瓶詰の地獄 (角川文庫) [Kindle]

  • 16人登録
  • 3.80評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 夢野久作
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (163ページ)

瓶詰の地獄 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ふだん何を考えていればこんな文章が書けるんでしょうか。
    どれも変態的でおもしろかったけど、特に印象に残ったのは『支那米の袋』と『一足お先に』。

  • 一番印象に残ったのは「鉄槌」でした。悪魔のような人たちがゆっくり破滅してゆくようなお話に思えました。表題の「瓶詰めの地獄」は、主人公の思い詰めてゆく心情と美しい風景との対比が際立っていて、「一足お先に」はドグラ・マグラに似たようなどんでん返しの用意のしかたはさすがだなと思いました。夢野久作の文章は不気味ながらもとってもすきです。感想がまとまらない。

  • 夏休み仕様のお洒落表紙とタイトル、そして無害そうな著者の名前でジャケ買いしましたが、とんでもない方向に予想を裏切られました(笑)。若干刺激が強すぎるきらいがありますが、粉う事なき純文学。文体、筆致、テーマともに久々の重量感でした。この夏は幸先がいい…と思います。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

瓶詰の地獄 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

瓶詰の地獄 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

瓶詰の地獄 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

瓶詰の地獄 (角川文庫)はこんな電子書籍です

瓶詰の地獄 (角川文庫)の文庫

瓶詰の地獄 (角川文庫)の文庫

ツイートする