猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 19人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : マット・リーヴス 
出演 : アンディ・サーキス  ジェイソン・クラーク  ゲイリー・オールドマン  ケリー・ラッセル 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142051110

猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 創世記は何回でも観たくなります。
    新世紀はずっと楽しみに待っていましたが、やっぱり創世記ほどではなく。
    でも面白かった‼︎

    シーザー相変わらずイケメンでした。

  • 今回はApe(サル)とヒトが本気で殺しあうので、現代のCG技術が利いてる(全くCGには見えないのだが!さすが、アンディ・サーキス!!)。
    今回のテーマは、特殊メイクでは間に合わなかったはず。迫力のアクションシーンでした。

    でも、今回はあくまで「ライジング」なので、話が完結する訳ではないのか、と思いました。

  • 前作の「創世記」がとても良かっただけに、今回はやはり見劣りする。「創世記」は「なぜサルが知能を持ったのか」「どうして人間がサルに万物の霊長の座を明け渡したのか」の謎解きがきわめてよくできていて膝を打ったのであるが、今回は「猿の惑星」が完成に至るまでの「つなぎ」のパートなので話の展開がだいたい読めてしまうのである。しかも悪役に当たる人間、サル双方のキャラクター設定も中途半端で「本当の悪」がいないのも弱い。要するにみんな「戦う事情」があって戦っているので、どっちにも感情移入できないのでありました。その点、創世記は最後に観客みんなが「シーザー頑張れ!」となったので興奮できたのでありました。シナリオってむずかしいなぁ。
    またもう一つ文句を言うと、山の上でどうしてゴリラもチンパンジーもオランウータンも共同生活できるのか。食べ物も違うはずだし、また適応する環境も違うだろう。このあたりの説明がまったくない(できない)のも弱いところだ。それにサル側の全体集会のときにシーザーやほかのサブリーダーが手話を使っているのを、遠くのサルに伝える役がいないとこの集会は成立しないわけで、このあたりも描き込み不足でした。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする