活をしていた男が体の不調を覚えて病院へいくとHIVの宣告を受ける。HIV=ゲイの行為による感染という偏見が根強く、本人もゲイへの偏見が強かった主人公は当初、自分がHIVであると言う事自体に疑いと拒絶反応を持つが、余命30日という宣告への恐怖から未認可新薬や少しでもいい治療法を探し、病院に頼らず自分たちで信じた薬を仕入れ、それを同じ病気の人たちへ売り捌くダラス・バイヤーズクラブを立ち上げる…というあらすじ。
    実話を元にしているようですが、もうずいぶん前のことでHIVへの感染が広まってからもそれほど時間が経ったのか…と改めて実感しました。
    今も特効薬のないこの病、しかも感染経路に実際同性との行為からの可能性が高いとあれば、当時の偏見の目はいかほどだったろう…と察せられます。
    ただこの話はけしてお綺麗な展開では無く、主人公から完全にゲイへの偏見が無くなった訳でもなく、周りが変わった訳でも無い。本人の手に負えない女好きは変わらないし共にクラブを経営したゲイの男性のコカイン中毒も全く変わらない。
    自業自得と言ってしまえばそれまでだけれど、病気になったからと言ってただおとなしく必死で延命することが出来なかった気持ちも伝わってしまう。
    必死で自分たちで道を拓こうともしている。そして自分だけが良ければそれでいい訳ではないと足掻いている。
    うろおぼえですが「少しでも長く生きるのに必死過ぎてなんのために生きているのかわからなくなる」といった事をマシュー・マコノヒー演じるロンがぼやいたのが酷く胸に刺さりました。
    マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、二人とも元のビジュアルを思い出せないほどに痩せこけた姿への調整は確かにすごいのですが、それ以上にどうしようもない人間の中にある魅力を見事に魅せる演技に打ちのめされました。
    その生々しい個々のいきざまが、愚かなのに愛しくなる。どうか奇跡が起きないのかと祈りたくなる。
    結果、奇跡が起きるわけではないけれど、足掻いた事、必死に取り組んだことはけして無ではないと言える結果が残って多くの人を救ったけれど、彼の中で一番はきっとそんな事ではないのかもしれない。
    愛した女がいて、バカな友がいて、最後までロデオが出来た。それが彼の生きる意味だったかもしれないし、そうであればいいと思った。

  •  エイズにより余命30日を宣告されたロン・ウッドルーフ。彼は新薬ATZの処方を希望するが、いまだ臨床実験中の薬の処方は認められずロンは藁にもすがる思いでメキシコに向かいエイズの処方箋を手に入れようとする。

     まずロンを演じるマシュー・マコノヒーのガリガリっぷりがすごいです。本当に病人のような痩せかたから相当減量したことがうかがえます。

     そしてウッドルーフとのちのちコンビを組むトランスジェンダーのレイヨンの色気も魅せます。レイヨンを演じたジャレッド・レトも減量したらしく、それぞれの本気の役作りからの演技が非常に伝わってくるように思います。

      描かれる物語は法や制度の理不尽さに対し、戦った男の物語というところでしょうか。メキシコから帰ったあとロンは未承認のエイズの症状を抑える薬を売る仕事をはじめます。迫りくる死におびえ泣いていた男が仕事を続けていく中で息を吹き返し、法や制度の矛盾と戦う姿がとてもタフネスで勇気づけられました。

     ラスト近くのロンの言葉が最も印象的です。
    「死なないことに必死過ぎて生きてる心地がしない」
    余命30日から生還し、度重なる摘発や厚い司法の壁に挑んてきたロンはもはや怖いものなしなのかな、とも思っていたのですが、体内にエイズを抱え続けている恐怖に常に囚われていたのだなと気づかされ、
    彼がほんの少し覗かせた弱さや不安に改めて気づかされる名場面でした。

  • 請求記号:15D124(館内視聴のみ)

  • 実話っていうのが何よりすごい。なんというバイタリティ。生きるってこういうことだよな、としみじみ。

  • 今にも死んでしまいそうなくらいの激痩せっぷりにドキドキした…ほんと命削って演技している感がすごかった。よかった。実話を基にしてるってやっぱり心に訴えかけてくるものが大きいね。

  • 「死なないことに必死で、生きている心地がしない」

  • すげー良かった。

  • 心べこべこになった。よく生きた!

  • 字幕: 不明

    ま、アカデミー主演獲るよね、これは。
    作品そのものに関しては、実話を基にしているし、特記することもなく。

    (以下余談。)
    字幕が一部で批判されているらしいのだが、そこまで言われるほど雰囲気が変わっているようには感じなかったかも。

    ただ、もしかしたらDVDの段階で多少修正されているのかもしれないし(劇場で観てないので知りようがない)、軽くググッても翻訳者の名前が出ないのは、配給側と字幕制作側で折り合いがつかなかった可能性はあるのかな。(…と余計な「大人の都合」を考えてしまう。)

  • マシュー・マコノヒーの減量ぶりにただただ驚いた。
    最後に拍手で迎えられるシーンがとても良い。

  • ロンとFDA、どちらが多くの人間を救ってきたか、と考えながら観ていた。
    ロンとレイヨンがスーパーマーケットで買い物をしているシーンが好き。

  • 痩せてもビックリしなくなったな。
    役者は大変な時代や(笑)

    しかし、新薬問題はアメリカでもこうなんやな(>_<)

  • そのパワーをもっと早くからいいことに使ってればよかったのにと(笑)

  • 自分のことになると動ける。
    『死なないのに必死で生きてる心地がしない』

  • HIV感染し余命30日と言われたロン・ウッドルーフの実話が基になっているマシュー・マコノヒー主演映画。医師に余命30日と宣告された彼はどうなったのか?

    あの逞しい体が!誰かわからないほどガリガリに役作りしたマシュー。目元をじっと見てやっと、マシュー・マコノヒーだとわかる。徹底している役作り。
    レイヨン役のジャレット・レトもとても良かった。女の人より女らしく素敵に思う。

    30年前の話なので、エイズや同性愛についてまだまだ間違いも多く偏見がもたれていた時代。

    ロンは同性愛ではなかったけど、当時はHIVは同性愛者で広がっていると思っている人が多く、ロン自身も俺はホモじゃない!と最初は強く偏見を持っていたのだ。

    ロンはまだまだ生きたいのに死が迫ってくる。とんでもない!
    彼はエイズとその薬に関する情報を収集し、自由奔放な生活を改め、承認されてない薬を求め世界を駆け回る。

    ロンは根が商売人であり、行動力がある。
    深刻な話なのに、ビジネスが取り入れられ、クスッと笑えるようなシーンもあって引き込まれやすい。大きく貢献しているのはレイヨンの存在だと思う。

    様々なことを考えさせられる映画だった。

  • 純粋に、新薬を待ち望んでいる人の存在を改めて感じた。
    目の前にいる人、苦しんでいる人が、それで笑顔になれる。それだけでいいじゃないか、と。

  • マシュー・マコノヒーが、実在した不屈のエイズ患者を熱演し絶賛されたヒューマン・ドラマ。エイズに対する偏見が強かった80年代のアメリカを舞台に、エイズ治療に無策な政府や製薬会社に公然と反旗を翻し、国内未承認でも有効な治療薬の販売ルート確立に尽力したカウボーイ、ロン・ウッドルーフの戦いの軌跡を描く。

  • 余命を宣告されて。

    の、その後‼︎
    生きた、というこの感じ。

    は、伝わり…ま、した。
    ザラリとは、いたしますが。

  • 請求記号:14D128(館内視聴のみ)

全65件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする