Dear+ (ディアプラス) 2014年 07月号 [雑誌]

  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910165670740

Dear+ (ディアプラス) 2014年 07月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 『テンカウント/宝井理人』
    ひゃー///ほんと、綺麗な体で!眼福です!w

  •  
    ギド先生の表紙、素敵ですわね~☆
    Dear+の字も梅雨仕様?になっててかわい~(^w^)ウフフ
    以下、抜粋して作品の感想です。

    ■火傷と爪痕/雨隠ギド
    「青年発火点」スピンオフ。名島と古賀の馴れ初めから。
    名島は古賀にも多分手出してるんだろうなーって
    思っていたのですが・・・まさか会って初日とはなw
    「青年発火点」の二人も登場。特に学は結構出てくる。
    ちっちゃい頃の学かわいい~☆
    お、いい流れ?と思ったら最後・・・衝撃な展開。
    名島が次の作品を書かないのは、「落葉」が盗作で、
    自分では書けないからなのか?
    でも、まだあれだけでは確実に盗作とも言い切れない・・・
    もしかしたら逆に、名島が書いたものを父親が盗作しようとしてたのかもしれないしね。
    でも・・・やっぱ名島が父親の盗作したんかな・・・と思ってしまいますよねぇ・・・。
    懇親のために誘った飲みでしたが、この後荒れそうですな・・・><;
    「青年発火点」コミックが6/30発売予定だそうですね。
    ペーパーが付く店舗で購入したいと思います♪

    ■クロネコ彼氏の愛し方/左京亜也
    うわー、中の描写がwwwすごいwww工口いwww
    思いが強ければ強い分だけ、幸せや喜びも大きいけど、
    やっぱり衝突したり、色々ありますよね~。
    そういう時のつらさも大きいだけに・・・。
    けどお互いがお互いでないとダメならそれが結論ですよね。
    お兄ちゃんがわざわざあそこまで色々仕込んで
    頭まで下げるとは思ってませんでした。
    お兄ちゃんも思った以上に本気なようですが・・・
    幸せの形は一つじゃないですから~。
    真悟には、大人しく身を引くようなことはして欲しくないなー。
    ま、そんなことはかがみんが絶対許さないだろうけどw

    ■テンカウント/宝井理人
    ・・・フ~・・・。
    いや~・・・今回も安定の工口さ。黒瀬。
    「拒絶したいのか汚されたいのかどっちですか?」
    こんな言葉wwwwww
    一回言われてみたいモンですよね!wwwwww
    こんな男にあんな表情でこんなこと言われて
    汚されたい方に気持ちが振り切らない人いますか?いや、いない!w←
    そしてその後の展開ですよwwwww
    何か、思ったより色々進むのが早くてですね!(いいぞもっとやれ!
    思ったより黒瀬くん、理性ないですね!(だがそこがいい!
    そんで更に思ったより城谷さん、大丈夫そうw
    さて、、、どこまでいけるのかw楽しみです!
    やー、工口いな!(反芻w

    ■嘘つきはきらい/山田2丁目
    失礼ですが個人的にはこの作家さんのお話
    今まで何度か読んでいますが少々私の好みからはズレてるなーと
    感じていたのですが、これは面白いと思いました。
    けいとの会話だけを見ていると桐次郎が嘘つきかどうかは
    読者にはわからないけど、
    冒頭の他者とのやり取りをみていると嘘つきというか
    自分なりの理由が何かあって表面を常に取り繕っているような印象がありました・・・
    全ての物事を面白いかどうかという基準で判断していそうな感じも。
    一癖ありそうなキャラで何を考えているのかがわかりにくくて気になりますね。
    そしてけいは実は祖父の愛人ではない、と・・・
    まぁ確かにあまり受っぽい外見じゃないですしね。(だがそこがいい
    では祖父は何故けいのことを愛人と呼んだんでしょうかね?
    つか、今の状況からすると、嘘を嫌いと言ったけいの方が
    嘘を言っているように私には思えるのですがw
    気になることだらけですね!早く続き読みたいな。
    そして祥太可愛い☆

    ■愛してる、が間に合わない/冬乃郁也
    ふひwwwwwwww ふひひひひwwwwwwwww
    祝うぞこのやろうてwwww それ普通www
    呪うぞですよね?w ... 続きを読む

全2件中 1 - 2件を表示

山田2丁目の作品一覧

山田2丁目の作品ランキング・新刊情報

Dear+ (ディアプラス) 2014年 07月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする