プロレススーパースター列伝 1 [Kindle]

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 高森 敦子 
  • グループ・ゼロ (2014年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (376ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
つのだじろう
宮下あきら
有効な右矢印 無効な右矢印

プロレススーパースター列伝 1の感想・レビュー・書評

  • ブックパスで5巻まで。小学生から中学生ぐらいのときのもの。じいさんもかならずプロレス観ていたのを思い出すな。ネットがある今ではこんな話は通じないだろうけど、当時はこれが本当の話として信じてたなぁ(笑。そういう構図はいまもあるのか。物語があるとわかりやすいからね。

  • 小学生の頃に夢中になって読んだ『プロレススーパースター列伝』。全日派と親日派に分かれて、プロレスを熱く語っていた当時。情報源が少ない中、テレビの中での出来事が全てだと思っていて、プロレスラーに幻想を抱いていた当時。



    そんな中、全日派と親日派問わず、涙したのがアブドーラ・ザ・ブッチャーの話。日本遠征からの帰国。妻への博多人形のおみやげ。ただし、妻は恋人と家出して、家に居たのは息子だけ。途方にくれるブッチャーに泣き崩れる息子が声をかける。「かわいそうなパパ。パパは子どもの頃、自分のパパに捨てられたって言ってたろ。それなのに今度はママに」。30年ぶりに読んでも感情移入しちゃう。



    ちなみに僕は全日派でした。断然、ジャイアント馬場のファン。

    アントニオ猪木に代表されるような攻撃的なプロレスよりも、相手の技を受け止める度量があるジャイアント馬場のプロレスが好きでした。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

プロレススーパースター列伝 1はこんな電子書籍です

ツイートする